火線上のハテルマ せきやてつじ作 フランス編突入 女性ジャーナリストを警護せよ!週間BCスピリッツ

新章第3回まで来ました。相変わらずのスピード感。登場人物が多いのと、カタカナの名前だとどうも覚えられませんw登場人物のまとめとあらすじを追っていきます。デモクラティアとのスピード感の差が大きすぎて困ります。ちなみにコミック第1巻12/27発売決定です!コミックでまとめて読んだ方がスピード感もあって面白いかもしれません。

今までの記事はコチラ。以下ネタバレです。

スポンサードリンク



火線上のハテルマ 登場人物の表

[table id=2 /]

下二人はフランス編での登場人物。今後も追加して行きまーす。
表はもちろん転載してもいいですが、リンクを下さい。

第12話までのあらすじ

アメリカでの事件が解決し、エンパイヤ・スクワッドに参加することになった梶。新たに世界的な女性ジャーナリスト、ナターシャの護衛という任務に参加することに。舞台はフランス・パリ。初めてのフランスを満喫する余裕もなく、梶は初任務なのに、ナターシャに気に入られ、メイン護衛として指名される!

人身売買の闇を暴くナターシャ

ナターシャは、欧州での人身売買などを主に取材しており、たびたびその背後にいるマフィアなどから狙われていた。取材力も高いらしく、彼女を支援する声も多いが、敵も多い。今回新たに脅迫が届き、エンパイア・スクワッドに護衛の依頼がきた。「護衛なんて頼んだ覚えはない」と強気な女性で、勤勉で誠実だという日本人を自分の一番近くにおいて欲しいと梶を抜擢。リーダーのモーガンも付きそうという形で、今回のミッションをすすめることに。

初の護衛任務で早速敵襲!

実際に人身売買され、売春させられているという女性の取材が行われることになり、カフェへと向かう一行。しかし、この取引を仕込んだコーディネーター「ジャン」にも敵の魔の手は伸びており、はめられてしまう。、カフェのギャルソン(給仕の意味)が銃を取り出し、ナターシャに銃口を向ける。モーガンとレオノフによりその場はうまく逃れられたが、梶はただ見ているだけだった。梶に対し、日本に帰ったほうがいいんじゃないか?と迫るモーガン。しかし「この人を護る」と強く再認識し、梶は今後の任務に当たる。「なぜ梶をチームに入れたのか?」そうロイに聞かれたハテルマは、「あいつには才能がある。正しい素質と言ってもいい」と答える。

第12話までのレビュー

銃を構えた3人の敵を、一瞬で倒してしまうレオノフや、ギャルソンを一瞬でのしてしまうモーガン。そして前の戦いでも、スニーキングの達人という役割のくせに、敵をごりごり倒すハテルマなどなど、かなり最強のメンバーですね。その中で銃の構え方も教科書どおりしかできなかった梶。ハテルマが言う梶の持つ正しい素質がどういうものなのか。おそらくは、誠実さだと思います。梶が日本を追われる原因となった事件でも、梶は犯人を殺すことが出来なかったんですが、日本という平和で厳しい法律がある国では、あの場面で殺すと言うことができなかったのは、彼の誠実さ故だとハテルマは思ったのかもしれません。そして、見ず知らずの子どもの為に命を張った、アメリカでの事件もあります。ナターシャもその誠実さに惹かれて彼をそばに置いて欲しいといったのかもしれません。

何かしら特技がないと、その一員にはなれないエンパイア・スクワッド。梶がどんな役回りになっていくのか、楽しみです。

バンビーノ全巻セットAmazonポイント5%つくんですね。

あと1ヶ月で発売。どこまで収録されるんでしょうか。

画像:コミックナタリー せきやてつじ新連載がスピで、「かもめ☆チャンス」は完結より

デモクラティア 間瀬元郎作第12話 新たなる展開井熊。。。

スピリッツ11/25号で一番思わしくない方向に進んでしまったデモクラティアですw前週でおやすみプンプンもおわってしまいましたが、あれはじっくりコミック読まないとよくわからないので、またゆっくり読み返したいと思います。コミック第1巻の発売も決定しました!発売日はまだ未定ですが、Amazonにて予約できます。

今までのレビュー記事はコチラ。登場人物の紹介もしてますので、まだの方は一度読んで欲しいです。以下リンク含めネタバレです。

スポンサードリンク



第12話までのあらすじ

瀬野に拉致された格好で車に乗る二人、舞(参加者の意思)による瀬野への説得は続きましたが、彼は幼少期から母の虐待とも言える教育をされていました。その母の呪縛から解き放たれたいという思いが、参加者たちの必死の説得を上回り、舞を車から降ろし渋谷の繁華街に瀬野は向かいます。無差別殺人決行かと思われましたが、最後の最後に舞の「あたしはあなたを絶対に見放しません」という言葉が脳裏をよぎり、歩行者の行列を避け、瀬野は死んだもののその他に被害なしの交通事故で終わります。

デモクラティア存続の危機

デモクラティアの肝である多数決システムは、前沢が開発したものですがその権利を企業に貸与しており、これを流用しているのがバレれば規約違反となってしまいます。舞の研究開発費もこのシステム使用料で賄っており、デモクラティアの存在が公にバレてしまうのはどうしても避けたい所でした。しかし瀬野を止めにいった際、舞は警察に顔を見られてしまいました。さらには瀬野のアパートの実際の所在地などもバレてしまいました。参加者は、地名、名前などの固有名詞を、暗号的に変換されており(瀬野=毛呂など)、実際の地名などはしりませんでした。今回のことがTVなどで報道された為、デモクラティアの研究所の所在地などもバレてしまう可能性が出てきたため、前沢は舞を解体するように井熊を説得します。かなり舞に愛着があった井熊もしぶしぶその提案を受け入れ、舞は解体されることになります。。

警察に通報した参加者ツインテール

事件が終わり、解体されることになった舞ですが、参加者たちは事件について話し合いをします。瀬野の説得の際に、次々と発言していたひで丸、ロケット人、花チワワたちは、責任を感じてかこのチャットには参加せずでした。他の参加者たちは事件になったことに少なからず責任感を感じつつも原因を探ります。そこでツインテールと言う参加者が、警察に通報したことを告白します。そして、この多数決というシステムが故に責任はかなり曖昧なものになっているという問題点も指摘、これからはもっとチャットを行い、行動の軸になる舞の「意思」を参加者同士で作り上げていかなくてはならないと、建設的な話し合いが行われました。「瀬野は誰一人殺さなかった」というポジティブな案も出され、この経験をもとにこれからもっと冬を育てていこうと参加者の意志がひとつになりました。

井熊

前の記事でも触れましたが、井熊の舞への態度はどこかおかしいものがありました。二人交互に行っていた宿直による舞のメンテナンスを、一人で連続して行ったり、怪しい手のコマが合ったりと。そして参加者の意志が前向きな方向で固まってきたこのタイミングで、井熊が舞を犯しているという光景が参加者の目前に晒されてしまいます。

レビュー

ここからは僕の勝手な意見ですw瀬野が凶行に走るものの最低限の被害に収められ、参加者たちの絆が深まるまでは、一つの映画みたいで、複雑な設定の上に成り立つ漫画なのに、人情などの部分もしっかりクローズアップして、面白かったですね。糞変態野郎井熊。舞の皮がコンドーム見たいな時点で若干怪しいと思いましたがw 真面目な話、これによりおそらく参加者たちは、前沢、井熊から舞を開放するのではないかと思います。壮大に外れるかもしれませんが。ある程度、参加者の意志に任せて行動させていた二人ですが、今回の事件などで参加者よりも明確に責任が二人にあることも分かりますし、その責任が故に解体の判断も下しました。そして、洗練された参加者たちの意志統一はかなり進んできています。その参加者の統一意志と、責任がある二人の意志は、前向きに育てようという意志と、解体とで割れています。この開発者二人の制約を外すことにより、究極の人間へ近づけるんではないかなと。参加者は3000人います。この地名がバレてしまっている可能性が高い今、一人二人この倉庫に近づいている可能性も高いかなーと。もしくわ全員で舞を操作して、井熊をボコボコにしてそのまま脱走か。ルンバみたいに充電がなくなれば自動で近くのコンセントを探し充電するので、このまま独立して欲しいナーと。でもそうすると、住居、仕事など独立するには問題点も盛り沢山です。参加者同士で資金を集めて、どこかにアパートぐらい借りるかもしれませんが。。

前沢、井熊の登場回数はかなり減ってきて、チャットルームや参加者個人、舞と関わる個人の話が増えてきたのでそんな展開に期待です。ってかこのまま変態井熊についての話になるほど、ちんけな物語設定ではない気がします。だからこの狼藉は、独立へ向かう為の布石ではないかと。まあ期待ですけどね。犯されてる舞が井熊を説得しだしたらワケワカメですが。井熊いつからそんなんになってしもうたんやw

間瀬元郎作イキガミ全巻セットです。僕は読んでないのですが、デモクラティアが面白くなってきてるので、イキガミも面白そうです。

コミック第1巻!キンドル出ないかな〜。

画像:コミックナタリー「イキガミ」の間瀬元朗、民主主義×ロボットの異色新連載

『デモクラティア』間瀬元朗作第8話 無差別殺人を止められるのか

news_large_spi_demo

民主主義の基本、多数決によって行動を選択していくロボット【人型】。舞と名付けられたロボットが事件に巻き込まれてます。デモクラティアのヒトガタのルールを改めて書いておきます。途中から読むと何を言ってるのか訳がわからないと思うので。スピリッツの脚注からお借りしています。

デモクラティアのルール

ヒトガタ(舞)は人間そっくりに作られたロボット。無作為に選ばれた3000人の参加者に操作され、自我はいっさい持たない。参加者はネット上の多数決を通じてヒトガタの行動をコントロールするが、固有名詞は文字変換されるため、現実世界で接触することはできない。参加者同士はチャットを通じて意見交換でき、他のユーザを説得することも可能。

多数決は通常のものとは少し違う。最初、3000人が全員が案を出し、多数案3つと立案の早かった単一案2つの計5つが残る。そしてその5つでもう一度多数決が行われ、最終案が言動に採用される。

うまくまとめられませんね。。ややこしいですが、そういう設定です。最初のレビューはこちら。

間瀬元朗作『デモクラティア』 漫画新連載レビュー週刊BCスピリッ

第8話までのあらすじ

週刊BCスピリッツ新連載6連弾!まとめ2013

上の記事でも少し触れましたが、より詳しく。

キモオタの派遣社員瀬野

瀬野は友達もおらず、もちろん彼女もいない孤独な青年。唯一の居場所はネットの掲示板だった。とあるきっかけでヒトガタの舞と出会いドライブデートに誘う。しかし、デートの終わりにひで丸というデモクラティア参加者の単一案、「お前キモいよ」が採用され、瀬尾の心に突き刺さる。派遣の期限も切れて、さらにネットの掲示板では自身の偽物も現れ、最近では無視されることも多くなってきた。悪いことばかり重なるのを、無差別殺人という形で振り払おうとしてしまう。

3000人の参加者の変則多数決で意思決定される舞

舞のメンテナンス中や充電中、人間で言うと寝ている時に、参加者どうしではチャットが行われる。昼間の行動の多数決に加われなかった参加者が、今日どんな感じで行動したのかを、確認したりするのにも使われている。そこで、瀬野の殺人予告にどう対処するかが議論されていた。そこで、自身が交通事故により下半身麻痺になっている花ちわわは、その経験から無差別殺人を止めようと皆に提案し説得する。そして瀬野をとめる行動にでることで皆の意見は一致する。

不安定な瀬野

舞が引き止めに来てくれたことにより、瀬野は安堵する。追い詰められた顔だったが、舞の「友達だから」(花チワワの単一案)という発言により涙を浮かべ、笑顔になる。しかし、ネットの掲示板を見た誰かが通報したらしく、警察がそこに現れる。またパニック状態に陥った瀬野は、舞を人質に車で逃走する。舞は車の中で必死に瀬野を説得。花チワワや、ヒデ丸といった現実でも似た経験をもつ参加者の、核心をつく説得が次々と採択されるものの、一度開いた心を閉じた瀬野は、頑なに心をひらこうとはしない。

8話まではこんな展開です。もっとまとめられたいいのですが。。

第8話までのレビュー

ここからは僕の推測、憶測なんでも来いです。あくまで個人の主観wちなみに一番気になったのは、井熊がローションまみれの手を、怪しい目つきで、舞の股間に近づいていく所。そういう展開もありなの?!とびびりましたw

変則多数決がもたらす独特の展開速度

もっとまじめにレビューしましょう。この漫画が変則多数決でなければ、もっと早い展開になっていたと思います。第6話なんてほとんどチャットの世界。攻殻機動隊のタチコマ同士のやりとりに似ています。あちらはAIに自我(ゴースト)が宿るのかというのが一つのテーマなのに対し、こちらでは【民衆の多数決】による、究極の自我の創造。作者さん絶対攻殻ファンだと思いますw

独特の展開でしたが、第8話は参加者の顔、瀬野、舞、単一案!などコマがめまぐるしく変わります。逆にスピード感を産みます。花チワワの長台詞が、どうやって一番はやい単一案に選ばれたかは謎ですがwチャットで相談してたのでその辺が関係あるんだと思います。それぞれ参加者が自分の部屋で、それぞれの思いを血相変えて打ち込んでいるさまは、なかなか迫力があります。

洗練された参加者

今までに散歩にいったりショッピングにいったりで参加者たちは淘汰され、訓練されてきています。積極的に案を出さない参加者や、多数決に参加しない参加者は、デモクラティアシステムから弾かれるようになっています。これをゲームとするならば、コアユーザー以外はどんどん垢バンくらってる状態です。恐ろしい。ですので今現在残っているユーザーは、結構な自分の時間を舞につぎ込み、真剣に考えているユーザーとなります。

本来、ヒトガタプロジェクト始動の同期は、究極のニンゲン。3000人の参加による本来、人一人では絶対得られない大量の経験。そしてそれを多数決に基づき、客観的に正しいとされる言動に落とし込まれる。そうして出来上がるのは、大衆の経験に基づく、万人が支持した意見。それは、共産党のトップにも似た偉大なるリーダーになりえるのではないかということ。民主主義である多数決により、圧倒的に正しい独裁者が生まれると。まだまだそこまでは行きませんし、そういう方向に行くかもわかりませんが。なんにせよこれからの展開が楽しみです。

イキガミ全巻セットとキンドル版です。

画像:コミックナタリー「イキガミ」の間瀬元朗、民主主義×ロボットの異色新連載

せきやてつじ作 火線上のハテルマ 第8話「Enter the unknown」レビュー週刊BCスピリッツ

「強くなりたいか?」

news_large_hateruma2

第一話の見開き部分。インパクト抜群の絵とともに始まった火線上のハテルマ、第8話まできました。やっとその場面までおいついてきました。
スポンサードリンク



第8話までのあらすじ

第一話の紹介はコチラ ネタバレ注意です。

せきやてつじ作 火線上のハテルマ 漫画新連載レビュー週刊BCスピリッツ
主人公梶恭司は、LAにてギャングの襲撃に巻き込まれる。そこで一人の少年クリスを助ける。クリスは父親の関係でそのギャングにまだ狙われれている事を知り、助けようとハテルマに協力を求めた。そしてギャングに襲撃された時、少しは抵抗するものの追い込まれ、ハテルマ率いるエンパイヤ・スクワッドに救われる。あまりに何も出来なかった梶は、自らの意思でエンパイア・スクワッドに参加したいと申し出る。素人の梶は、ハテルマ(仲間内ではタケルと呼ばれてる)のアシスタントとして仲間に加わることとなった。

エンパイヤ・スクワッド

エンパイアは帝国、スクワッドは集団、隊などの意味。帝国の部隊?見たいな和訳になりますね。アメリカは人種の坩堝。たくさんの移民が暮らす国。しかし9.11以降は移民問題が安全保障の問題に発展しているそうです。そんなアメリカで生まれたエンパイア・スクワッド。民族、国籍を問わずだれでも守る、そんな傭兵集団です。

現在わかっているメンバー

  • ハテルマ・タケル 日本人 梶と最初に出会った人
  • レベッカ 女スナイパー 今回の最後締めたのはこの人。
  • レオノフ 白人の近接戦闘員 ごつい。
  • モーガン 黒人 ドレッドの髪型 近接戦闘員
  • リタ 女ヒスパニック系? 近接戦闘員
  • ロイ・トンプソン ドライビング担当 白人

火線上のハテルマ

火線とは殺意を持った攻撃の線のようです。テロリスト、ギャングからクライアントにつながる火線、その線上で戦うハテルマ。そういう意味みたいですね。

レビュー

第8話まで来ましたが、ここまではプロローグです。これから梶、ハテルマ、そしてエンパイア・スクワッドの面々で、いろいろな事件に絡んで行くのでしょう。何かハテルマと梶には僕らがまだ知らない共通点が隠されてそうです。僕は映画とかでもハリウッドのバリバリのアクションとか、すっきりしてて面白いので好きです。爽快で主人公強すぎwwwの単純なストーリー、そしてばかみたいに金かけたアクションのやつです。そんな映画の要素も含みつつ、漫画なのでより深く現代アメリカの社会問題も掘り下げていく、そんな漫画になるのかな?たまにナレーション的な感じで現代アメリカの背景なども紹介されます。今後に期待!

追記11/8 火線上のハテルマ 第1巻12/27発売決定!!

画像:コミックナタリー せきやてつじ新連載がスピで、「かもめ☆チャンス」は完結より

『パトレイバー』などのゆうきまさみさんの新連載!吸血鬼?!『白暮のクロニクル』週刊BCスピリッツレビュー

ダウンロード

画像:毎日新聞デジタル

新連載ってもう約2ヶ月前の話ですが。だんだんと面白くなってきました。主人公の伏木あかりと雪村魁、良いキャラしてます。

スポンサードリンク



作者 ゆうきまさみ

wikiよりゆうきまさみ

ゆうき まさみ(本名:佐藤 修治、本名読み:さとう しゅうじ、1957年12月19日- )は、日本の男性漫画家。北海道虻田郡倶知安町出身(札幌市生まれ)。北海道倶知安高等学校卒業。1980年(昭和55年)『月刊OUT』(みのり書房)に掲載された「ざ・ライバル」でデビュー。当初はプロの漫画家になるつもりはなく、サラリーマン稼業の傍らでみのり書房やラポートの雑誌で活動する。退職後に「きまぐれサイキック」で『週刊少年サンデー』(小学館)での活動を開始し、以降主に同誌で活躍。代表作に『究極超人あ〜る』・『機動警察パトレイバー』・『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』など。

パトレイバーは聞いたことあります。少し休載挟んで第5話で一番最初なんで、大物漫画家さんですね。55歳だし。僕は漫画詳しくないのでwあまり知りませんが、スピリッツ的には超押しでしょう!

以下ネタバレ

あらすじ

白暮のクロニクル | これは伝奇ロマン?

この方の説明が楽しすぎます。前にも書きましたが。現在第6話。ここまでで分かって来た事は、オキナガは、オキナガになった歳のまま不老不死状態になるらしい。オキナガである雪村は、死なないことを取り柄に、大量の文庫を整理している。見た目は18歳ぐらいの少年。冒頭に紹介したリンク先でも”犯罪マニアの少年”と書かれている。

オキナガである雪村魁が、二年前に起きた殺人事件の容疑者として唐沢刑事に別件逮捕されていた。そして、その殺人事件の遺族である長峯稟子が雪村を犯人と疑い殺害に来た。第1話でおこった殺人事件同様、正しく殺さないと死なないオキナガの殺し方を分かって、長峯は殺しにきた。

第一話の殺人事件の被害者、久我井(オキナガ)は飲食店オーナーをしており会員制の”金曜会”という集まりをひらいていた。第一話に伏木あかりは厚生労働省の保健所で研修しており、この金曜会で、食中毒騒ぎが起こり禁止されている生レバなどを食べていたのではないか。と捜査に入った。そしてその時久我井は殺されており、殺人事件に遭遇。殺人事件現場で、厚労省の仕事である細菌の採集などを警察に媚びずに行う姿勢を買われ、オキナガ担当の部署に配属される。

レビュー

自分の中でも整理出来てませんね。。まあでもすごく面白くなってきてます。金曜会はオキナガの集まりで、病原菌などに強い特性を持っている為、生レバなどその辺を美味しく頂いてたのでしょう。生レバ食べたい。雪村、伏木のコンビがいい味だしてますで、一読の価値ありですが、最初から読まないと訳分からないかもです。。