デモクラティア 間瀬元郎作第12話 新たなる展開井熊。。。

スピリッツ11/25号で一番思わしくない方向に進んでしまったデモクラティアですw前週でおやすみプンプンもおわってしまいましたが、あれはじっくりコミック読まないとよくわからないので、またゆっくり読み返したいと思います。コミック第1巻の発売も決定しました!発売日はまだ未定ですが、Amazonにて予約できます。

今までのレビュー記事はコチラ。登場人物の紹介もしてますので、まだの方は一度読んで欲しいです。以下リンク含めネタバレです。

スポンサードリンク



第12話までのあらすじ

瀬野に拉致された格好で車に乗る二人、舞(参加者の意思)による瀬野への説得は続きましたが、彼は幼少期から母の虐待とも言える教育をされていました。その母の呪縛から解き放たれたいという思いが、参加者たちの必死の説得を上回り、舞を車から降ろし渋谷の繁華街に瀬野は向かいます。無差別殺人決行かと思われましたが、最後の最後に舞の「あたしはあなたを絶対に見放しません」という言葉が脳裏をよぎり、歩行者の行列を避け、瀬野は死んだもののその他に被害なしの交通事故で終わります。

デモクラティア存続の危機

デモクラティアの肝である多数決システムは、前沢が開発したものですがその権利を企業に貸与しており、これを流用しているのがバレれば規約違反となってしまいます。舞の研究開発費もこのシステム使用料で賄っており、デモクラティアの存在が公にバレてしまうのはどうしても避けたい所でした。しかし瀬野を止めにいった際、舞は警察に顔を見られてしまいました。さらには瀬野のアパートの実際の所在地などもバレてしまいました。参加者は、地名、名前などの固有名詞を、暗号的に変換されており(瀬野=毛呂など)、実際の地名などはしりませんでした。今回のことがTVなどで報道された為、デモクラティアの研究所の所在地などもバレてしまう可能性が出てきたため、前沢は舞を解体するように井熊を説得します。かなり舞に愛着があった井熊もしぶしぶその提案を受け入れ、舞は解体されることになります。。

警察に通報した参加者ツインテール

事件が終わり、解体されることになった舞ですが、参加者たちは事件について話し合いをします。瀬野の説得の際に、次々と発言していたひで丸、ロケット人、花チワワたちは、責任を感じてかこのチャットには参加せずでした。他の参加者たちは事件になったことに少なからず責任感を感じつつも原因を探ります。そこでツインテールと言う参加者が、警察に通報したことを告白します。そして、この多数決というシステムが故に責任はかなり曖昧なものになっているという問題点も指摘、これからはもっとチャットを行い、行動の軸になる舞の「意思」を参加者同士で作り上げていかなくてはならないと、建設的な話し合いが行われました。「瀬野は誰一人殺さなかった」というポジティブな案も出され、この経験をもとにこれからもっと冬を育てていこうと参加者の意志がひとつになりました。

井熊

前の記事でも触れましたが、井熊の舞への態度はどこかおかしいものがありました。二人交互に行っていた宿直による舞のメンテナンスを、一人で連続して行ったり、怪しい手のコマが合ったりと。そして参加者の意志が前向きな方向で固まってきたこのタイミングで、井熊が舞を犯しているという光景が参加者の目前に晒されてしまいます。

レビュー

ここからは僕の勝手な意見ですw瀬野が凶行に走るものの最低限の被害に収められ、参加者たちの絆が深まるまでは、一つの映画みたいで、複雑な設定の上に成り立つ漫画なのに、人情などの部分もしっかりクローズアップして、面白かったですね。糞変態野郎井熊。舞の皮がコンドーム見たいな時点で若干怪しいと思いましたがw 真面目な話、これによりおそらく参加者たちは、前沢、井熊から舞を開放するのではないかと思います。壮大に外れるかもしれませんが。ある程度、参加者の意志に任せて行動させていた二人ですが、今回の事件などで参加者よりも明確に責任が二人にあることも分かりますし、その責任が故に解体の判断も下しました。そして、洗練された参加者たちの意志統一はかなり進んできています。その参加者の統一意志と、責任がある二人の意志は、前向きに育てようという意志と、解体とで割れています。この開発者二人の制約を外すことにより、究極の人間へ近づけるんではないかなと。参加者は3000人います。この地名がバレてしまっている可能性が高い今、一人二人この倉庫に近づいている可能性も高いかなーと。もしくわ全員で舞を操作して、井熊をボコボコにしてそのまま脱走か。ルンバみたいに充電がなくなれば自動で近くのコンセントを探し充電するので、このまま独立して欲しいナーと。でもそうすると、住居、仕事など独立するには問題点も盛り沢山です。参加者同士で資金を集めて、どこかにアパートぐらい借りるかもしれませんが。。

前沢、井熊の登場回数はかなり減ってきて、チャットルームや参加者個人、舞と関わる個人の話が増えてきたのでそんな展開に期待です。ってかこのまま変態井熊についての話になるほど、ちんけな物語設定ではない気がします。だからこの狼藉は、独立へ向かう為の布石ではないかと。まあ期待ですけどね。犯されてる舞が井熊を説得しだしたらワケワカメですが。井熊いつからそんなんになってしもうたんやw

間瀬元郎作イキガミ全巻セットです。僕は読んでないのですが、デモクラティアが面白くなってきてるので、イキガミも面白そうです。

コミック第1巻!キンドル出ないかな〜。

画像:コミックナタリー「イキガミ」の間瀬元朗、民主主義×ロボットの異色新連載