のりつけ雅春 作「オケラのつばさ」アフロ田中シリーズののりつけ氏の新連載レビュー 週間ビックコミックスピリッツ

2013年24号で、「さすらいアフロ田中」の連載終了していたのりつけ雅春氏の新作がはじまりました!毎週読んでるはずのスピリッツですが、気づかぬうちにアフロ田中が終わっていて、気づかぬうちに新連載で帰ってきました。がっつりのギャグマンガが、「明日にはあがります」と「ちぽさんぽ」、「偉人住宅 ツバキヒルズ」と「オケラのつばさ」で4つですかね。他にも2,3ページのギャグ漫画もあります。アフロ田中は、ギャグマンガかつ壮絶な反社会漫画でしたので、今作にも期待。作者さん資本主義嫌いっぽい。以下ネタバレです。

スポンサードリンク



親の遺産でぼんぼんになった主人公

画像がまだ出回ってないのと、主人公の名前も本作中に出てこない。。上はアフロの人です。親の遺産を引き継いでまあまあ金持ちになった主人公。しかし、バイク事故で体が真っ二つになって瀕死状態になります。そこに神様会議で派遣された貧乏神(全裸)が偶然出くわします。神が命と引き換えに、主人公の一番愛しているものを奪うことにしました。主人公が愛しているもの、それはお金でした。親の遺産でいきなりお金持ちになったところなのに、一生お金を使うことができません。

タイトルのオケラ

「おけらになる」というのが無一文になる、お金がなくなる、という意味らしいです。やはり今回も貧乏人の話になるのでしょうか。こうやって固い文章で書くととてもギャグマンガとは思えませんが、しっかり面白いです。僕は一回、コンビニで立ち読みしてて、笑ってしまい恥を書きました。要注意。主人公の名前がつばさなのかな?わからん。

アフロ田中シリーズにみるのりつけ雅春氏の作風

上のあらすじを固く書いてみて分かる通り、作品自体のストーリーはしっかりしています。アフロ田中シリーズを、しっかり最初から読んだ訳ではないのですが、こてこてのギャグ漫画なのですが、田中も成長するし、周囲の人間も変わっていきます。僕はそういう所が好きです。情けない事に、いつのまにさすらいアフロ田中が終わったか気づいていなかったのですが、終わり!!って感じもなく次回作を期待させつつ、今回はまったくの新作。映画化までされた人気シリーズですのて、それを乗り越えていくのでしょうかね。期待です。

アフロ田中シリーズはKindle化されてます

Web関連書籍の癖に、なかなかKindle化されてない本もあるなか、素晴らしい。漫画好きの友人は、GEOのレンタルが一番いいと言っていました。Amazonがレンタル開始するのを心待ちにしたいと思います。

参考:Wiki アフロ田中シリーズ

語源由来辞典 おけらになる