コーヒー大好きな僕です。コンビニの挽きたてコーヒーのブームもあり、コーヒーが大注目されている現代にぴったりの漫画が始まっております。私の地元の長岡京には、Unirというスペシャリティコーヒーのお店があるので、スペシャリティコーヒーについては知っていました。でも正直言うと味はわからんwもっぱらセブイレのコーヒーばかりの飲んでおります。でも美味しい豆で、正しい淹れ方をしたコーヒーをゆっくり飲みたい。そんなあなたには、知識が増える優良漫画だと思われます。

スポンサードリンク



スペシャリティコーヒーとは

NewImage

画像はUnirさんよりお借りしてます。Unirで取り扱うスペシャルティコーヒー

とりあえずこの漫画のメインの話題であるスペシャリティコーヒーは何たるものかを知っておきましょう。上のピラミッドの図がとてもわかり易い。下から見て行きましょう。ちなみに僕はコーヒー屋では無いので推測ですw

ディスカウントの豆

これとかじゃ無いのかな。でも普通の何も考えずにコーヒー飲んでいると一番馴染みぶかいのはディスカウントの豆だと思う。僕がよく飲むセブンイレブンの豆や、コストコで買うでかい缶入りの豆など。これアマゾンで売ってるのに驚き。こんな豆でも、缶コーヒーやインスタントよりは美味しいと思う。ドリップする手間がかかるので、インスタントや缶コーヒー飲む人が多かっただろうけど、一手間かけるとぜんぜん違う。セブイレに至っては、その場で挽く(豆を砕く)ので、さらに風味もアップ。あの機械欲しいな〜w アイスコーヒーはめっちゃ薄いけど。。

一般流通品、プレミアムコーヒー

一昔まえまでは、コーヒーが売りの喫茶店とか、コーヒー豆屋さんなどで扱っていた美味しい豆がプレミアムコーヒー。そして、そのお店でリーズナブルに売られているのがコマーシャルコーヒーでは無いかと思います。上の画像はAmazonリンクになっていますが、このお店では、煎り方、挽き方など細かく選べるみたいです。便利な世の中です。この辺になってくるとすでに、僕の安物の舌では違いが分かりません。違いの分かる男になりたいですが。。

スペシャリティコーヒー

NewImage

Unirのフローラルブレンド

なんてお洒落なコーヒー屋さんなんでしょう。またまたUnirさんのコーヒーです。250gで1300円。高いのか?思ったよりリーズナブルですね。Unirさんでは、他にも豆を扱っておられますが、代表の方がブラジルの農園を訪れたり、農園の方がUnirに遊びに来たりと生産者から選んでいるみたいです。本作でも何度も説明されてますが、コーヒー豆の品種、その品種に適した生産地、またそれらを熟知した生産者、この3つが全て最高級なものがスペシャリティコーヒーとなのれるみたいです。Unirさんにたまにコーヒーを飲みに行くのですが、なんかフルーティです。舌が馬鹿な僕にもそれがわかるぐらい。日本全国にどれくらいスペシャリティコーヒーを扱うお店があるのか分かりませんが、一度飲んでみる価値はあると思います。

[僕はコーヒーがのめない]の主人公、花山

NewImage

川島良彰監修のコーヒーストーリー、スピリッツで開幕より
この物語の主人公は、花山くん。無口でおとなしい花山。そして、喫茶店や社内のコーヒーマシンのコーヒーが飲めない。会社ではコーヒー嫌いで有名になっていましたが、実は『まずい』コーヒーが飲めないだけで、大のコーヒー好きでコーヒーオタク。RDCというスペシャリティコーヒーの賢威の最年少会員。花山の上司である加賀谷が、会社の社運をかけたプロジェクトにスペシャリティコーヒーを使う事に決め、花山とタッグを組みました。

スペシャリティコーヒーの賢威、RDC

最高級のコーヒーが、レッドダイヤモンドと言われる事から、Red Diamond Clubとなっているみたいです。そのトップは天堂氏。作中では、スペシャリティコーヒー作りでTDCという花山の会社とバトルを繰り広げる見たいです。

僕はコーヒーがのめないは勉強できる漫画

僕はお酒が飲めないので、コーヒー好きです。居酒屋で友人と飲みに行ってもアイスコーヒー頼んで、無いですと言われる日々。。
コーヒーの知識を勉強しよう!と思って、本を買うのは少し腰が重いですが、この漫画はコーヒーの淹れ方、種類、今のコーヒー業界がどうなっているかなどを、事細かに教えてくれつつ、花山の成長も見れる、そんな漫画になっています。

僕はコーヒーがのめない第一巻発売中!


もう第一巻が発売中です。美味しいコーヒーが飲みたい方にはおすすめの一冊です。