肥谷圭介×鈴木大介作「ギャングース」ギャングを叩く正義の味方? 漫画レビューモーニング

 2013年の14号から連載開始。もうちょいで1年ですね。「コウノドリ」や「ミリオンジョー」と3週連続・新人新連載ではじまったいわば同期みたいなものでしょうか。3つとも面白くてずっと読んでます。そう思うと、モーニングの新人さんは優秀?来週から新章突入らしいので、これまでのあらすじとかをご紹介。画を見た感じ、ヤンキーの漫画かとおもいきや、主人公の3人組はどちらかと言えばいじめられっ子です。

スポンサードリンク



実際に起こりえる犯罪の知識とその対策が役に立つかもしれない?!

 「ギャングース」では主人公3人が犯罪者から、お金を稼いて(叩く)生活しています。詐欺集団の金庫を狙ったりです。この作品、特徴として、青少年が関わる犯罪や、ヤクザ、ギャングなどへの取材が徹底しています。「すずきメモ」という長い脚注が一話当たり、3〜4つ出てきて、犯罪用語や、実際の詐欺の手口、裏稼業人についてなどの豆知識がしっかり解説してあります。普通の漫画でよくある「この漫画はフィクションです。〜〜〜〜」みたいなお断りも、この漫画では、「この漫画は実話を基にしたフィクションです。しかし犯罪の手口はすべて実在しますので、どうか防犯に役立てて下さい。」と書いてあります。防犯の為に読んだ方が良いとまでは言いませんが、ふとした時に役に立つのかもしれません。

少年院で出会った18歳の身寄りのない3人組

NewImage
画像:モーニング漫画.com

 今週の話、No.41「家族を手に入れた日」では、回想で3人の出会いが描かれています。3人は少年院で出会い、院を出た後も身寄りがなく、3人で過ごすこととなります。この3人のキャラがよくある喧嘩、ヤクザ漫画とは違い独特で面白いんです。主人公、カズキはまるでぬで卵のような風貌です。もともと、親の虐待と、いじめにあい、マルイ背中は傷だらけ。そんな暗い過去を吹っ飛ばすかのようにとにかく楽観的で、他の2人をひっぱります。その業界に似合わない明るさ故に裏社会の知り合いにもなんとなく顔を覚えられる存在。それが良いことも、悪いことも引き起こします。特技は工具類を扱わせると右に出るものはいないそうです。無口で大柄なタケオは、乗り物の運転担当。車などの豆知識もすごい多いです。怒って暴れだすと手がつけられないらしいです。どもったしゃべり方で、基本的に無口だか、めちゃくちゃ友達思いです。そしてチームの情報担当サイケ。今回の事件で死にかけていますが、悪の組織をたたく上では、情報が一番大事でチームの要。イケメンという設定らしいですが、画はかっこよくありません。。親にも見捨てられたこの3人の物語、面白いです。

ギャングを叩く、マングースでギャングース?!

 3人は裏稼業人とよばれる人たちが、窃盗、強盗、詐欺などの犯罪によって稼いだお金を叩きます。叩くっていうのもすずきメモで覚えました。裏稼業人が稼いだお金は真っ黒なので、警察に通報も出来ないので、バレないようにうま〜くやれば、相手は泣き寝入りするしかないので、丸儲けです。しかし、見つかれば最後、懲役なんて甘いものではなく殺されてしまいます。この物語、ほとんど警察が出てこないのも特徴です。僕みたいに平和に暮らしていると、こんな話実在するの?と思いますが、実話に基づいたフィクションなのでこういう世界があるんだと思います。怖い怖い。

カズキのみ単独行動の新章開始!

 現在物語は、振り込め詐欺、新規上場株詐欺などの大きな詐欺集団を叩く!という3人では無謀な叩きに挑戦しました。協力してくれたサイケの友人は死にましたが、なんだかんだで1000万はゲット。この詐欺集団が最近イケイケのギャング?「六龍天」というグループが関わっているらしい。サイケ、タケオの二人が致命傷を負い入院するも、サイケの友人の敵と、仲間がやられた分をやり返す為に、カズキは単独で潜入する模様です。今までずっと3人で行動してきたんですが、今後はカズキ一人。どんな展開が待ち受けているのでしょうか?!

コミック第3巻は2月20日発売予定!1,2巻は発売中

モーニングは電子化進んでますね。Dモーニングといい最新刊もすぐ電子化される見たいです。
こちらは、紙の本です。

第1巻

  • amazonはコチラ
  • eBookJapanはコチラ
    • 第2巻