ペットボトルのお茶について語る

11月11日ポッキーの日にポッキーの追加発注忘れるという大失態を犯しましたが、一応僕はコンビニの店長です。なんとなく思いついたのでペットボトルのお茶に焦点をあてて語ります。今日から寒いので季節感全くなしですが。

プライベートブランドの登場からさらに激化するお茶戦争

いつの間にかコンビニのペットボトルは125円になりましたが、そんなことは置いといて最近飲料メーカーのお茶部門の対戦相手はPB(プライベートブランド)。
NewImage
コチラはセブンイレブンさんのお茶。だいたいどこも500mlで98円で、僕個人的にはお茶なんてどこも一緒なので、PBのお茶を買います。PBが出てくる前は、伊右衛門、おーいお茶、綾鷹など、各社入り乱れてお茶合戦をしていましたが、そこにすっと入ってきたPB。僕みたいななんでもいい層は一気にそちらに向かってしまいました。そこからがなかなか面白い。各社いかにお茶を買ってもらえるか戦略を練っております。

スポンサードリンク



新商品戦略

NewImage

写真は伊藤園のお~いお茶のラインナップ。緑茶、濃い緑茶、ほうじ茶、玄米茶、ぞっこん?などなど、何ヶ月かごとに新商品を投入してきます。こうすることにより、毎日お~いお茶買ってた人が飽きてPBに行くのを防いでいると思われます。現にお茶の新商品はコンスタントに売れます。これは、サントリーの伊右衛門も行ってる戦略です。

抹茶入り伊右衛門

NewImage

これがサントリーが取った次なる戦略。抹茶を入れました。安いPBに対抗しておもいっきり高級感を押し出しています。125円なんですが。2012-2013の冬にリニューアルしたと思います。これはかなり売れて店長的に、一番目の行く段は売れる伊右衛門シリーズで抑えて、お~いお茶は一段下げました。こうなると後は新商品を並べるのは同シリーズごとなので伊右衛門はかなり強かったです。でも綾鷹も抹茶入ってますね。「にごり」と「抹茶」いうアプローチの違いが結果に出たのかな?でも綾鷹も固定ファンがいます。しかしまだまだコカ・コーラはサントリーと伊藤園のお茶合戦には割り込めないようです。コーラで圧勝ですがw

NewImage
at Cafe / 62262661@N02

さらにカフェなども展開している模様。お茶っ葉をつけるキャンペーンなどもあり、味の違いを押し出してます。

特保戦略

NewImage
これは2013秋口くらい?かな。今でもお茶では一番売れてます。サントリー黒烏龍茶、ヘルシア緑茶に続き、特保商品を500mlのペットボトルで投入してきました。伊右衛門特茶。コーラなどの特保ブームもあり、かなり売れてます。なんでお茶が一番売れる夏に投入しなかったのか気になる所です。夏はほっといても売れるので、来年の夏を見越してこの時期に投入かもしれません。または、申請から時間かかったのか。。

600ml戦略

NewImage
伊藤園はこっちで来ました。もともと伊右衛門より古いお~いお茶ブランド。真似はしないというプライドでしょうか。写真ではわかりませんが、コンビニ限定で、玄米茶、ほうじ茶と600mlです。これだと、PBを5本買うと500円で2500ml。600mlを125円を4本買うと、500円で2400mlと、ml当たりの価格はあまり変わりません。一回コンビニに行く回数が減りますwミネラルむぎ茶が、結構前から600mlでしたので、ペットボトルの金型はあったのでしょう。ほんちゃんのお~いお茶は500mlのままですが、PB対策としては、なかなか良いと思いました。原価はあってないようなもんだと思うのでw PBでほうじ茶、玄米茶もあるところはあるのですが、緑茶、麦茶、烏龍茶当たりが定番ですので、この辺をうまく攻てきました。

おまけ

NewImage

まあでも基本的にこれからは、缶コーヒーの季節。セブンイレブンの挽きたてコーヒーの影響が気になる所ですが、缶コーヒーはボスが圧倒的に強いです。そんな中に投入してきたのがHOTジンジャーエール。意外と美味しかったですよ。まあ結構癖がありますが。ホットコーラも夢じゃないですねw


Amazonで買ってどうやって温めるんでしょうかw