[KICKSTARTER]軽くて携帯性の高いスポーツバイク用のエアーポンプ「The iPUMP Micro」

Kickstarterとは、今流行りのクラウドファンディングです。「僕こんなん作りたいねんけど、出資してくれません?」という感じのサービスです。1ドルの応援出資から、80ドルの出資で製品の第1号を優先購入できます。自分たちで応援したそのプロジェクトが製品になります。米Amazonアカウントで支払いできるみたいですよ。。発送とかはよく分かりませんw久しぶりの自転車ネタですが、良さそうなエアーポンプ(空気入れ)が登場していたので紹介します。

スポンサードリンク



シートポストに収納できる最小わずか21gのエアーポンプ

上の動画のキャプチャにマグロ禁止と書いてあるのは、触れないでおきましょうw とりあえずぽちっと再生してみてください。シートポンプからシュポッと出てくるエアーポンプ。この終い方は便利そうですね。

NewImage

黄色い部分が耐圧チューブで、柔軟性があり自転車のバルブにつけるのにも手間がいらないそうです。ポリウレタン製で耐油性能もあり、あらゆる気温にも対応てきるらしいです。

NewImage

この写真はいまいち見づらいですが、小さいですね。100PSIまで空気をいれるにはだいたい100−120回シュポシュポしなくてはならないそうです。でも、この大きさの割に効率はかなりよく設計されているらしいですよ。

NewImage

ピスト界で有名な方でしょうかw 僕はしらんw

NewImage

元からついているのは仏式(Presta)のバルブようですが、米式(Schrader)へのアダプタもありますと。こちらのアダプタは1gで、100%エア漏れしない!!と断言しています。そしてこれは世界初らしいです。コメントで「世界初じゃないだろ?」と突っ込まれて、「他のアダプターはエア漏れするから水の中に入れて試してみろ!」と自信満々です。

全世界送料無料!!

MANY OF YOU HAVE ASKED ABOUT SHIPPING AND iT IS ABSOLUTELY FREE WORLDWIDE FOR ANY AND ALL PRODUCTS!!!

と書かれてました。コチラに。これ所在地が東京になってるから、日本でも送料かからないんじゃない?と思ってたのですが、全世界送料無料とは。。太っ腹。このKickstarterは出資額ごとに見返りがあります。それを紹介していきます。

1ドル

1ドル出資すると、ホームページなどで、この商品の最初のサポーターとして名前を載せてくれるそうです。

5ドル

iPUMPのスプリングがもらえます。シートポストに仕込んでおくと、ムービーの最初みたいにポンっと出てきます。これも全世界送料無料だそうです。

8ドル

幅がひろいですが、1gで絶対エア漏れしない、仏ー米式のアダプターがもらえます。これも送料無料。

80ドル

限定100名にiPUMPが買えるそうです。もう100名は超えているので80ドルでは無理です。

85ドル

こちらは限定300名。本体です。

100ドル

100ドル出資すると一番最初に買えるそうです!

iPUMPのまとめ

発案者はMorris Ostrowさん。東京、Japanから。日本からなので注目してたら、思いっきり外人。でもプロモーションビデオには日本人のライダーが出てきたりしてます。調べてみると、日本で安いゲストハウスを運営されてるようです。それにしても自転車に詳しすぎるし図面引いたりしてるので、自転車屋さんもしてるんじゃないかな?わからんけど。。CNC旋盤の24時間自動で稼働している様子に、なぜか超感動してましたが、東京の町工場で制作しているのかもしれませんね。

他のエアーポンプと比べる

これが多分いちばんメジャーな携帯空気入れじゃないかな?これで59g。。これの半分以下となると相当かるそうですね。これで2000円。

こんな延長チューブがあったほうがいいかもしれません。

こちらは結構大きめです。フロアポンプのように使えるタイプ。

これはアルミをCNCで削りだしたもの。

これが今回のiPUMP。大きさ、デザイン、機能性を考えると、85ドルは妥当かもしれませんね。