NikonDfと今流行のアナログ操作系デジカメたちを比べてみる

NikonDf、Amazonで特集組まれていたりとかなり世間を騒がせている感じです。しかし発表後も大手2社の業績は下方修正されてます。IT系メディアのTechcrunchではこんな記事も。

生き残るために、デジタル一眼メーカーはスマートフォンに倣って1コマの価値を再評価すべきだ

一眼レフは、画質においてはまだまだ圧倒的に優位があるのに、操作性などなどでまだまだやることあるんじゃねえの?といった所でしょうか。不器用な感じが日本メーカーらしいです。各社頑張っているんですが、革新とは程遠いですよねw
まあそんなことはおいといて僕の独断と偏見でクラシック?アナログ?っぽいカメラを選び出して色々比較してみました。そしてそのバランスなどが皆様の購入時の参考になればと思います。なお初心者ですので、間違ってたら指摘していただけると助かります。
スポンサードリンク



機種ごとの特徴

表にまとめてみました。

[table id=1 /]

Nikon,Fujifilm,PENTAX,OLYMPUS,Ricohと5社から出ているカメラを比較します。コンパクトデジカメから、一眼レフまでさまざまです。厳密に言えばRicohとOlympusは一緒の会社ですが。。まずは1社づつのざっくり特徴を。

NikonDf

こちらは先日の記事で詳しく書いてます。NikonD4というフラグシップモデルの、フルサイズセンサーと画像処理エンジンを乗っけたカメラ。その分価格も他種の倍以上。。

Fujifilm X-pro1

Fujifilmの製品はほとんどクラシック風です。というかこれがFujifilmといっていいぐらい。描写がけっこうねっとりとしていて、どっぷりはまる人はどっぷりハマるそうです。ミラーレス1眼レフです。

PentaxQ7

こちらは入れるか迷ったのですが入れときます。Dfとは価格も0一個分ぐらい違いますw カラーが選べてレンズも対応レンズが結構あります。ミラーレス一眼カメラ入門としていいんじゃないでしょうか?レンズを替えて、まるまる違う絵がでてくるという面白さに気づける商品だとおもいます。本体のカラバリもめちゃくちゃあります。

Olympus OM-D E-M1

オリンパスのミラーレス一眼です。センサーサイズがマイクロフォーサーズというレンズ規格に合わせて作られたものらしいです。ASP-Cより小さいのですが、規格自体の歴史は比較的長く、いろいろなレンズが選べます。センサーが小さいので、望遠レンズが小さくできる利点があります。僕は望遠あんまり取らないので興味ないかなー。

Ricoh GR

これはコンパクトデジカメなので、もう全然別物と思いきや、センサーがASP-Cですので、一眼レフの入門機レベルのセンサーつんでます。ぼくもだいぶ前に記事にしてますが、作例とかみるとカメラメインではない旅行のお供には良いのかなーと思います。改めて調べてもなかなか良いので今回も入れてみました。

NikonDfが圧倒するセンサーサイズの比較

NewImage

センサーサイズは、数値的にもっともわかりやすい画質の比較だろうと思います。カメラの心臓部ですからね。こちらはもちろんフルサイズ搭載のNikonDfの圧勝。図の赤色の所なので、一番小さいQ7の1/1.7型(黄色)と比較すると面積比では30倍ぐらいあるのではないかと思われます。立体感も出やすいと言われてます。次いで、ASP-CのX-Pro1とGRです。僕が持ってるEos KissX3もこのサイズです。たぶん僕みたいな素人には十分ですw GRはコンデジでこのサイズ積んでるので、画質はコンデジの中では最高峰ですよね。Sonyの化物カメラもありますが。。

画像(比較図):デジカメ比較レビューMonoX イメージセンサー

NikonDfがこれも圧倒の交換レンズの豊富さ

これももちろんDfです。ぎょうさんあります。なんといっても、めちゃくちゃ古い非Aiレンズと言われるものまで使えるのですからびっくりです。XマウントとQマウントは、遊べる数はありそうです。Qマウントレンズは、かなりポップなつくりで、魚眼単焦点レンズが、8,000円台とかなり安く手に入れることができます。結構な数がラインナップされているのでいろいろなレンズでどんな写りをするのかを楽しむことが出来ます。この点でも入門として優れています。Dfを買ったとしても、Nikonの魚眼レンズは8万円弱と結構な価格です。。いろいろなレンズを試してみたい!!っというなら、Q7ぐらいで遊ぶというのもありかもしれません。Xマウントは、現在拡張中といったところでしょうか。XFレンズのAmazon検索結果では、3万円台後半からとまあまあの値段で展開しています。Touit 2.8/12というレンズも、カール・ツァイスから出てます。かなりいい値段ですが、いい写りが期待できそうです。GR以外のカメラはレンズ交換できるのでその辺のラインナップも、購入の際の注意点になりそうです。

変わり種のマイクロフォーサーズ

センサーサイズ、レンズのマウントといい、ちょっと変わっているのがマイクロフォーサーズを搭載しているE-M1です。マイクロフォーサーズ専門のサイトなどもあり、他メーカーと共通の規格にすることにより、さまざまなレンズが選べます。OlympusとPanasonicが採用しており、あの名門ライカレンズを使えるみたいです。マイクロフォーサーズ用ライカDG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8というレンズなども使えそうです。パナソニックとライカは仲良しwで、ライカのOEM先としてパナソニックを採用しています。このレンズはライカが作ってるのかな?他にもSIGMA、COSINAなどもマイクロ・フォーサーズマウントのレンズを作ってますので、かなり種類がありそうです。4/3でフォーサーズなのね。へー。

価格とその他の機能での差

NikonDfだけずば抜けて高いです。その後のレンズ追加投資も考えても、到底僕が手を出せる範囲ではない。。Q7ぐらいかって遊ぼうかなと心が揺れ動いておりますw年齢的にも、もっと歳とってからでも楽しめそうだしね。カメラは。でも欲しいんだなー。難しい。

動画機能の有無

動画は、もう標準でFullHD対応がほとんどですね。Dfはそこをそぎ落としていますが。一眼でとる動画は、ボケ味をいかした動画が撮れるので面白いらしいです。レンズが変えれることがここでも強みになります。でも写真と違い、動画は編集しないと、見返すのがめんどくさいので、あまり見ない傾向が強いかと。結婚式の時に動画探しましたが、編集めんどくさいし、間延びしまくりだし。でもこれからの時代、デジタルデータで保存されている動画は幾分か編集しやすいかもしれません。iMovieなんかだとまあまあわかりやすく、僕みたいな初心者でも触れました。

まとめるとDf欲しい

NewImage
My classic camera collection / eqtest

価格のデメリットはあれど、やっぱり欲しいですね。こつこつ貯金します。おもいっきりハイスペックで、でもクラシックスタイルでと、正直滑ってるんじゃないの?的な目も多いと思いますが、その思い切りを応援する意味でもw 今回、この記事を書くためにマイクロ・フォーサーズ調べましたが、これもなかなかおもしろそうではありませんか。いやはや奥が深い。僕がEosKissを持っているだけで、友人なんかにおすすめのカメラを聞かれるのですが、こんなに種類があるのはみんな知らないのでしょうwしかも2万円ぐらいとか言いよるしwとりあえずこの5機種をどんな人に向いてるかまとめます。

入門のレンズ交換式カメラ PENTAX Q7

とりあえず遊びたい。いろんな写真をとりたい人はこれで決まりだと思います。追加投資も安く抑えられます。もっと画質をーーーとなれば、移行すれば良いと思います。その頃には、良い画質のために貯金するという苦行にも耐えられるはずですw

画質のいい写真をさくさく取りたい Ricoh GR

さっと出してさっと撮る。でも画質もこだわりたい。ほんでもってレンズ交換とかめんどくさい方には、GRでしょう。GRDシリーズからRICOHファンはいますので、その独特の描写にも注目したいです。

正統派クラシック Fujifilm X-Pro1

もともとクラシック路線のFujifilm。出てくる写真もクラシック好きが好きそうな写真が出てくるのではないでしょうか?レンズも拡充中です。画質にはこだわりたいけど、Canon,Sonyの現代感に嫌気がさしてる、そしてコンパクトであって欲しいと思う方におすすめできます。見た目かっこいいですね〜。でも僕はKissがASP-Cなので、これ買うならレンズ買ってもっと遊びたい。。

マイクロ・フォーサーズの魅力 Olympus OM-D EM-1

人が持って歩ける最高の画質を目指した規格、マイクロ・フォーサーズ。この規格自体でかなり厳しい基準を持ってレンズをつくっているそうです。コンデジとのセンサーサイズは全然違います。ASP-Cよりサイズは劣るものの、多くの専用レンズのお陰で、出てくる写真は負けないらしいです。ASP-C専用レンズも多くありますが、どうしてもフルサイズが本気で、ASP-Cは入門との見方が強いのが現状です。小さいセンサー専門に設計されたレンズ群がマイクロフォーサーズの強みといえます。デジタル時代に生まれて、携帯性を常に考えてきたフォーサーズ規格。なかなか面白いです。センサーが小さいがゆえに、本体サイズも望遠レンズも小さく出来ます。ミラーレスの技術がすすめるさらなる小型化が、マイクロフォーサーズの追い風になっていくかもしれません。。

本気のクラシック NikonDf

カメラの世界にどっぷりハマってしまっている。そんな方に向けたNikonらしい製品かと思います。これを買う人は、上記4機種なんて眼中にないのかもしれません。NIKKORレンズをたくさん持ってる。防湿庫に眠っている昔のフィルム時代のレンズを活躍させたい方向けに、Nikonが作った商品だと思います。なんか経済に逆行してる感がすごい好きですwもちろん商売なんですがw

NikonDf Nikon静止画の撮影に特化したカメラを発表。初心者目線で分析します

発表来てるー!!

個人的に、ローン組んでも買いたいカメラがNikonから正式に発表されました。価格は30万弱かなと。。ぐはっきついw
NewImage

Nikon Dfその特徴は

流失していた噂通りのカメラになりそうです。写真を撮るためだけに作られたカメラ。いかにも頑固な技術屋のNikonらしいカメラなのかなと、初心者の私も思いますがどうなんでしょうか。Nikonのホームページからスペックを頑張って読み解いていきますw
スポンサードリンク



fの意味

NewImage

Nikonのデジタル一眼シリーズのD。そしていつもなら数字が続くはずのニコン製品群、その中でも異例のf。このカメラの特異な位置づけを名前だけでも感じます。そして’f’は「fusion」の’f’で、「融合」とういう意味。NikonのフラッグシップモデルD4の画質と、カメラ本来の精密機械の感触をもったコンパクトなボディとの「融合」だそうです。イメージセンサーはD4のものを贅沢に積みつつ、その他の機能を削りコンパクトに抑えました。FXフォーマットのフルサイズ。

アナログなダイアルによる操作

NewImage

絞り、シャッタースピード、ISO感度というのは、一枚の写真を撮るときにとても大事な要素です。僕も一眼レフカメラを購入してからは、できるだけマニュアルモードで撮影し、その3つをいじりながら、撮っては失敗してを繰り返してました。それをNikonDfではすべて上面のダイヤルにて操作できるようになります。撮影中にも、電源が入ってない状態でも、上面のダイヤルにより直接視認して、今の設定を確認できます。またデジタルが故の高度な設定も背面液晶でスムーズに行えるようように隅々まで設計されているそうです。操作性という点でも、直感的なアナログと高度なデジタルを融合しているそうです。

静音シャッターなど基本性能も高機能に

NewImage

マグネシウム合金採用で、D800シリーズと同等の防塵・防滴性能も装備。写真とるのはほとんど屋外なので、この辺基本性能は助かります。起動も0.14秒と大変早くなってます。他のカメラとの差はいまいちわかりませんが、もはや体感できない速さですよね。静音シャッターも付いております。大きな音を立てたくない場面は、僕みたいな初心者には多いので助かります。あまりこっち見ないで欲しいのでw その他の基本性能もしっかりついててピクチャーエフェクトなどもいろいろ備えております。しかし、GPS、Wifiなどはオプションでの対応。無駄な機能は省いてます。とってその場でSNSとかは然視野に入ってません。連射性能は5.5枚/秒でこの辺は少しおそめ。このカメラに連射性能を期待する人はいないでしょう。。

Df欲しい

まとめると欲しいです。でも買えない。。50mmfi.8/Gとのレンズキットで269,800円となってます。
嫁に内緒で買えないだろうか。。。動画はきっと、ポップなハンディカメラを買うと思うんですね。嫁でも操作できそうなポップなやつです。写真は、スマホがあるのでほとんどそちらで撮影してるのでほっといてくれと。超高画質でこの外観。ほんでNIKKORレンズがほとんど付けれる。中古レンズ屋さんうろうろするのとかめっちゃ楽しそうですしねー。欲しい。

誰向けの製品か

僕みたいなミーハーカメラ男子は眼中に無く、銀塩カメラを愛好していた団塊世代のカメラ大好き親父がターゲットだと思います。価格も。でもD4みたくほんとのフラグシップはごついのはもう腕が持たないwそしてD600、D800はシュッとし過ぎだよ。と思われる方には向いてるのかなと。写真を趣味にするには、製品自体のデザイン、性能は十分ですし、撮影するその体験までもプレミアムにしてしまうであろうその操作系。これで山登って単焦点マイクロレンズ もって花とったり、孫、ひ孫撮ったら楽しいと思います。

ニコンが発売前に体験イベントを開催するそうです。

Nikon Df 体験イベント Nikon Digital Live 2013

行ける方はどうぞ。こんなイベントに簡単に参加できる首都圏の方が羨ましい。。店頭に並ぶのを気長に待ちたいと思います。。

詳細は、コチラのNikonのホームページへどうぞ

Nikonの11/5発表と思われる新製品が気になる。”Pure Photography”

最近ほんとにカメラ業界が騒がしい。ただのスペックアップだけでは、スマホに勝てないので各社おもしろい商品を出してきます。今回はNikonがクラシカルな雰囲気のカメラを出してくるという噂です。ニコンのトップページにでかでかとYouTubeが埋め込んであります。かなり本気なんではないでしょうか?EOS Kiss3からそろそろ買い換えたいと思ってる僕ですが、噂どおりならかなり欲しい!!

NewImage
スポンサードリンク



GIZMODOによると

    1. ペンタプリズムを備えた一眼レフデジカメ
    2. 50’sから続くニコン伝統のFマウント(非Aiレンズ対応)
    3. D4と同じ1620万画素のフルサイズセンサー
    4. 画像エンジンはEXPEED 3

となる可能性が!と言われましても、よくわかりませんのでひとつずつ解明していきましょうw

1.ペンタプリズム?

ペンタプリズム(Pentaprism )とは、一眼レフカメラのファインダーに用いられる5角柱形で7面体のプリズム(右上模式図)。名称は「五角形(Pentagon )のプリズム」の意味。カメラ本体の上部中央に取り付けられる場合が多い。

NewImage

こまった時のWikipediaですw 要するにミラーレスではないとう言うことです。近頃では、ミラーレスカメラ大盛況で、Sonyなんかは出しまくってます。ミラーレスだと小さくできる代償にファインダーを失います。ですのでミラーレス一眼には、EVF(エレクトロビューファインダー)なるものがついているみたいです。

いいですね〜。僕が初めて買った一眼レフ、EOS Kiss x3では、マニュアルモード以外、液晶でのライブビュー撮影ができません。次のx4でできるようになったみたいですが。その時、鹿児島県のヤマダ電機で僕は迷っていました。新しいx4を買うか、型落ちでお得なx3を買うか。カメラ大好きオタッキー店員がいいました。「ファインダー覗かないと一眼じゃないんでこの機能はいらないです。」ずしっと勝手に心に響いて今でも覚えています。あの店員は元気にしてるのだろうかw型落ちの在庫を処分したかっただけとの説もありますが、そのセリフをまるで自分のものの如く、他人にミラーレス借りようもんなら、「ファインダーないやんけー」と言ってきた僕には持ってこいです。

2.Fマウント(非Aiレンズ対応)

Canonなら最低限は勉強したんですが、Nikonは全然わかりません。でも勉強しただけでレンズはぜんぜん持ってないのでまだまだ乗り換えれます!w

おなじみWikipediaより。編集した方のNikon愛が伝わってくるw

1977年にAi方式(Automatic Maximum Aperture Indexing )という開放F値を自動でカメラボディに伝達する拡張が行われる。Ai方式誕生時のキャッチフレーズは「ニコンを変えずにニコンを変えた」。この際旧来のレンズについてもニコン持ち込みによるAi化改造が1997年まで行われており、互換性はほぼ維持された。

要するに1977年の第一次電子化の波の前の、さらに古いレンズまで対応してしまうとのことでしょう。これはマウントが違うミラーレス一眼には出来ない芸当。アダプタつければ行けますが、気分的に直付のほうが良い。。これは古いレンズの中古価格が高騰してしまうかもしれません。

3.D4と同じフルサイズセンサー

これはある程度調べなくてもわかります。Nikon D4はNikonのフラッグシップモデルです。ボディだけで50万します。センサーとは、フィルムカメラでいうフィルム、つまり光を捉えるカメラの心臓部です。それのフルサイズ。比較表をお借りしてきました。

NewImage

こんだけ違います。もちろん実寸ではないですが。センサーが大きいといろんなメリットがあるみたいです。詳しくはわかりませんが。。前まではなんとなくフルサイズがいいな〜と思ってたんですが、このブログ記事を見てから絶対フルサイズがいい!!となってしまいました。ぜひ見て下さい。この点も合格。Sonyの高級コンデジCyber-shot RX1などフルサイズ戦線も熱くなってきています。コンデジにフルサイズて。価格もやばいし。

4.画像エンジンはEXPEED 3

参考になるブログ発見。EXPEED 3は性能良いと思う件この方がセンサーの画素数についてなどを詳しく述べておられます。めっちゃ勉強になった。でNikonのHPは検索でひっかかりませんでしたが、D4の製品特徴のページに詳しく解説されてました。まんなからへんです。

NewImage

要するに最近の高画素化などのハイスペック化に対応した画像処理エンジンみたいですね。これが違うと撮って出しのjpegの画質などがかなりよくなってくるみたいです。

謎の新商品まとめ

自分で書いてるうちにだんだん見えてきましたw最近のはやりはRICOH GRFUJIFILM FX-X100Sのようなクラシカル高級コンデジと、ソニー DSC-QX10(過去の紹介記事はコチラ)みたいな、最先端ぶっとび系の二手にわかれていると思われます。Sonyからは11月15日にSONY RX10 のような、開放F値が全域で2.8の望遠レンズ搭載コンデジ?も発売されます。OLYMPUS STYLUS 1も同じようなスペックですね。日本はカメラメーカーもりもりで楽しすぎる。

この中で今回のNikonの新商品は、ミラーレス一眼でもなくコンデジでもない、Fマウントレンズをたっぷり味わえる王道の一眼レフカメラになりそうです。いやいや素晴らしい。そして、クラシカルな雰囲気はクラシックなカメラもりもり作ってきた歴史があるNikonには強みになりそうです。昔のフィルムレンズを愛用してた方、僕みたいに何も知らないくせにクラシカルな雰囲気が好きな方wなど欲しがる人は多そう。そしてフルサイズ。やべーやべー。Sonyのレンズスタイルカメラ欲しくて欲しくて嫁に土下座しそうになりましたが、こっちのほうが僕は好きそうです。問題は価格ですね。どうせPC買い換えたばかりの僕には買えませんので、エエカンジに落ち着いてきた時か、型落ちの時期wをねらって買いたいですね。とか言ってる間にまた気になる新製品が出てきそうですが。。

参照:GIZMODOからFM2? それともF3似? ニコンが昭和チックなフルサイズデジカメを計画中とのことFM2×F3っぽいニコンの新型フルサイズデジカメは11月5日発表か

デジカメ比較レビューMonoX イメージセンサー

Wikipedia ペンタプリズムニコンFマウントレンズの一覧

Nikon Imaging