Sonyのレンズスタイルカメラ『DSC-QX100』『DSC-QX10』が気になる

Sonyが勝負してます。スマホのカメラ性能が上がりすぎて、カメラメーカーは様々なシーンに合わせたカメラを用意してきます。Sonyからはこんなの。 http://www.sony.jp/cyber-shot/qx/ QXシリーズ・スペシャルサイトから

“レンズスタイルカメラ”というものです。パッと見た時はGoProとかの類に近いかなと思ったんですが違う。QX100とQX10があり、それぞれも違う特徴を持ってます。僕が初めて買ったデジカメもサイバーショットだったので、まだデジカメがサイバーショットブランドでいきいきしてるのが嬉しいです。

DSC-QXシリーズ

QXは、デジタルカメラから、ディスプレイ、操作パネルなどを取り除き、センサー、レンズ、最小限のボタン、バッテリーのみになっています。 XperiaZ持ちの僕的にはうずうずずずずずです。僕が初めて使ったサイバーショットは、携帯のカメラがまだ50万画素とかだった時代だったと思います。部屋を探したけど出てこなかった。。多分、コンパクトデジカメで初めてインターフェイス(操作ボタンとでも言うのか)がシャッター以外タッチパネルだったんです。かっこいい!となって買ったんですが、実際は使いにくい事この上なく。そしてその後にiPhoneが登場して、これでカメラ操作出来たらな−とは思ったことがありました。でもカメラ自体をちっさくするのはムリなんだろうなと思ってました。Sonyはこういうの得意なんですよね。ちっちゃく。シンプルに。QX100とQX10、2種類出ましたので、それぞれを詳しく。

DSC-QX100

QX100の方はなんとフルサイズセンサー搭載。キャノンでいうと6D、5Dなど15万以上する本気カメラが積んでるセンサーと同サイズです。そしてレンズもカール・ツァイス。僕の持ってるEOS KissX3なんかよりよっぽどハイスペックです。

フルサイズセンサー

ご存知かもしれませんが、センサーサイズが大きくなると、1画素当たりのセンサーの面積が大きくなりますので、高感度の時に綺麗に取れます。あー説明難しい。携帯のカメラとか、コンデジって、結婚式場とかの少し暗いところでは、ザラザラになりますよね?そうなりにくいんです。詳しくはコチラ。分かりやすい解説。裏面照射型など、より綺麗に取れるように頑張ってます。最近では、iPhone5Sが、5から画素数据え置きでセンサーサイズだけ大きくしました。

カール・ツァイスレンズ

カール・ツァイスレンズは、Nokia Lumia 1020などでも使用されてますし、超有名レンズというか。一眼レフカメラの世界では、レンズ命です。もう財産という認識で、ん百万するやつもありカメラはレンズが命!なのです。カール・ツァイス社はドイツの会社で、レンズばっかり作ってる会社。僕も一眼用に1本単焦点が欲しいです。で、最近ではスマホなどのカメラにもレンズを供給しています。ブランドだけじゃないの?と思われがちですが、しっかり厳しい社内基準があるそうですよ。28mm~100mmF1.8~F4.9(35mmフィルム換算)で、広角から標準までカバーする3.6倍光学ズーム付きです。

DSC-QX10

 

最初見たときは、QX100の下位互換かなと思いましたが違います。上の写真でもコチラはXperieAと写っています。2013docomoの夏のツートップの片割れです。Aは、Zの下位互換ですが。こちらの目玉はなんといっても光学10倍ズーム。35mmフィルム換算で25mm~250mmまでの鬼ズームです。

光学ズームってなーに?

嫁(カメラ詳しくない)を見ているとやたらiPhoneでピンチアウトしてズームしちゃんうんですよね。ほんでブレブレのザラザラの写真とってみて~って。いやいや見れたもんじゃね~ですぜ奥さん。これはiPhoneなどのスマホ、コンデジでは、デジタルズームの場合が多いんです。こちらは一回とった画像を拡大しているのに似ていて、ズームすればするほど、荒く汚くなります。デジタルに処理しているからです。しかし光学ズームの場合は、上の写真を見てもらえれば分かりますが、きれいなまんまズームできます。コチラは、レンズでズームをしているので綺麗なんですよ。言う馴れば、撮影者が寄ってるのと同じです。レンズがズドーンと伸びていきます。

色も2色あるよ!


ブラックとホワイトがあります。確かに狙うユーザー層が、QX100よりはポップです。ホワイトを奥さんにプレゼントしたら喜ぶと思います。

 レンズスタイルカメラ買いなのか?

ウォークマンが音楽を持ち歩くという新境地を開いたところまでは行きませんが、AppleがHDD搭載のiPod出してきたぐらいの衝撃です。僕的には。今まさにカメラ欲しいぜ!という方には十分おすすめできます。

QX100

DSC-QX100は価格も55,000円ほど。特にカメラ興味ね−なーの人が出すには結構高いです。。カメラ興味あっても、一眼レフばりばり使ってる人や、高級コンデジと呼ばれる、GRなどをお持ちの方には必要のないものかな。フラグシップスマホ画質じゃ満足出来ないという方で、尚且つ少し変わった撮影スタイルにも使いたいという方。でも防水ではないので、アウトドアには向きません。こんな撮影しておられます。アメリカ先行発売ですので、あっちの方のレビュー。面白そうですね。。ほしくなーる。ソニーの新発想レンズカメラQX-100で初撮影!

画質的には、同SonyのRX100などの方が良さそうです。スペックはどう程度ですが。パッと取り出してすぐ撮れる。小さい。スマホのUIが使えるなどの利点もあります。

QX-10/100 SYNC to Cloud : QXカメラやサイバーショットの「スマートフォン転送」の写真や動画をGoogle+やDropboxのカメラアップロードに対応させるアプリ

こういうアプリも次々出てきて、ソフト面がどんどん充実してこれば買いかなと思います。RX100には劣るにせよ、フルサイズのカール・ツァイスですから、これを超えるスマホはとうぶんは出て来ない。めんどくさがりの方には、このQX100だけでも撮影できるのでおすすめです。

QX10

先に結論から。彼女、奥さんへのプレゼントに最適です。

こちらは25,000円ほど。新発売のコンデジはこれくらいの価格なのでこなれてくるとライトユーザーにも受け入れられそうです。画質はまあ最近のフラグシップスマホと同等かそれ以下です。今度出る、XperiaZ1には間違いなく劣るんじゃないかな。しかし利点は、何度もいいますが光学10倍ズーム。スマホはほとんどレンズ自体は単焦点なので、基本歩いて寄らなければなりません。デジタルズームするくらいならあとでトリミングしちゃいましょう。このブログの読者層は分かりませんが、おそらく調べまくってる人には必要のないものだと思います。ズームするより寄ってるはずです。

まだ触ってないので操作性が少し怪しいですが、予想では女性でも扱えるほど簡単なはずです。クリスマスプレゼントぐらいに価格もこなれてくるとおもいますので、どうぞ。

白いいでしょ?

追記10/31:フルサイズと1.0型センサーを同じだと勘違いしていました。こんなに違いました。

NewImage.png

コンパクトデジカメやスマホの主流である、1/1.7や1/2.3よりは大きいみたいです。