[Firephone]Amazonがついに本気のスマホを出してきた[Firefly]

1時に帰宅して、オランダ戦見て、amazonの発表見て、スペイン戦見て、気づけば夜が明けてきて眠れそうもないのでブログの更新でもします。iPhone→XperiaZとと来て、そろそろ次のスマホをなんとな〜く物色しております。XperiaZの電池持ちの悪さに慣れてきてしまったので、最近は特に不満もなくつかっております。しかし、最新のAndroidが使えないのがかなり不満。4.2.2です。もうすぐ4.5の発表があるんでないかな?と言う事で、6/19日、発表したてのFirePhoneの気になる点をご紹介。

XperiaZの記事はこちら。

iPhoneからXperiaZに替えて一番の不満は電池持ち XperiaZロングレビュー

XperiaZの大画面は正義!XperiaZロングレビュー

参考記事、画像拝借元
米アマゾン 新製品発表イベント速報。Fire Phone 発表

スポンサードリンク



Amazonの本気スマホ。その名はFirePhone

NewImage

このハゲやりおるなwなぜ作ったか、というのは、Amazonはプライム会員の増加、Kindleの販売好調、ECサイトとしての顧客満足度がNo.1として、多くのユーザーに支持を得ている。そのユーザーたちに、もっと使いやすくAmazonとコネクトしてもらうためのプロダクトということです。生活の中で、FirePhoneを持つことにより、よりAmazonと親和性を高めてもうらおうと。ようするに囲い込みですな。ちなみに僕も、電子書籍はKindleで買っていますし、買い物のAmazon率は高いです。。Amazonは顧客満足度が高いのは有名ですが、この携帯、すぐにカスタマーセンターにアクセスできるアプリがあるそうです。それもすごい。

FireFlyはそんな日常生活とAmazonをより近いものにする

NewImage

このアプリ、リアル検索というかなかなかすごい。

NewImage

この写真だと、実演しているみたいですが、ほんの表紙を写真にとると、その本がどれかすぐ分かる。そして、もちろん、というかこれがないとAmazonじゃないのですが、その商品をそのままAmazonで買える!!

NewImage

音楽も聞き取って何か教えてくれます。テレビの音声から、番組を教えてくれたりもするみたいです。どんな仕組みだよ。

NewImage

絵画も!

NewImage

看板から電話番号を認識してそのまま電話することも。この認識機能はかなり精度が高いみたいで、光の反射で読み取り難そうな数字なども、読み取るそうですよ〜。

NewImage

そしてこのアプリはハードボタン一つで起動してしまうそうです。これはリアル検索系アプリをiOSなどで開発していた人たちは涙目でしょう。。アプリのアイコンがどうみてもGなのはおいておきます。

FirePhoneの気になるポイント

NewImage

いかにもAmazonらしい機能満載で、カメラも好感度に強くそして3Dらしいですが、まあ僕的にそれはどうでもいいですので、僕的に気になる点を。。

NewImage

イヤホン欲しい!!これはamazonで安く売ってくれそう。たのしみ。分岐する所までは、きしめんのようなケーブルで、先端は左右にマグネットがついていて、くっついてくれるそう。

NewImage

これで本当にからまなければ、このイヤホンがスタンダードになるのではないか!!携帯関係無いですね〜。

AWSを持つAmazonの強みにじみ出てる。クラウドフォトストレージ、容量無制限

NewImage

まあこれが一番びっくらこいたぜ。なんと、写真の容量無制限のクラウドストレージがついてます。まじか!ぼくは、写真の管理がめんどくさいので、スマホで写真をとりません。一眼の方は、LightRoomで管理していて快適ですが、スマホは面倒くさい。。しかし、この無制限。激アツですな!嫁のiPhoneもすぐチャイの写真でいっぱいになるし。これ使わせたらいいんでないか!

Amazon FirePhone気になるおねだんは

NewImage

199ドル!!安い。36GBでも画像無制限保存できるなら十分なきがする。ちなみに日本での情報はぜんぜん分かりません。Kindle Fire HDXが19800円になってる。いつから?
Amazonはアメリカでは、定額音楽聴き放題サービスなどもやってるし、それらを早く日本でも展開してほしいなー。

[Feedly]RSSリーダーのFeedly スルーして既読が便利すぎる! Androidアプリでのおすすめ設定を紹介します。

iOSでは、Sylfeedというアプリが日本製RSSリーダーとしてFeedlyに対応したらしくなんだか賑わっていますが、僕はAndroidなので関係ない。。羨ましくないので無料のFeedly純正アプリで、僕なりの設定をご紹介したいと思います。他のRSSリーダーアプリを検討したことないぐらい使えてます。本家と違うの使ってると、仕様変更にタイムラグがあるのがすごい嫌なので、ほとんど純正アプリばかり使っています。。

スポンサードリンク



僕が気に入ってる所

気に入ってるもなにも、androidでは他を使ってないのでなんともいえませんが。iOSの時はいろいろ使いましたよ。星マークのやつとか緑のやつとか。名前失念。。

  1. スクロールで既読
  2. 長押しでPocket

1がちょう楽なんですよね。読みたくない記事を既読にする作業の不毛さはやばい。この手数減らしてくれたのででかい。他のアプリでも設定できたのかな。では一つずつ説明して行きます。最後に設定方法をまとめて書きますので、どういう動作かなんてどうでもいい方は飛ばして下さい。。

僕的に最も嬉しい機能。スクロールするだけで既読にする

ちょっと言葉で説明が難しいのですが。。。なんの操作も無く次のページに移るだけで、前のページが既読になる機能です。

Screenshot 2013 12 20 20 06 07

とりあえずFeedlyを開きます。カテゴリーとか決めてたけど結局Allでチェックしています。次のページに行きます。上にフリックすると次のページに行きます。

Screenshot 2013 12 20 20 06 18

次のページに来ました。6記事毎に、画像とタイトル、サイト名がでます。そして下にフリックして前のページに戻ると。。

Screenshot 2013 12 20 20 06 13

記事のタイトルが灰色になり、既読になっています。いちいちアクションせずとも既読になります。これで、別に読みたくねぇと思ったタイトルはガンガン飛ばせます。結果として、多くのRSSを登録していてもストレス無く記事をチェックできます。デメリットとして、テンションが低い時は飛ばしまくってしまいます。Webデザイン系のものは目を通したいのですが、簡単に飛ばしてしまいますwこれは僕のモチベーションの問題ですね。。はい。

リスト状態からタイトル長押しでPocketへ

記事を開くまでもなく、タイトルだけで「これは読まねば!」というやつや、「今だるいけど後でよも」のやつはPocket送りに出来ます。このスクショ取るのに10回ぐらいかかりました。Xperiaのスクリーンショットが電源ボタン長押しなので、そのタイムラグと戦いました。どうでもいいか。。

Screenshot 2013 12 20 19 38 26

記事を1秒以上かな?間違えて指を置いててPocket送りになることもあるので、結構短くても反応します。タイトル長押しであとで読むは、結構メジャーな機能です。しかし「開く」「共有」「Pocket」とかの3ステップを削れますので、かなり便利。考えた人はRSSリーダー愛してるんだろうなぁと思いますw InstarpaperとFeedlyのあとで読むも設定できます。

肝心な上の技の設定方法

設定方法です。僕は外大なので一応英語わかるはずなんですが、こういうアプリの設定画面などは単語が最小限に絞られていて、いまいち意味がわかりませんwwですのでとりあえず設定してみて、どう動くか試しながら使いました。

Screenshot 2013 12 20 20 06 07 8

記事のリスト画面から右上のFeedlyのアイコンをタップ。

Screenshot 2013 12 20 19 39 11

カテゴリが出てきます。さらにカテゴリを下にスクロール。

Screenshot 2013 12 20 19 41 44 2

すると、Settingsという項目があるのでそれをタップします。開いたプルダウンメニューの中の赤で囲った部分[Advanced Settings]を開きます。

Screenshot 2013 12 20 19 39 44

英語まみれのやつきました。

Screenshot 2013 12 20 19 39 44 2

赤で囲った部分これが、1のスクロールで既読機能の所です。チェックしちゃいましょう。

Mark article as read automatically as you swipe through them

シンプルすぎる英語ですな。「スワイプして読みドバした記事を自動で既読にする」といった所でしょうか。今となってはスッキリイングリッシュですが、最初はこの動作が何を示すかわからなかったです。

Screenshot 2013 12 20 19 39 44 9

この2つは、お気に入りの保存ツールと共有方法を設定できます。ここに設定したサービスは。。

Screenshot 2013 12 20 20 16 35 9

赤で囲んだ四角の所に出てきます。僕の場合はPocketとTwitter。

Screenshot 2013 12 20 20 16 35 14

他の9つは、右上の…をタップすると出てきます。お気に入りの方が1タップ手順を減らせるということですね。

Screenshot 2013 12 20 19 42 08

Twitterへの投稿画面はコチラ。記事タイトル、ショートリンクです。はい。

Screenshot 2013 12 20 19 40 00

保存ツール、後で読む方法の選択画面です。

Screenshot 2013 12 20 19 40 07

共有方法の選択画面。

Screenshot 2013 12 20 19 40 36 3

設定画面に戻って、更に下の項目を見ると、[LONG PRESS TO SAVE]と言う項目があります。これが2で説明した機能です。Favorite Saving Toolを設定してないと使えないかもしれません。

Long press on an article summary to trigger your favorite saving tool

”記事の要約を長押しして、あなたのお気に入りの保存ツールを起動する”といった感じだと思います。はい。

Feedlyのアプリは多機能過ぎず使いやすい

あまりにも機能が多すぎるとしんどくなりますよね。。共有方法も結局Twitterが一番ですし。ちなみ他の共有方法で他のアプリを立ち上げる事もでき、bufferにももちろん送れますよ。最近RSSの数を減らしたわけでもないのに、ニュースチェックに余裕が出てるのは1の機能「スクロールで既読」の恩恵がでかいと思います。いっそSmartNewsもソース限られてるし、全部登録してやろうかなと思っております。あとPocketのシンプルな使い心地も重要ですね。僕はAndroid版のPocketはほとんど起動しませんw Chrome版のアプリで見ます。ですので、このサイトはMacBookからも見てみたい(デザインの参考)と思った時とかにもPocketは使います。あと写真ブログはスマホで面白そうだったり、後でじっくり見たかったりしたらPocketに放りこんでます。PocketとTwitterとFeedlyが最強です。このコンボのお陰でiOSに未練はあまりないのです!

follow us in feedly

もしよろしければ、私めをフォローしてやって下さい。

[Android]状況によってホーム画面が自動で変わるランチャーアプリ「Aviate」を使ってていい感じなのでレビュー

Androidのランチャーアプリ、Aviateを使っていて僕好みなので紹介します。Goシリーズのランチャーや、ADW.Launcher,Lightning Launcherなどいろいろ使ってみましたが、これに落ち着いてます。iPhoneから移行した僕にとっては、ややこしい設定などは面倒くさくて、OSアップデートのたびに設定し直すのも面倒くさい。。ですのでシンプルで設定しなくても使えるのを探していました。しばらくはXperiaの標準を使っている期間が長かったですがこれに変えてみて、1ヶ月ほど使えています。

前の記事で自分で文句いいながら、iPhoneに気持ちが傾き始めましたが、iPhone6が出るまではXperiaZを可愛がっていこうと思います。

スポンサードリンク



シンプルがヨロシイAviate

ほとんど設定らしい設定はせずに使うことが出来ます。Google Nowなどのアプリとは喧嘩するタイミングも有るかもです。

ホーム画面とCollectionsへのアクセス

Screenshot 2013 12 05 00 12 34

これがホーム画面。ここには自分的によく使うアプリを配置しています。まあ殆どこいつらしか使わないので。。あと癒やしのチャイくんが陣取ってます。

Screenshot 2013 12 05 00 12 40

右にスワイプするとCollectionsといって、各カテゴリごとにアプリが表示されます。雲のインストールマークはSonyのプリインアプリなどで、僕が無効化しているものです。カテゴリをタップするとびろんと広がります。

Screenshot 2013 12 05 00 12 40 3

そしてアプリを長押しすると上部にRemove from Collectionsというバーが出てくるので、ここにドラッグして持って行くと消えます。2chmate様が浮かび上がっておられますw 消しませんよと。

Screenshot 2013 12 05 14 35 53 21

またNewからはそのカテゴリへ新規に追加したいアプリなどを選ぶことが出来ます。Foursquare,Twitterなど有名どころは、初期設定時からカテゴリごとに割り振られています。Collectionsでは、Social,News,Work,Gamesなどいろいろあり、設定から足したり引いたり出来ます。

Screenshot 2013 12 05 00 12 40 5

カテゴリはたくさん用意されてます。僕は基本的に引きこもりで、仕事帰りに飲みに行くとかもないのですが、よく飲みにいったり、カフェ巡りがすきだぜ!っとか言う方にあったカスタムも出来ます。

Screenshot 2013 12 05 14 55 00

Collectionsから更に左へスワイプすると、A-Z APPSということで、全アプリを表示してくれます。日本語表記もしっかり分けてくれます。動きもなめらかなのでさくさく下に進んでくれます。頭文字順だと、一個づつ表示に近いですが、ストレスなくアプリを探せます。

Screenshot 2013 12 05 00 12 49

Aviateのメイン機能、今何してる?

この機能がオシです。今どこにいるかを判断しその時のおすすめの行動、アプリを示してくれます。

Screenshot 2013 12 05 00 12 34 5

コンビニなどに入ると、ホーム画面の右上のアイコンのマークが変わります。

Screenshot 2013 12 05 00 13 13 4

その時にホーム画面から上にスワイプすると。。

Screenshot 2013 12 05 00 13 13 11

現在いると思われる所が一番上にでかでかと表示されます。Cemeraを起動したり、Postは持っているアプリ応じて選択肢が表示されます。僕の場合はTwitter,Google+などへ投稿できます。またチェックインボタンでは、ワンタッチでFoursquareでのチェックインなどが出来ます。さらにTIPでは、Foursquareでの他の人のコメントなども見れます。そして、Shoppingに使いそうなアプリなども出てきます。僕はこれといったアプリを持ってないのでQRコードリーダーだけですが。。

Foursquareは海外、特にアメリカでは結構有名なんですが日本ではまだまだですね。流行りそうにもないし。。これ起動して、検索してチェックインするのがなかなか面倒くさいのですが、これならさくっとチェックイン出来そうです。

現在地に合わせて変わるホーム画面

ホーム画面で左にスワイプすると、他の選択肢が出てきます。

Screenshot 2013 12 05 00 12 57 5

そしてそれぞれを手動で切り替えることもできます。僕は電池持ちを気にして、通常GPSをOFFにしているので、手動で切り替えてます。でもたまにどっかからGPSで位置情報取ってくるので怖いw

HOMEの時

Screenshot 2013 12 05 15 12 04 7

WORKの時

Screenshot 2013 12 05 15 12 11

GOING SOMEWHERE

Screenshot 2013 12 05 15 12 16

駅にいる時

Screenshot 2013 12 05 15 12 32 4

いろいろなタイミングで、その時にすべきことをすっと出してきてくれます。優秀だ。iOSで丸パクリするんじゃないだろうかと思うレベルです。

Aviateはおすすめ出来ます

引きこもりの僕でもフル活用できるこいつはなかなかすぐれものです。このアプリに変えたから電池が持たなくなったとかはないので、そんなにバッテリーも喰ってないと思います。大画面のAndroidが多い中、シンプルに小さめで太い文字で各機能が書いてあり、美しいです。GPSオンにしてつかってみてもええかなーと思います。

記事執筆時、まだ招待制なので、アプリをダウンロードして、e-mailアドレスを登録するとしばらくして招待コードが届きます。
今すぐ使いたい人は、twitterででも絡んでくれたら招待コード差し上げます。5名まで招待出来る模様。。
NewImage

Play Storeへ

参照:Techcrunch Japan「コンテクスト」に応じてホームスクリーンを自動的に切り替えるAviateが公開βに