[LINE爆裂]絵がクソほど苦手な僕でもLINEのスタンプ作りたいと思わされた。

爆裂っていう言い方は古いと思いますが、なかなかエゲツナイ事をサクッと発表して来ました。これはすごい。ざっくりまとめて3つ。

  1. LINE電話はじめるよー
  2. スタンプショップ開放するよ〜
  3. 企業向けAPI作るよ〜

上2つは、LINEの公式ページへ。3のAPIについては、永江一石さんのブログにリンクです。3については、最初は大きい企業向けの話になるみたいですので、プロの解説にまかせましょう。LINE電話は、僕がテンション上がった楽天電話を一瞬でぶっとばす事になりそうです。お義父さんが、バリバリ電話使う仕事されていて、スマホで通話料に困ってるのでいいの教えてくれと言われますが、次はこれを勧めることになりそうです。

スポンサードリンク



楽天のスタンプは恐ろしいポテンシャルを秘めている

NewImage

LINE Creators Marketと題されたスタンプショップ。その破壊力は甚大だと思われます。

なんてのも夢じゃない。年内にユーザー数5億人と言われてるその規模なので当たり前ですが、LINEはアジアで強くて、まだ英語圏ではシェア低め。しかし楽天のviber買収、FacebookのWhatApps買収などの影響で少しづつシェアが伸びて来そうです。

LINE:年内に5億ユーザー達成へ、「電話」に参入

WhatsAppのダウン後24時間でLineの新規登録ユーザ数(アメリカ/ヨーロッパ)が200万(通常の5倍)を記録

LINEが出てすぐの時は、アドレス帳をごっそり抜くし、あんまり好きじゃないNAVERまとめの会社だったので、警戒していたのですが、すっかり世界規模のインフラと化してます。

アニメ化しようと思ったら、ジャンプNEXT→ジャンプ→アニメ化!っていうなが〜い道のりが嘘のようです。イラストレーターさん頑張れ。。

LINEのすごい所は課金のしやすさ

NewImage

恐ろしくも可愛い画像。。最初はただのテルテル坊主だと思ってたのに。。。

「LINEのスタンプで初めてスマホに課金した!」なんてスマホ女子は腐るほどいると思う。僕の嫁もそうだ。有料でも優秀なカレンダーアプリは買わなくても、コミュニケーションの時に、ちょっと人とは違うスタンプにはお金を払う。また、「このアニメが大好き!」っていう意志表示も、そのスタンプを持っていれば可能だ。僕はZガンダムの時に買いそうになった。使い道ないのでやめたけど。。女子の間では、「有料スタンプ」を使っていることが一つのステータスになりつつあり、無料スタンプばっかだと一昔前のユニクロみたいな印象をもたせてるのではないかな?とか思ったりするぐらい。その波は、女子にモテたい男子に波及し、あっという間に浸透してしまった。そして価格的にハードルは鬼のように低いので、さくさくと買ってしまいそう。。若者のLINE事情が実際の所がよくわからないので26のくせに時代に取り残されてる感がある。

低年齢層の規制の話もあるが、LINEの浸透率は異常。

NewImage

ID検索しようとしたら、DocomoIDでログインとか言い出して、諦めました。覚えてない。。

ちなみに僕は塾で中学生に数学を教えてたり、コンビニに揚げ物を買いに来る中学生と仲よかったりもする。一応ブロガーの端くれだし、スマホアプリ作りたいという微かな願望もあるので、どんなアプリを使ってるか見せてもらってる。コンビニの常連になるような中学生はほとんどiPhoneかiPod touchを持っており、LINEは絶対入ってる。他にパズドラと楽天市場だけの子もいた。。その中学校全体のグループという恐ろしいものもあるそうだ。8万するデバイスを中学生がごろごろ持っているのも恐ろしい話だけど、この子らが高校、大学と進み大人になるにつれて、スマホに課金する事に対する偏見が無い大人がゴロゴロいる時代になれば、LINEのスタンプなんかは、ちょっとお洒落な服感覚でどんどん買われるんだと思う。僕なんかはデジタルデータにお金はらうのは〜と思って、ゲーム課金はもちろん、スタンプは買ってない。スケジュール帳とかはガシガシ買うんだけど。恐らく、ぎりぎり僕ら世代の人たちは、スタンプに金払うのに偏見持ってる人が多いと思うが、この先はどんどんなくなっていくと思われる。

こんな僕でもスタンプ作りたいと思わせるLINEすごい

僕はめちゃくちゃ絵が下手なんですが、なんとかフォトショとイラレこねくりまわしてスタンプつくろうと思います。結構マイナー所を初めから攻めれば、勝機はあるんじゃないかと思います。詳しいコトはガイドラインにきっちり乗ってます。

ユーザーに有料で提供するスタンプは、宣伝を目的としておりません。 したがって、スタンプ画像、タイトル、テキストにおける告知表現(○月○日発売など)や、単なる企業ロゴの掲載は不可となります。
スタンプを購入するために個人情報やIDを提供する必要のある場合の利用は一切お断りしております。
LINE以外のインターネットサービス、メッセンジャーアプリ、またはそれに類するサービスの名前に言及しているもの、またはそれに関するキャラクターの配信は一切お断りしております。

この感じだと、ショップオリジナルキャラクターと、@LINEサービスの組み合わせなんかもできちゃいそうです。絵心ないですが、フォトショがなんとかしてくれそうなのでがんばろう〜。

Amazonですごいの見つけた。

リアルスタンプでしょうか。かなりの高評価。僕は買いませんが。。

これだからTwitterは面白い。 @fukuyuki のクレイジーワークスを5億円で売却するのに、A8のアフィリエイトを利用。報酬1億円!!?? 

僕がTwitter始めたのは、@fladdictさんのせいです。記事数が減りTwitterでの発言に移行していく中で、そのサービス使わない手はないという事で始めました。リアルな友人はほとんどTwitterしてないので、あんまりリアルなつながりのある人とは絡んでません。では何が面白いかと言うと、今回の売却劇がリアルタイムで見れるのが面白いのですw ほんとだったら、登場してる皆さんは経営者とかばかりですから、お会い出来るはずもないのですが、その話が盗み見出来るとはこのツール面白いw とあんまりアクティブにつぶやく訳でもなく、ニュースチェックとこういうやりとりを見てニマニマしていますw

スポンサードリンク



村上さんの行動力はやはりすごい

フィリピンの寄付当たりで、病み発言をハサミながらすげーなーと思って見てましたが、この約2ヶ月の総裁の動きをまとめ見ましょう。

  1. フィリピン大使館に直接募金
  2. 無審査・放置のFreeStarterロンチ
  3. 都知事ファイアロンチ
  4. 中学生にMacBook Airを投資
  5. 自らが所有する会社の売却を検討

すごい。圧倒的行動力。定期的に彼女欲しいツイートもされますw

 

今回の秒速1億円アフィリエイトはトップ同士ですすすっと動いた

事の発端はこれ。

 

昨日の話です。それを永江一石さんが、ヤナティことA8.netの社長にメンション。

 

そして社長が負けてくれる。

 

そして完成。

 

12/26日に審査通ったらしいです。

 

1億円いらないから僕はMac Pro欲しい

A8.netさんから毎日くる宣伝メールのセルフバックが適用されるのかどうかが最大の焦点となりそうです(嘘)自分で買ったら4億円なので、1億円みすみすアフィリエイターに払うのはもったいないので、買う人はA8.netに登録してセルフバックで購入しましょうw

そんなことは置いといて、こういう業界の上の方にいる人々のやりとりをニマニマ見れるだけで、Twitterはすごいと思うわけですよ。店で仕事中に永江さんのメンション見た時のワクワク感とか。頑張って勉強してあのへんの人とカラメルように頑張ります。

総裁、中学生にMacBookAirなので、僕にはMac Pro下さい。毎日ブログ書きます。

NewImage

[Feedly]RSSリーダーのFeedly スルーして既読が便利すぎる! Androidアプリでのおすすめ設定を紹介します。

iOSでは、Sylfeedというアプリが日本製RSSリーダーとしてFeedlyに対応したらしくなんだか賑わっていますが、僕はAndroidなので関係ない。。羨ましくないので無料のFeedly純正アプリで、僕なりの設定をご紹介したいと思います。他のRSSリーダーアプリを検討したことないぐらい使えてます。本家と違うの使ってると、仕様変更にタイムラグがあるのがすごい嫌なので、ほとんど純正アプリばかり使っています。。

スポンサードリンク



僕が気に入ってる所

気に入ってるもなにも、androidでは他を使ってないのでなんともいえませんが。iOSの時はいろいろ使いましたよ。星マークのやつとか緑のやつとか。名前失念。。

  1. スクロールで既読
  2. 長押しでPocket

1がちょう楽なんですよね。読みたくない記事を既読にする作業の不毛さはやばい。この手数減らしてくれたのででかい。他のアプリでも設定できたのかな。では一つずつ説明して行きます。最後に設定方法をまとめて書きますので、どういう動作かなんてどうでもいい方は飛ばして下さい。。

僕的に最も嬉しい機能。スクロールするだけで既読にする

ちょっと言葉で説明が難しいのですが。。。なんの操作も無く次のページに移るだけで、前のページが既読になる機能です。

Screenshot 2013 12 20 20 06 07

とりあえずFeedlyを開きます。カテゴリーとか決めてたけど結局Allでチェックしています。次のページに行きます。上にフリックすると次のページに行きます。

Screenshot 2013 12 20 20 06 18

次のページに来ました。6記事毎に、画像とタイトル、サイト名がでます。そして下にフリックして前のページに戻ると。。

Screenshot 2013 12 20 20 06 13

記事のタイトルが灰色になり、既読になっています。いちいちアクションせずとも既読になります。これで、別に読みたくねぇと思ったタイトルはガンガン飛ばせます。結果として、多くのRSSを登録していてもストレス無く記事をチェックできます。デメリットとして、テンションが低い時は飛ばしまくってしまいます。Webデザイン系のものは目を通したいのですが、簡単に飛ばしてしまいますwこれは僕のモチベーションの問題ですね。。はい。

リスト状態からタイトル長押しでPocketへ

記事を開くまでもなく、タイトルだけで「これは読まねば!」というやつや、「今だるいけど後でよも」のやつはPocket送りに出来ます。このスクショ取るのに10回ぐらいかかりました。Xperiaのスクリーンショットが電源ボタン長押しなので、そのタイムラグと戦いました。どうでもいいか。。

Screenshot 2013 12 20 19 38 26

記事を1秒以上かな?間違えて指を置いててPocket送りになることもあるので、結構短くても反応します。タイトル長押しであとで読むは、結構メジャーな機能です。しかし「開く」「共有」「Pocket」とかの3ステップを削れますので、かなり便利。考えた人はRSSリーダー愛してるんだろうなぁと思いますw InstarpaperとFeedlyのあとで読むも設定できます。

肝心な上の技の設定方法

設定方法です。僕は外大なので一応英語わかるはずなんですが、こういうアプリの設定画面などは単語が最小限に絞られていて、いまいち意味がわかりませんwwですのでとりあえず設定してみて、どう動くか試しながら使いました。

Screenshot 2013 12 20 20 06 07 8

記事のリスト画面から右上のFeedlyのアイコンをタップ。

Screenshot 2013 12 20 19 39 11

カテゴリが出てきます。さらにカテゴリを下にスクロール。

Screenshot 2013 12 20 19 41 44 2

すると、Settingsという項目があるのでそれをタップします。開いたプルダウンメニューの中の赤で囲った部分[Advanced Settings]を開きます。

Screenshot 2013 12 20 19 39 44

英語まみれのやつきました。

Screenshot 2013 12 20 19 39 44 2

赤で囲った部分これが、1のスクロールで既読機能の所です。チェックしちゃいましょう。

Mark article as read automatically as you swipe through them

シンプルすぎる英語ですな。「スワイプして読みドバした記事を自動で既読にする」といった所でしょうか。今となってはスッキリイングリッシュですが、最初はこの動作が何を示すかわからなかったです。

Screenshot 2013 12 20 19 39 44 9

この2つは、お気に入りの保存ツールと共有方法を設定できます。ここに設定したサービスは。。

Screenshot 2013 12 20 20 16 35 9

赤で囲んだ四角の所に出てきます。僕の場合はPocketとTwitter。

Screenshot 2013 12 20 20 16 35 14

他の9つは、右上の…をタップすると出てきます。お気に入りの方が1タップ手順を減らせるということですね。

Screenshot 2013 12 20 19 42 08

Twitterへの投稿画面はコチラ。記事タイトル、ショートリンクです。はい。

Screenshot 2013 12 20 19 40 00

保存ツール、後で読む方法の選択画面です。

Screenshot 2013 12 20 19 40 07

共有方法の選択画面。

Screenshot 2013 12 20 19 40 36 3

設定画面に戻って、更に下の項目を見ると、[LONG PRESS TO SAVE]と言う項目があります。これが2で説明した機能です。Favorite Saving Toolを設定してないと使えないかもしれません。

Long press on an article summary to trigger your favorite saving tool

”記事の要約を長押しして、あなたのお気に入りの保存ツールを起動する”といった感じだと思います。はい。

Feedlyのアプリは多機能過ぎず使いやすい

あまりにも機能が多すぎるとしんどくなりますよね。。共有方法も結局Twitterが一番ですし。ちなみ他の共有方法で他のアプリを立ち上げる事もでき、bufferにももちろん送れますよ。最近RSSの数を減らしたわけでもないのに、ニュースチェックに余裕が出てるのは1の機能「スクロールで既読」の恩恵がでかいと思います。いっそSmartNewsもソース限られてるし、全部登録してやろうかなと思っております。あとPocketのシンプルな使い心地も重要ですね。僕はAndroid版のPocketはほとんど起動しませんw Chrome版のアプリで見ます。ですので、このサイトはMacBookからも見てみたい(デザインの参考)と思った時とかにもPocketは使います。あと写真ブログはスマホで面白そうだったり、後でじっくり見たかったりしたらPocketに放りこんでます。PocketとTwitterとFeedlyが最強です。このコンボのお陰でiOSに未練はあまりないのです!

follow us in feedly

もしよろしければ、私めをフォローしてやって下さい。

ソーシャル運用の必需品だと思われるサービス。今回はbufferの登録方法とsnsの追加方法

前回の記事で、ざっくり使い方を説明したbuffer。ちょっと使ってみたい方が多数おられる事を願ってw続編を書きます。英語なので少しわかりづらいですが、へなへなぽんに簡単な登録方法を今回は書いていきます。

前回の記事:ブロガー必須サービス?!fladdict さんもおすすめ!ソーシャルへの投稿を制御してくれるWebサービスbuffer。

スポンサードリンク



twitter連携すれば簡単、bufferの登録方法

登録自体は至って簡単です。ブラウザで、twitterにログインしている状態でぽちっとやればできます。やってみましょう。

手順

  1. bufferにアクセス
  2. twitterでログイン認証

早速登録してみましょう!

まずはbufferにアクセスしましょう。

https://bufferapp.com/

こんな画面が出てくるはずです。なにやら楽しそうですなw
「ソーシャルメディアにシェアするもっといい方法あるよ」って書かれてます。

スクリーンショット 2013 12 17 19 13 56 2

ちょっと下にスクロールします。
twitter,Facebook,LinkedinとE-mailと4種類のログイン方法があります。今回はtwitterで登録しましょう!
Sign in with twitterをクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 14 01 2

よく見る画面だと思いますが、こちらにtwitterアカウントとパスワードを入力。ログイン状態だと勝手に入力されるはずです。

スクリーンショット 2013 12 17 19 16 41 3

僕の場合、もうすでにbufferアカウント持っていたので、突っ込まれました。
「あんたすでにbufferアカ持ってるよね?新しく作るの?追加するの?」って感じです。新規の方には出ないとは思いますが一応載せときます。create new account「新しくアカウントを作る」を選択して下さい。

スクリーンショット 2013 12 17 19 16 56

新しくサインインすると、いの一番にブラウザ拡張追加しちゃいなよ?と言われます。サクッとインストールしたい方は、緑のボタンの「install in seconds」(秒速でインストール)をクリック。あとでいいやというめんどくさがりのあなたはその下の、緑の文字で書かれた「skip this step」(あとでいいや)をクリック。僕はもう入ってるので飛ばしました。

スクリーンショット 2013 12 17 19 17 23 2

まだなんか言ってきます。「プロフィールを完成させるためには、私達と常に連絡が取れるようにあなたの一番のe-mailアドレスを入力してくだせい」と言ってます。結構頻繁にe-mailは来ますが、実際bufferのダッシュボードに行って作業するのはそんなに多くないので、e-mailだけである程度状態が分かります。投稿待ちがなくなれば、「からですよ!兄さん!」とメールくれます。

スクリーンショット 2013 12 17 19 17 33

完成です。ぽちぽちと適当にクリックしてても登録できるので、わざわざこの記事見なくてもいいかもですねw この画面がbufferのダッシュボードです。現在はログイン時に使ったtwitterのみ連携している状態です。次は、他のsnsへの投稿も制御できるようにして行きましょう。

スクリーンショット 2013 12 17 19 19 56 2

bufferで制御するSNSを追加する方法

twitterだけにガンガン記事を上げていってもいいのですが、FBページや、Google+ページなどもあげれるようにしておかないと利便性半減です。追加しときましょう!!

Google+ページをリンク

Google+ページをリンクさせましょう。他のSNSも同様の方法で行けます。Google+は、個人のプロフィールにはまだ対応していないようです。SNSのアカウントリストがあると思うので、そこの一番上の+ボタンをクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 19 56 5

こんだけのサービスはすぐに連携出来ます。app.netってなんですか?w 上には、有料版にすると12のsnsが連携できるよ!と書いてあります。有料版は10ドル/月。ちょっと高いなぁ。右の方の、赤いところ[connect a page]をクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 03 3

Googleからこのアプリこんな情報ほしがってるよ?と言われます。承認するをクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 31

あなたが運用しているGoogle+ページの一覧が出てきます。僕の場合はこのブログのGoogle+ページが出てきます。これで連携させたいページをクリック。ういうい。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 45 2

右上にGoogle+ページのアイコンが出てきました。2となっているのは僕の本来のバファーアカウントで投稿予約しているぶんが、ここからも見れます。なぜでしょう?2つアカウント持つとややこしそうですので注意。。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 50

bufferとsnsの連携を解除する方法

至って簡単で、一番右のタブのsettingsのプルダウンバーから、Removeを選択。再度、ポップアップで確認が出てきますので、赤い方のボタンをクリック。サブ垢で試しに解除したサービスが本アカのほうも解除されてた。。アカウント2個持ちは厳しそうです。。

スクリーンショット 2013 12 17 20 17 06 2

bufferの登録方法のまとめ

webサービスの第一関門の登録。面倒臭ければ面倒くさいほど、ユーザーは増えないでしょう。それがこいつは簡単です。わざわざ記事にする必要があったのかどうかさえわからないレベルで連携できてしまいます。bufferの記事をまたあげます。buffer推しまくってる意味は特にありません。ヨドバシカメラの福袋欲しい。。

ブロガー必須サービス?!fladdict さんもおすすめ!ソーシャルへの投稿を制御してくれるWebサービスbuffer。

すでに知ってる方も多いと思いますが、bufferを改めて紹介。SNSへの投稿を制御するwebサービスです。bufferはさまざまなアプリとも連携しているので、使い勝手は最高ですが、日本語対応してないという難点が。。しかし簡単な時間指定投稿などは、英語が分からなくても出来るようになってますので使い方を紹介していきます。去年の話ですが、アルファブロガーのfladdictさんがおすすめされていて、その時からちょいちょい使っていました。そしてブログを始めてからはフル活用しています。fladdictさんがブログ書くと、bufferの中の人からお礼コメントが付くとは。恐るべき影響力w

参考リンク

ソーシャルネットワークへの投稿をスケジューリングするBuffer、β段階から好調のBuffer for Businessを正式リリース

仕事でtwitter使う人には、Bufferというサービスは必須かもしれない fladdictさん

スポンサードリンク



bufferのサービスはいったいどういうものなのか

NewImage

最近スタートしたビジネスプランは有料で、複数人での管理、分析機能の強化などがされているらしいのですが、基本的な機能は無料で使うことができます。大きな特徴としては、SNSへの投稿を制御する機能と、投稿のリツイート数、リンクのクリック数などを分析する機能を持っています。これはtwitterだけ、これはGoogle+だけなど、どのSNSへ投稿するかの制御なども簡単にできます。そしてその投稿が何度リツイートされたか、何人にお気に入り登録されたかなどを管理することもできます。一つ一つ説明して行きます。

いつ、どのSNSへ投稿するか決める制御する

とりあえずいかに簡単に制御できるか、その方法をお見せします。こういう時にサクッと動画とれればいいんだけどな〜。

スクリーンショット 2013 12 13 19 15 07 3

PCのブラウザから投稿する場合、Chromeなら拡張機能でbufferボタン(chromeウェブストアへのリンク)が用意されていますのでこれをクリック。こういうアプリや各種ツールの充実具合も、おすすめポイントです。

スクリーンショット 2013 12 13 19 15 51 36

スクショに書き込みすぎた感がありますが、こんだけの機能をこのシンプルなページに、わかりやすく配置されている所が、bufferのおすすめポイントだったりもします。一個づづ解説して行きましょう!

ワンクリックで投稿先を指定

僕の場合、Twitterの飛べない豚FaceBookページの飛べない豚Google+の飛べない豚と可愛い3匹の大豚が並んでおります。アイコン揃えるとなかなか気持ち悪い可愛いですが、これをポチポチすると、投稿するかしないかがオン・オフで切り替えられます。僕の場合はまずTwitter,Facebook,Google+と、記事を書いてすぐに投稿します。そしてなんとかフォローしてくれる人がいるTwitterはその日の夜と、次の朝に投稿するようにしてます。寝る前と通勤タイム狙いですね。

レビュー、記事名、リンク短縮、一言コメントなど

記事名とサイト名は自動で抽出してくれます。そして、それだけだとそっけないので一言コメントもつけてます。リンク短縮は、僕はbuff.lyという風に、bufferの短縮機能を使っていますが、設定からbitなどの定番短縮サービスも使えます。詳しい設定はまた今度にしましょう。。そして、Google+やFacebookページでリンクを共有すると、リンク先のプレビュー写真がみれるようになっていると思いますが、それのプレビューもあります。プレビューのプレビューです。はい。。twitterの文字数制限などもしっかり確認できますよ。

bufferの目玉、スケジューリング機能

WordPressのプラグイン等でもあると思いますが、この投稿を何時にするかというのが、時計マークの所から選択できます。Bufferボタンを押せば、設定しておいた時間に自動で投稿してくれる機能もありますが、僕があまり使いこなせてないので、使いこなしてからまた解説したいと思います。この使い方だけでも便利じゃないですか?

右下からbufferの管理画面へ

スクリーンショット 2013 12 13 18 49 22 2

こんな管理画面へ行けます。真ん中にタブがあり、Buffer,Analytics,schedule,settingと選べます。Bufferには投稿待ちの投稿がスタンバイしています。

bufferについてのまとめ

今回は、Chromeの拡張からの投稿方法を書きました。便利だぜ!と言いたいだけです。はい。ほんとに良いサービスだと思います。ボランティアで日本語化したいレベル。いろいろ記事書くために調べてたら、Wordpress用のプラグインもあり、これだと自動更新してくれるみたいです。僕は、”一手間省いてくれるサービス”が好きなんですが、bufferは、シェアするという最近になって必要になってきた”手間”を省く素晴らしいサービスだと思います。また詳しい使い方も上げていこうと思います。