先日、女友達が僕が使っているようなカメラ(Eos Kiss X3)が欲しいと言い出し、こんなごついのいらんからミラーレスかっとき〜と答え、おすすめしたのがα5000。発売は2014年の2月でしたが、わずか半年後に5100の後継が発売されるとは。。少し申し訳ないですが、彼女の用途的には、α5000で問題ないかな〜と。僕はカメラ欲しい欲しいと言い続けて、候補は絞ったものの、肝心な予算がとれず買えないでおります。。結局EOS Kiss X3が大活躍中です。D7100を買おうと考えておりましたが、後継の噂も聞こえてきます。。α5000、α5100を買う方は、あんまり調べずに「店頭でお安いので買いました。」という方が多いとは思いますがお迷いの方の参考になればと思います。

スポンサードリンク



ミラーレスカメラの先駆者、SONY

NewImage

僕もつい最近までは、「ミラーが無いなんて一眼じゃねえ!!」と言い張っておりましたが、そんたことはない。今は無きNEXシリーズが他社に先駆けてミラーレスを出して来たのは、かつて世にウォークマンを送り出したSONYらしいと言えなくもありません。上の写真はα7R。フルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラ。カメラに本当に大事なのはセンサーとレンズ、その他は撮影を便利にするに過ぎない事を再認識させられたカメラですね。

※コメントでご指摘頂きましたが、ミラーレスはPanasonicが最初らしいです。

α7の紹介記事

α7s発表!SONYのフルサイズミラーレス。初心者が分析します。

ISO40万というエゲツナイカメラも発売していて、カメラ業界でのSONYの立ち位置は、なかなかおもしろい所にいると思ってます。

そんなSONYが今回出してきたのはα5100。入門機として、NEX-3シリーズやNEX-5シリーズ、その後継と言われるα5000、そしてそれのさらに後継です。早すぎる。

α5100とα5000の共通スペック

ILCE 5100L

上の写真はα5100。共通スペックというか、αシリーズでの5XXX番の立ち位置というかを考えると、まさしく入門機。今現在のα5000の価格は、Amazonで41,277円とかなりお安い。これは標準ズームレンズが付いた値段。安い。発売したてのα5100の値段を考えると、お値段以上ではないかと思います。

α5000は小型、軽量。それこそが最大の武器

NewImage

このカメラの購買層は、コンデジかスマホから流れてきているのがほとんどだと思われます。極稀に一眼レフのサブとして使っている方もいるかも。そんな方にとって重要なのが小型軽量。同じセンサーサイズのD7100と比べると大変な事になります。その他が大違いですが。。APS-Cというセンサーサイズにしては上出来でしょう。ここに優位性を見いだせないとスマホで良くなってきます。。

α5000シリーズは、液晶の可動域が大きく自撮り出来る

NewImage

いやもうコンデジで我慢しやがれ!!というごもっともなつっこみを抑えこみ、一眼カメラにこの機能を求めるのが最近の女子でしょうか。。とりあえずSelfyです。このカメラの購買層が、『尾道に写真旅行』なんて言い出す訳はありません。観光地で求められるのは、軽量な三脚ではなくグルっと回転して自撮り出来る事です。飲み会でも、彼氏とのデートでも、旅行先でも。たしかに、ファインダーよりこの可動域が、この価格帯、このカメラには求められていると思われます。SONYもしっかりお客さんのことを考えております。ちなみにWifiついてるカメラで、スマホでアプリ落としてシャッター切っている人間を見たことがありません。。そんな機能より、液晶を回すのだ。それが正解。

やっとここでもうすぐ発売のα5100とα5000の比較

NewImage

SONYのα5000の商品トップページはなにか苦しかった。推す所がイマイチ見つからない。とりあえずNEX→α以降に伴い、入門枠を用意しましたという感じが溢れでておりました。しかし。地を固めてまいりました。iPhoneの容量がすぐに写真でいっぱいになってしまう。そんな女子におすすめ。

α5100はタッチ操作対応の背面液晶

NewImage

一年前くらいに、パナのTVCMで綾瀬はるかがタッチしてピント合わせて、スライドでぼかすみたいなんをやっていましたが、スライドでぼかせるかは知りませんがタッチでピント合わせはできるみたいです。スマホ操作に慣れきっている僕達には大変ありがたい機能です。僕のEOS Kissをかすと、皆さん液晶を無駄にタッチされます。ライブビューさえおまけほどの僕のカメラにそんな過度の期待を抱かれても困ります。カメラを持って、写真を取るときにファインダーを覗くのは、昔の方か、僕みたいに古いデジイチを持っている方ぐらいでしょうか。。僕らが欲しいファインダーはこのシリーズには付いていません。廉価機ではなく、不必要な方向けのカメラと言えます。α5000についてなかったのがよくわからん。

α6000にかなり近づいたAF性能。オソロシヤ

NewImage

うちのチャイ君はこんなに華麗にジャンプを決めてくれませんが、このAFを入門機に載せられると困っちゃいます。α6000の説明まで始めると、僕の中で迷路になって説明しきれませんのでざっくり省きますが、このオートフォーカスはやばいらしいです。まあとにかくすごいらしいです。α5100に、Otusつける人はいないと思いますので、センサー、レンズについで重要な要素と思われます。Canonの70D、NikonのD7100といい、APS-Cセンサーの最上級機が誇るのがAF性能。撮影を円滑に行う上で、もっとも重要な機能であることが、他社のラインナップより分析できます。めっちゃ早いらしいですよ。

α5100はセンサーと画像処理エンジンを更新

NewImage

どうかんがえても、いっぱい作ってコスト下げよう作戦ですね。自社ラインナップ内で優劣をつけるのではなく、共通化してコストダウン。ダメなコストダウンもありますが、α5100にとってはかなり嬉しいコストダウン。ミレーレス一眼で一番下位モデルなのに、センサーと画像処理エンジンに上位機種と大差ありません。。α6000の優位性はファインダーだけ?!

α5100シリーズはちょっとアクティブで、ちょっと写真にこだわりたい女子と、新人ママにおすすめ

NewImage

良いカメラです。先に行っときますが、SONYの回しものでは無く、一ファンです。ややこしい操作とか、絞りがどうだとか、彼女たちに説明するのは地獄です。入門機のはずのEOS Kissもなかなか女性には大きいでしょう。もっと小さく気軽じゃないと女子の心はつかめないみたいです。ほんとに、カメラ始めたい女の人におすすめの一眼を聞かれると即答できるカメラをSONYさんは作ってくれました。っていっても正当に進化してきたミレーレスですが。α5000でこれくらいしとけばもっともっと売れたと思います。画質、AF性能、この2つを抑えているので大丈夫でしょう。FUJIFILMの方が画質がいい!と聞こえてきそうですが、そんな違いは彼女たちには必要ないんだと思います。スマホみたいに使えて、画質がよくて、Selfyできれば十分。SONYの最大の欠点であるレンズラインナップの欠如も、彼女たちには関係ないのだ。世の中のα7シリーズを狙っている、もしくわ持っている旦那さん、お父さんは、嫁にこのカメラを買い与えましょう。すると、新しいレンズを買う時に、「このレンズは、そのカメラでも使えるから!」という呪文が唱えられます。

α5100 ILCE-5100は9月5日発売

そんな事よりスマホで自撮りしたい方はコチラww

参照・画像
α5100
α5100特設サイト