WordPressで記事ごとのURLをカテゴリ、記事名などにする方法

wordpress

 

気になって調べて解決したのでメモメモ。パーマリンクの設定です。

パーマリンクとは

別名:固定リンク

【英】Permalink

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。パーマリンク(Permalink)は、恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と「リンク」(link)が掛け合わされた造語である。

一般に、Webサイトへのリンクは各Webページを単位として設けられる。しかしページの内容が不断に更新されていけば、目的の記事を見つけることが困難になってしまう。また、アーカイブとして別ページに保存された古い記事は見つけることさえできなくなってしまう。パーマリンクは、Webページ単位ではなく個々の記事を単位として1対1にURLを割り当てる。これによって、記事さえWeb上に保存されていれば、どれだけ以前の記事でもリンクを辿って直接に到達することができる。同時に、個々の記事にたいしてトラックバックやコメントを与えることも可能となる。

IT用語辞典バイナリさんより 一部抜粋引用させて頂きました。

要するにシュッとしたURLですね。

WordPressのサイトでは、http://ドメイン/カテゴリ/記事名などに設定出来ます。

http://tobenaibuta.net/blog/wordpress-permalink/ ‎

上記はこの記事のURLです。ブログカテゴリーのWordpressのパーマリンクの話というのがパッとわかります。ちなみに参考にさせて頂いたパシのSEOブログさんのWordPressのパーマリンクはどの形がベストなのかでは、SEO(検索した時の優位など)的にはあんまり変わらないのではないか、とのことです。まあ僕も読んでるだけの時はUrlなんて気にしませんし、書く側の気持ちの問題でしょうか。でもリンクされた時とかは、しっかり設定してあるじゃん!的なプラス要因になりそうです。あとこの先SEOの基準がどうなるかわかりませんので、しっかり設定しておいて損は無さそうです。

以下設定方法です。

1ダッシュボードの設定画面からパーマリンク設定を開く

iPhoneの設定アプリで、ダウンロードしたアプリの設定もできるように、この設定からプラグインの設定などもできます。こちらがダッシュボードの設定。

setteiWP

 

カーソルを合わせるとプルダウンで他のメニューも出てくるのでそこからパーマリンク設定を選んでもいいです。

permlink1

 

2どのようなパーマリンクにするかを選ぶ

このような画面が開きます。設定前はデフォルトが選択されています。

permalink

標準で用意されているもので良ければ、そちらを選んで左下の青いボタンを押せば完了です。黒く塗りつぶしている所にはドメイン名が入ります。

  • ドメイン/投稿ID (最初はこの状態)
  • 日付/投稿名
  • 月/投稿名
  • 数字ベース
  • 投稿名

上記の5つが標準で用意されています。しかしこれではなく赤丸部分のカスタム構造で、玄人っぽくする。ではなくこれを考えましょう。

2.1自分のブログにはどれが適しているか考える

カスタム構造では、上記の5つ以外にたくさんの設定ができます。

  • %year% 投稿年
  • %monthnum% 投稿月
  • %day% 投稿日
  • %hour%  投稿時刻の時
  • %minute% 投稿時刻の分
  • %second% 投稿時刻の秒
  • %postname% 投稿タイトル(投稿スラッグ)
  • %post_id% 投稿ID
  • %category% カテゴリー名(カテゴリースラッグ)
  • %tag% タグ名(タグスラッグ)
  • %author% 著者名

これらを組み合わせてあなたのブログにあった設定ができます。

僕のブログの場合、あふれる程の趣味を紹介して行きたいので、カテゴリーが重要な要素になっていくと考えています。最新記事を読んでいる時に、とりあえずurlでカテゴリ判別出来れば、少しはわかりやすいかなと考えました。あとは記事名。これも分かりやすさ重視です。

例えばニュースを集めたブログを書いている場合、投稿年、投稿月、投稿日などが重要になってきます。昔、ビッグカメラオープンの記事を読んで、なんか安いのありそうだ!と行ってみたら普通の営業してて、よく見ると去年の記事だったという事がありました。完璧に僕の注意不足ですが。せっかく読んでくれてる読者の方に勘違いさせては申し訳ないので、ニュースサイトなどではパーマリンクが日付を表しているのもいいかなと。

また、複数の人間が更新している企業や飲食店では、著者名などが入っていてもいいかもしれません。板長おすすめの鮮魚!とかいう記事に、著者名が入っていると少しは印象が良くなるでしょう。

3カスタム構造に決めた値を入力する

permalink2

 

赤線部に入力していきましょう!もうすぐ完成!

2.1で記載したリストから必要な値をえらんで、スラッシュ/で区切っていきます。urlがスラッシュで区切らてますからね。僕の場合は

permalink3

 

となります。上で挙げた例で言うと。

ニュースサイト

/%year%/%monthnum%/%day%/

複数人により更新されるブログ

/%author%/%post_id%/

となります。これで記事を更新すると自動的に選んだ値がパーマリンクに反映されます。便利な世の中ですな。

4注意!カテゴリなどは日本語表記になるので、スラッグを設定

カテゴリや記事名は日本語が多いと思います。ですのでカテゴリや記事名にスラッグを設定します。例えば、この記事をスラッグ設定してないと

tobenaibuta.net/ブログ/Wordpressでパーマリンクをカテゴリ、記事名などにする方法/

となります。このままでもなかなかインパクトありますね。冒頭に引用したバイナリさんのパーマリンクは

http://www.sophia-it.com/content/パーマリンク

となってます。しかしこれを英字表記にすると

http://www.sophia-it.com/content/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

となが~くなっていまします。せっかく設定したのに、シュッとしていません。もったいないですね。ですので、予めカテゴリにスラッグを設定しておきます。

4.1カテゴリのスラッグ設定

permalink4

 

ダッシュボードの投稿からカテゴリを開きます。そこで新規追加する際、ここにスラッグを入力しましょう。名前はブログやカメラなど日本語にしておいて、スラッグをblogやcameraにしておくと、スラッグの方をパーマリンクにしてくれます。

4.2記事名のスラッグ設定

記事名は自動で英訳してくれるわけではないので、毎回記事更新する度に決めましょう。同じスラッグを設定しても、公開時に数字を振ってくれるので、重複することはありません。

permalink5

 

赤丸部分をおして編集します。あとは適当に英訳して記事名をまとめます。単語同士はスペースではなくハイフン-やアンダーバー_でつなぐようにしましょう。

完成!シュッとしたurlが出来ました。これから人のブログ見る時もチェックしてしまうでしょう。

僕が読んでる参考書です。まだあまり進んでませんが。。