多趣味のごちゃごちゃブログを始めて約半年の僕のブログアクセス解析

今年もよろしくお願いします。ざ・喪中なのでめでたくはない年明けです。新年早々昨年を振り返りたいと思います。僕がブログを始めたのが7月後半です。最初の記事を読み返すと恥ずかしいです。約5ヶ月で64記事書いてますので、月12記事ぐらいです。週3記事ぐらい。一時期は毎日かくぞ!!と意気込んでましたが、その重圧のせいでしょうもない記事を量産してもいけないので、このままのペースで記事の質を高めていくのが今年の目標とします。「カテゴリは絞る」という王道からはぐいぐい外れている当ブログが今後どうなっていけば良いのか可能な限り冷静に判断して行きます。

一番最初の記事
ヨドバシさんのRICOH GRのフォトレビューが面白い

スポンサードリンク



7月からの微増していく軌跡と多カテゴリブログとしての方向性

他のブロガーさんは「3ヶ月で◯万PV」とおっしゃってますが、人は人で僕は僕です。地道に頑張って参ります。

スクリーンショット 2014 01 02 14 44 28

丁度12月の後半に累計で1万PVを超えている模様です。PVはあまり意識していないですが、一人当たりPVは気になる所です。
、一人当たりPVが多く滞在時間が長いサイトの方がGoogleの評価が高いらしいです。ここでこのブログの問題点とぶち当たります。多趣味で調べるのが好きな僕が、調べたことを記事にしていると、一貫性がない多カテゴリブログになります。現在でもカテゴリ16個!!どうしても”広く浅く”では、一人当たりPVを上げるのは難しいです。そこを、ブログのカスタマイズでなんとかしていきたいと思っております。まだ全然触れていませんが。そして+αで豚臭い感じも出せたらなと思っております。

スクリーンショット 2014 01 02 15 08 56

2013年は一人当たりPVが1.53。平均滞在時間が1:02。PVがコールオブデューティのキルレと一緒なのが気になる所ですが。少しづつじわじわ平均が上がっていくと嬉しいなと思います。それぞれのカテゴリの記事をためて、整理して、見やすくして行きます。

参考記事:アドセンスのスマホ対応で収益が205.8%UPした要因と3つの対策

検索からの流入が多いと安心感がある今日このごろ

スクリーンショット 2014 01 02 14 58 30

検索からの流入が多いということは、Google的には「価値ある」と言ってくれてる気がします。急に機嫌が悪くなると大変困りますが。
一番上の年間のアクセス数の波を見てると2つ波があります。一つは「NikonDF」の波。僕がまあまあ早く記事にしたのと、「Nikon」と「Df」の間にスペースがあるかないかで、検索結果が違っていた超最初の方に、僕の記事が検索2位となっておりまあまあ流入がありました。僕はスペース抜きでした。ただの間違い。この混乱に乗じた騒ぎでは対しいて伸びず、時が経てばアクセスは元に戻って行きました。そして次は、「楽天でんわ」の波。これは今月なので下の写真の12月の頭らへんの挙動がそれです。まとめサービスにまとめられてそこからの流入。ぐいぐい伸びました。自己最多訪問者数も更新。その後、まとめからの流入は今でもありますが、何故か検索からのアクセスが増えて、「思い当たるフシが無いのにアクセス好調!」という嬉しい状況が続いております。検索から来てくれて、読んでくれている。年末年始はだいたい1日100人前後で落ち着いてます。趣味ブログなので、みんな正月暇なので読んで頂けてるのかもしれませんね。

スクリーンショット 2014 01 02 14 39 04

今年もじっくり書いていくのでよろしくお願いします

そんなこんなでいろんなカテゴリの事を記事にしていきますが、もし面白かったらまたよんでやって下さい。
Feedlyで購読とかしてくれると助かります。

follow us in feedly

コチラはFeedlyの設定方法を書いたFeedlyの記事です。

[おまけ]2013年1番頑張って勉強した本

鬼初心者の僕でも、こつこつやってほんの〜りWordPressの面白みが分かってきました。次はもっとかりかりコード書くような参考書をゲットしてカキカキします。書籍版持ってたらKindle版安くなるシステムないのかな?

WordPressでAmazonの商品プレビューをテキストリンクにマウスオーバーで表示させる方法

amazonのアフィリエイトで、文章中にリンクを埋め込むタイプがあり、本文末にまとめて表示するより文中にあったほうが有効らしいです。でも僕はリンクがありそうなカラーで思わずクリックして、アフィリエイトかい!!とつっこまれそうでちょっとびびってました。そこでこんなのがベータ版でAmazonから提供されているので試してみました。簡単に出来たのでどうぞ皆様も試してくださいなー。

スポンサードリンク



作業手順

  1. amazonからコードを取得
  2. コードはcontent.phpにペースト

至って簡単です。でも簡単に行き過ぎてあんまり自信ないので、間違ってたらびしびし指摘して下さい!

amazonからコードを取得

Link2

まずはAmazonアソシエイトのトップページというか報酬とか見れるページへ行きましょう。ちなみに僕はこの前初報酬でした。うれぴwありがとうございます!そしてメニューバーのプルダウンから商品リンクらへんのページへ移動します。こっからリンク作ってる人はすくないでしょうが。

Preview link

するとサイドバーに商品プレビュー(ベータ版)という欄があるのでクリック。僕は今、Amazonに猛烈にCall of Duty Ghostsを勧められています。買いそうです。耐えてますw

Copy the code

するとコードが出てきます。JavaScriptうんたらかんたらです。こいつをコピーしちゃいましょう。こんだけであの処理が出来てしまう意味がわからない僕は、まだまだですw

コードはcontent.phpにペースト

このコードは書いたところになにか表示する訳ではなく、「こうしたらこれ表示してね」っていう命令文てきなものかと思われます。ですのでどこでもよさそうですwでもbodyタグの一番終わりに挿入してねっというamazonからの伝令。Wordpressでは個別記事のbodyタグ内はいちいちcontent.phpによって書きだされてるはずです。

Content iti

この辺かなーと思います。僕はその一個上の文に挿入してますが、うまく行ってます。ちなみにその前にadsenseコードを貼ることにより、自動で個別記事下のadsenseも挿入されてます。

スクリーンショット 2013 11 08 12 52 29

こんな表示されているはずです。何ページか自分のページをチェックしてみて下さい。

参考書籍

wordpressのテンプレートタグが何をしているのか、だいたい分かるようになってきました。プラグインは遅くなるっていう固定概念から頑張って自作している私です。下記の書籍はわかりやすいです。まあまだまだわからない事だらけですが勉強勉強。

WordPress公式テーマTwenty Twelveの改造 Google Adsenseのレクタングル大をサイドウィジェットエリアに表示する。

ほんとうは噂のStinger3を導入して、どんな感じなのか分析したかったのですが、僕の環境ではプラグインが競合してるのかfunction.phpの不具合が多いので断念しました。デフォルトのTwenty Twelveを改造していって、Wordpressを学びつつオリジナルテーマ作成まで進みたいと思っておりまする。ちなみにtwenty twelveなどのオリジナルテーマは、Wordpressアップデートの際に、一緒にバージョンアップされることが多いので、子テーマでの改造をおすすめします。

in44yさんのサイトを参考にして、最後にちょっと追加しています。

NewImage

Race engine / darren_curtis

スポンサードリンク




Google Adsenseのレクタングル大

Google Adsenseでは、勝手に広告枠の形を変えるのは規約違反となります。そこで与えられているサイズの中から選んで配置することになります。子テーマ内のstyle.cssに下記コードを追加して、上書きする形で編集します。

@media screen and (min-width: 600px) {
		.site {
		margin: 0 auto;
		/*max-width: 960px;*/
		/*max-width: 68.571428571rem;*/
		max-width: 1000px;
		overflow: hidden;
	}
	.site-content {
		float: left;
		/*width:65.104166667%; /*625px*/
		width: 62.5%;
	}
	body.template-front-page .site-content,
	body.single-attachment .site-content,
	body.full-width .site-content {
		width: 100%;
	}
	.widget-area {
		float: right;
 		/* width:31.25%; /*width 300px; */ 
 		width: 33.6%; /*width 336px*/
	 }
	 .widget-text {
		 width: 366px;
	 }
}

こちらがデフォルトのtwenty twelveのサイズです。in44yさんからお借りしてます。

NewImage

全体の幅を変更

サイト全体のクラスですので、こちらを960pxから1000pxに変更します

.site {
		margin: 0 auto;
		/*max-width: 960px;*/
		/*max-width: 68.571428571rem;*/
		max-width: 1000px;
		overflow: hidden;
	}

メインの幅、ウィジェットの幅を変更

.site-contentと.wigdet-areaでメインカラムの幅と、サイドバーの幅を指定し直します。

.site-content {
		float: left;
		/*width:65.104166667%; /*625px*/
		width: 62.5%;
	}
	body.template-front-page .site-content,
	body.single-attachment .site-content,
	body.full-width .site-content {
		width: 100%;
	}
	.widget-area {
		float: right;
 		/* width:31.25%; /*width 300px; */ 
 		width: 33.6%; /*width 336px*/
	 }

ウィジェットの幅を指定

ここまでは、in44yさんのやり方でよかったのですが、ウィジェット自体の幅がデフォルトでは250のままでしたので、ここをサイド指定しておきます。

.widget-text {
		 width: 366px;
	 }

これでレクタングル大がちゃんと表示されました。

参照:in44y WordPress TwentyTwelveテーマ「Google AdSense」ビッグバナー、レクタングル(大)を配置する方法

WordPressの写真はFlickrで管理してしまえい!

Ricoh GRを買ってからのこのブログの運用を考えると、写真をWordPress純正のメディアアップローダーで管理するのはどうかなと思ってます。妄想です。

2年前に上げた写真がFlickrに残ってた。

ブログに使う写真だけでなく、その他に撮った写真もFlickrに上げとけば写真だけ見たい方にはいいかなーと。ちょっと使って見た感じでは、この記事みたいにキャプチャとるだけなら、わざわざFlickr使う必要はないです。でも、せっかく買った一眼レフや高級コンデジ、最新スマホの写真を載せるなら、クリックしてオリジナル表示されるこのプラグインは優秀だと思います。

結構手間かかりますが以下行ってみましょう!

 FlickrでWordPressの写真を管理する方法

  1. WordPressのプラグインwp-flickr-press】をインストール
  2. Flickr.comでAPIを入手
  3. APIKeyをWordPressプラグインに入力
  4. CallbackURLをFlickrに登録して完了

WordPressのプラグインwp-flickr-press】をインストール

早速行きましょう!ちなみにプラグインインストールは、WordPressカスタマイズの超基本です。完成車ロードバイクを買ってから、ペダル買って、サイコン買って、ライト買って、ホイール換えてみたいな感じで、ブログをどんどん自分好みにカスタマイズできます。ロードバイクで言うと。わかりにくくてすいません。ロードと違うのは、パーツ(プラグイン)やコンポ(テーマ)まで自作出来てしまう所でしょう。なんて奥が深いんだ。テクノロジーが進んで個人でついて行けなくなる前に、楽しんでおきましょう!

WP-toolbar-pluginサイドバーのプラグインをクリック。

WP-plugin-newそして新規追加をクリック

WP-plugin-searchwp-flickr-pressとここに入力

WP-Flickr一番上に出てくるはずなので、インストールをクリック(僕の場合既にインストールしてるのでインストール済みとでます。。)すぐに有効化もクリックしてください。

WP-Flickrインストール完了です!サイドバーの設定の所に出てきているはずです。

ひとまず一服しましょう。風立ちぬの喫煙が物議をかもしてますね。僕は茂木さんの意見に賛成。

Flickr.comでAPIを入手

WordPressの方は設定を開いてとりあえず置いときます。

Flickr.comにアクセスします。Flickrはアカウント持ってる方はサインインして、持ってない方は新しく作りましょう!

注:Yahoo!アカウントは、アメリカのYahooなので、日本のアカウントは使えません。GoogleかFacebookのアカウントを使って、アカウントを作りましょう。

めっちゃ英語ですね〜。Flickrの使い方はnanapiさんに聞いて下さい。社長のブログが面白いです。

nanapi Flickrの使い方ガイド

それでは早速APIをとりにかかりましょう。新しいアプリを作って、それで連携させる形となる為、アプリを作ります。

WP-Flickr

メニューバーのExploreにカーソルを合わせ、App Gardenをクリック。

WP-Flickr

そしてCreate New Appをクリック

WP-Flickr

するとAPIとで出来ましたので、そいつが怪しいのでRequest an API Keyをクリック。

WP-Flickr

そのアプリで金を稼ぐのか?と聞かれます。アプリを売ったりしないので左の方を選択。

WP-Flickr

いろいろ入力していきます。

  1. アプリの名前を入力します。なんでもいいですが、分かりやすいWPBlogとかでいいと思います。
  2. 説明です。「ブログの写真を管理するため」とか書いといて下さい。
  3. 4.なんか規約に同意しろ的なやつです。チェックしときましょう!

Submitをクリックして完了!

WP-Flickr

出てきたよーAPI!赤枠で囲ってる所が重要です。写真はテストで作ったkeyですので、みなさんの作ったものを使用して下さい。とりあえずこれもタブ開いたままにして、放置。心配性の方はEvernoteにでも保存しときましょう。

はあ。英語久しぶりなので疲れる。androidアプリもないし、Flickrやる気ないな。。

APIKeyをWordPressプラグインに入力

WP-Flickr

 

上の赤枠がKey。下がSecretの値をコピペして入力。良い感じだ。ここまで来れば後は楽勝!と思いきや、CallbackURLとやらをFlickr.comの方に登録しなくてはなりません。次行きましょう!

CallbackURLをFlickrに登録して完了

WP-Flickr

さっきAPIを入力したページの、シークレットの下にコールバックURLとかいて何かリンクがあります。これをコピーします。

そしてFlickr.comに戻ります。

WP-Flickr

APIの画面はもういーらないので、一旦ホームへもどり、最初のトップメニューからApp Gardenにアクセス!

WP-Flickr

そして、右にあるYour AppsからApps By Youをクリック

WP-Flickr

上でいうtestという所に、先ほどあなたが入力したAppの名前が書いてあると思います。そこをクリック

WP-Flickr

右のAdminという所にEditがあるのでクリック

WP-Flickr

CallbackURLを入力する所があります!ここにさっきプラグインの設定画面でコピーしたものを貼り付けます。

WP-Flickr

入力できたら、SAVE CHANGEしましょう!これで英語のFlickrとはお別れです。Uploadとかは簡単に出来るので、ややこしい設定とはおさらば。ふー。

OAuthトークンとやらを更新しましょう。

WP-Flickr

赤丸の所をクリック!処理が終わるとFlickrのUserIDとUsernameとTokenが表示されると思います。完成です!プラグインも下の方まで行ってしっかり更新しときましょう!

WP-Flickr

記事の投稿画面に、青丸赤丸マークができています!!成功!!この確認の瞬間は、ギターのエフェクターを、図面見ながら右往左往しながら組み上げて、最初に音出しテストする瞬間に似てますね。わかりにくくてすいません。

WP-FlickrクリックするとFlickrにUpした写真が選べます!

Macだと画像ファイルを選択して、右クリックでFlickrに共有できるので、超絶便利です。2年前に作ったFlickrアカウントをやっと活用して行こうと思います。このプラグインの設定方法や、詳しい使い方は使い込んでからまた記事にします。GR欲しい。

Eye-Fi使って更に便利になりそうですな。

WordPressで記事ごとのURLをカテゴリ、記事名などにする方法

wordpress

 

気になって調べて解決したのでメモメモ。パーマリンクの設定です。

パーマリンクとは

別名:固定リンク

【英】Permalink

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。パーマリンク(Permalink)は、恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と「リンク」(link)が掛け合わされた造語である。

一般に、Webサイトへのリンクは各Webページを単位として設けられる。しかしページの内容が不断に更新されていけば、目的の記事を見つけることが困難になってしまう。また、アーカイブとして別ページに保存された古い記事は見つけることさえできなくなってしまう。パーマリンクは、Webページ単位ではなく個々の記事を単位として1対1にURLを割り当てる。これによって、記事さえWeb上に保存されていれば、どれだけ以前の記事でもリンクを辿って直接に到達することができる。同時に、個々の記事にたいしてトラックバックやコメントを与えることも可能となる。

IT用語辞典バイナリさんより 一部抜粋引用させて頂きました。

要するにシュッとしたURLですね。

WordPressのサイトでは、http://ドメイン/カテゴリ/記事名などに設定出来ます。

http://tobenaibuta.net/blog/wordpress-permalink/ ‎

上記はこの記事のURLです。ブログカテゴリーのWordpressのパーマリンクの話というのがパッとわかります。ちなみに参考にさせて頂いたパシのSEOブログさんのWordPressのパーマリンクはどの形がベストなのかでは、SEO(検索した時の優位など)的にはあんまり変わらないのではないか、とのことです。まあ僕も読んでるだけの時はUrlなんて気にしませんし、書く側の気持ちの問題でしょうか。でもリンクされた時とかは、しっかり設定してあるじゃん!的なプラス要因になりそうです。あとこの先SEOの基準がどうなるかわかりませんので、しっかり設定しておいて損は無さそうです。

以下設定方法です。

1ダッシュボードの設定画面からパーマリンク設定を開く

iPhoneの設定アプリで、ダウンロードしたアプリの設定もできるように、この設定からプラグインの設定などもできます。こちらがダッシュボードの設定。

setteiWP

 

カーソルを合わせるとプルダウンで他のメニューも出てくるのでそこからパーマリンク設定を選んでもいいです。

permlink1

 

2どのようなパーマリンクにするかを選ぶ

このような画面が開きます。設定前はデフォルトが選択されています。

permalink

標準で用意されているもので良ければ、そちらを選んで左下の青いボタンを押せば完了です。黒く塗りつぶしている所にはドメイン名が入ります。

  • ドメイン/投稿ID (最初はこの状態)
  • 日付/投稿名
  • 月/投稿名
  • 数字ベース
  • 投稿名

上記の5つが標準で用意されています。しかしこれではなく赤丸部分のカスタム構造で、玄人っぽくする。ではなくこれを考えましょう。

2.1自分のブログにはどれが適しているか考える

カスタム構造では、上記の5つ以外にたくさんの設定ができます。

  • %year% 投稿年
  • %monthnum% 投稿月
  • %day% 投稿日
  • %hour%  投稿時刻の時
  • %minute% 投稿時刻の分
  • %second% 投稿時刻の秒
  • %postname% 投稿タイトル(投稿スラッグ)
  • %post_id% 投稿ID
  • %category% カテゴリー名(カテゴリースラッグ)
  • %tag% タグ名(タグスラッグ)
  • %author% 著者名

これらを組み合わせてあなたのブログにあった設定ができます。

僕のブログの場合、あふれる程の趣味を紹介して行きたいので、カテゴリーが重要な要素になっていくと考えています。最新記事を読んでいる時に、とりあえずurlでカテゴリ判別出来れば、少しはわかりやすいかなと考えました。あとは記事名。これも分かりやすさ重視です。

例えばニュースを集めたブログを書いている場合、投稿年、投稿月、投稿日などが重要になってきます。昔、ビッグカメラオープンの記事を読んで、なんか安いのありそうだ!と行ってみたら普通の営業してて、よく見ると去年の記事だったという事がありました。完璧に僕の注意不足ですが。せっかく読んでくれてる読者の方に勘違いさせては申し訳ないので、ニュースサイトなどではパーマリンクが日付を表しているのもいいかなと。

また、複数の人間が更新している企業や飲食店では、著者名などが入っていてもいいかもしれません。板長おすすめの鮮魚!とかいう記事に、著者名が入っていると少しは印象が良くなるでしょう。

3カスタム構造に決めた値を入力する

permalink2

 

赤線部に入力していきましょう!もうすぐ完成!

2.1で記載したリストから必要な値をえらんで、スラッシュ/で区切っていきます。urlがスラッシュで区切らてますからね。僕の場合は

permalink3

 

となります。上で挙げた例で言うと。

ニュースサイト

/%year%/%monthnum%/%day%/

複数人により更新されるブログ

/%author%/%post_id%/

となります。これで記事を更新すると自動的に選んだ値がパーマリンクに反映されます。便利な世の中ですな。

4注意!カテゴリなどは日本語表記になるので、スラッグを設定

カテゴリや記事名は日本語が多いと思います。ですのでカテゴリや記事名にスラッグを設定します。例えば、この記事をスラッグ設定してないと

tobenaibuta.net/ブログ/Wordpressでパーマリンクをカテゴリ、記事名などにする方法/

となります。このままでもなかなかインパクトありますね。冒頭に引用したバイナリさんのパーマリンクは

http://www.sophia-it.com/content/パーマリンク

となってます。しかしこれを英字表記にすると

http://www.sophia-it.com/content/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

となが~くなっていまします。せっかく設定したのに、シュッとしていません。もったいないですね。ですので、予めカテゴリにスラッグを設定しておきます。

4.1カテゴリのスラッグ設定

permalink4

 

ダッシュボードの投稿からカテゴリを開きます。そこで新規追加する際、ここにスラッグを入力しましょう。名前はブログやカメラなど日本語にしておいて、スラッグをblogやcameraにしておくと、スラッグの方をパーマリンクにしてくれます。

4.2記事名のスラッグ設定

記事名は自動で英訳してくれるわけではないので、毎回記事更新する度に決めましょう。同じスラッグを設定しても、公開時に数字を振ってくれるので、重複することはありません。

permalink5

 

赤丸部分をおして編集します。あとは適当に英訳して記事名をまとめます。単語同士はスペースではなくハイフン-やアンダーバー_でつなぐようにしましょう。

完成!シュッとしたurlが出来ました。これから人のブログ見る時もチェックしてしまうでしょう。

僕が読んでる参考書です。まだあまり進んでませんが。。