「異法人」山本松季作 第9話殺意の廣治、狂気の加藤、裁くハンムラビ! 

今週号はざわざわってしました。山本さんの絵は目の描き方の使い分けが怖いですな。

thumb_16443_news_n_large

第9話までのあらすじ

律のまわりで起こる事件に、律がどう対応するのか。今までなら何もせず見過ごしていたかもしれない事に、ハンムラビの影響でどうにかできないかと考える。そしてハンムラビがズバッと決めるwそんな流れで進んでます。最近は急展開でなかなか読み応えがあります。では以下ネタバレ含みつつあらすじを書きます。

教師

さくっと紹介。主人公、青南律が通う高校の教師が、事故と見せかけて生徒に怪我を負わすという事件が起きる。だれも教師の仕業とは思わず、事故で片付けられそうになっていた。偶然、事件当夜に居合わせた律が、教師と事件現場付近で遭遇していた為、教師に疑いをもつ。真相を確かめるべく教師に近づく律が、教師にはめられピンチに陥る。そこでハンムラビ登場。骨折を生徒に負わせた教師に、骨折という罰を与えた。

レビュー

疑いを持った律に、ハンムラビは「決めつけてはならない。」と諭します。疑う事は、それなりの責任を負う行動だと言うことを教わり、その責任を負う覚悟を持ち教師に近づきますが、力のない律は教師に追い詰められます。そこでハンムラビは自らの法を持って教師を裁きました。

律が、ハンムラビに相談しつつ、悪に立ち向かうが力及ばず。そして異法人登場と。コンビニの店長的には、疑うという心は常に持ってます。タバコ買うお客さんが未成年かどうか、でかいトートバッグをもったお客さんが万引きしないか、バイトが金をちょろまかしてないか、などなど。確かに責任はついてきます。身分証明書見せてください!の一言でも若くみえる30代の方にはめちゃくちゃ失礼です。。バイトに金のことを聞くのとかは、まじで両方心苦しいことですし。現実としては、タバコ売るか売らないかの判断は僕らが判断、万引き・窃盗は警察が裁きます。そこまでの過程でうやむやになるものも多々あると思います。警察が出てきても証拠など裁くまでには遠い道のりが。。そんな現代社会をスパっと切り裂く異法人!この異法人が絡む事によりどうなっていくのか楽しみです。

殺人鬼、加藤

近所の友人、水町廣治。水町の家は小さな商売をしている。そして昔そこで雇っていたのが加藤。複雑な過去を持ち、心を閉ざし気味の加藤だったが、仕事はよくこなしていた。しかしある日、加藤が会社の金に手をつけてしまう。そして逮捕、服役を終え出てきて、水町の家に挨拶にくる。一度会社に対し罪を犯したが、許しを乞う加藤に父は再度働くことを許す。加藤は、水町の父を本当の父のように思い、その思いが強くなりすぎた。より強く自分を見てほしいと思うあまり、加藤は、水町の母を殺してしまう。廣治は一度信じた加藤に絶望を味わされる。そして現代の法では、10年弱の刑期でまたこの世に戻ってくることを、廣治はどうしても許せずにいた。そんな時、脱走していた加藤が廣治の目の前に現れてしまう。殺意に支配された廣治は、加藤を殺そうとするが出来なかった。そこに現れたハンムラビが死をもって加藤を裁く。

レビュー

結構無茶のある展開で進んでいったので連載終わっちまうのか?と思いましたが、そんな事は無さそうです。セリフはめちゃくちゃ少ないです。律は母が殺された廣治に対し、どう接していいかハンブラビに相談するのですが、さすが王、いいアドバイスを与えます。感情は親兄弟でも全く同じ量を感じるのは不可能だと。今は廣治の側で、あらぬ方向へ行くのを止めろとアドバイスします。王である私にそれは出来ないとも言います。なんかこの漫画はすごい現代の法律に付いて訴えてますね。

そして今号でそこに脱走してきた加藤と遭遇。ちょっと無茶展開ですが。加藤に廣治は逆に殺されそうになるんですが、そこでの「これでも俺が間違ってるっていうのか?!」とかは自分がそうなったらそう思うと安易に想像できそうです。しかしストーリーとしてそこまで酷い仕打ちにあっていたのが分かり、深く同情しますね。てもその思いをどこかへやる方法は現代には無いですよね。ドラマとかなら時間が解決するといいますが、どう考えてもすごいトラウマです。

殺人=死刑とか、それが良いか悪いかなど、その方向でこの漫画が進まれると議題が重すぎる。。でもハンムラビが加藤の首をスパっと切り裂くのを見開き4ページ分で描いてあるんですが、かなりインパクトありますし、そういう急展開が面白かったりします。加藤が死ぬ間際に廣治に対し言いかけた一言は、なんだったのか気になります。恐らく、廣治の殺意をマックスまで引き上げる一言を言いかけたので、ハンムラビが一言も言えないように、首をスパっとやったのだと思っています。

まとまらない長文ひどい。この後、どういった事件が起こるんだろう。初回のひったくりと合わせて3つ目の事件で殺人だと、次どうなるか気になります。楽しんで待てる漫画が増えました。

11/8追記 異法人コミック第1巻11/22発売です。

画像:モアイよりhttp://morning.moae.jp/news/261

山本松季作 『異法人』 漫画新連載レビュー週刊モーニング

コンビニの店長を始めてから、週刊誌を結構チェックします。あと友人に漫画家めざして頑張っているヤシもいるので、よくチェックします。漫画は最初から読まないと気が済まない人ですので新連載は毎回読むようにしてます。忙しくて読めない時もありますが。もしおもろい漫画をお探しの方がおられれば参考になればうれぴーです。あくまで個人の主観です。

山本松季作 異法人

thumb_16443_news_n_large

一番好きな週刊誌です。週刊モーニング。8割の漫画は読んでます。バガボンドの面白さがやばい。今週始まったのは、山本松季さんという新人の方の連載開始みたいです。第57回ちばてつや賞大賞受賞作『氷の花』や、短期集中連載『ファーランデブー』を今まで発表してます。僕はどちらも読んでませんが。

第一話はどの漫画も気合が入ってるので読み応えがあるものです。『異法人』だと210ページのコマ割りがインパクト満点で、そこからぐっと話に引き込まれます。絵はドラゴン桜の三田紀房と手塚治虫を混ぜたような感じです。ちょうど次に三田紀房の『インベスターZ』が始まりちょっと混乱しました。ドラゴン桜が嫌いなので、『インベスターZ』は読んでません。w

以下ネタバレ注意

あらすじ

主人公は冴えないのび太くん風の高校生、青南律(アオナリツ)。「見て見ぬふりはしない」という正義感は持つものの、実際にはビビリでクラスのヤンキーにはパシられている。アオナが何故か現代に現れた古代バビロニアの王ハンムラビと、ドラえもん的きっかけで出会います。「見て見ぬふりはしない」という自分の法を持つアオナと協力し、現代世界を、ハンムラビの法のもとに救おうと言う話です。ここからどう面白くなるんでしょう。一瞬『テルマエ・ロマエ』風のギャグ路線かとおもいきや、真面目路線で行きそうです。ハンムラビといえば「目には目を歯には歯を」ですね。wikiに面白い記述発見!

「目には目で、歯には歯で(タリオの法)」

目には目で、歯には歯で」との記述は、ハンムラビ法典196・197条にあるとされる(旧約聖書、新約聖書の各福音書にも同様の記述がある)。しばしば「目には目を、歯には歯を」と訳されるが、この条文の目的は同害報復を要請するものではなく、無限な報復を禁じて同害報復までに限度を設定することであるので、誤りである。195条に子がその父を打ったときは、その手を切られる、205条に奴隷が自由民の頬をなぐれば耳を切り取られるといった条項もあり、「目には目を」が成立するのはあくまで対等な身分同士の者だけであった。

誤用というやつでしょうか。でも広く認知されてるのは『を』の方ですので、細かい事はきにしないwこういう展開はコードギアスとかにも近い気がしますがどうなっていくんでしょうか。僕はいつも5話ぐらいまで読んで面白くないと辞めちゃいます。しばらく読んでまたレビューします。

追記11/8 11/22異法人コミック第1巻発売です。

『ジパング 深蒼海流』が面白くなって来ましたね。

ジパングの電子書籍はこちら