ヤフー!の無料化は自然なながれ

画像:Internet Watchより

ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」出店料など無料化、ヤフーがEC事業改革

孫さんがまた禿げ進んでます。この話題はさんざ語られているのであきあきかもしれませんが、思った事があるので書きます。
スポンサードリンク



孫ヤフー会長、三木谷氏の楽天に対抗、出店料無料化-株価下落

一番被害額が大きいのは楽天だと思います。もちろんその他ウェブショッピングモールの方も。株価も下がってるらしいです。株の下がり具合とかあんまりわからん。

画像:【緊急速報】楽天の株価がヤバイと話題にッ!?原因はやはりyahooか!?

勝手に分析

ここで当たり前のことでわかってるよ!と言われそうですが、何故楽天の株価が下がったか勝手に分析します。

競合だから

競合サイトだからです。といえば簡単ですが今までは、新規にWebで出店するには、とりあえず一番でかい楽天だ!と言う事業主の方も多かったと思います。脱サラして輸入雑貨屋はじめるぜ!みたいな人たちが、退職金や今までの貯金をつぎ込んで新店舗を楽天市場に出店していました。が、Yahoo!Japan無料やしとりあえずこっちではじめようって人が、多くなります。。安いに越した事はない。

ビジネスモデルの違い

楽天とYahoo!Japanじゃビジネスモデルが違います。楽天市場が出店手数料などで稼いでるのに対し、Yahoo!Japanはポータルサイトですので、がんがん広告宣伝で稼いでる会社です。もちろん今までは出店料なども重要な収益源だったのでしょうが時代は変わるみたいです。Yahoo!ショッピングは広告での収益モデルに変える事ができる!という事でしょう。短期的にみて収益悪化は逃れられないので、Yahoo!Japanの株価も下がってるみたいですが。ちなみにAmazonも自社での販売がありますので、少し収益源が違います。

無料にした理由は開発費の低下だと思う

これが言いたかったんですが。孫さんやらかしやがった!とか、不毛な価格競争が始まったとか言うてる方がたくさんおられてるが違うと思います。もうウェブショッピングモールの開発費が下がりまくってるからだと思います。何個有るねーんと言うぐらいあります。はじめに作るにはホント大変だと思いますが、ある程度形をまねて、コンセプトだけ変えると、ある一定の製作費をかければもうできちゃう時代なんだと思います。開発費がかからなくなったんですよね。開発と製作は別です。そうなると、今現在の大手ウェブショッピングモールは、今までのいいとこどり+αで爆裂的に(ソシャゲのパズドラみたいに)売れ上がってくるモールの登場をひやひやまたなくてはなりません。LINEが参入してくるという話もありますし、ある程度ユーザー数が増えればショッピングモールつけちゃえよというのがソーシャルのトレンドだったりします。

またECサイト自体の開発費の低下も原因だと思います。おちゃのこネットなどの低価格サービスもあります。WordPressのテーマでもECサイト用のはゴロゴロあります。昔は大変だったんでしょうが。ちょっとPCが好きな店主とかだと自分でやっちゃいそうです。

上記2つの理由により、競合が無限に増え続ける訳です。超絶つよいyahoo.co.jpドメインを持ってしても、先が思いやられる訳です。

大手しかできない絨毯爆撃

むかーしむかしfladdictさんが、作ったiOSカメラアプリのパクリが出まくってきた時に、本家である自分のアプリを無料で広告収益に切り替えると、そのジャンルを死滅できる!!的なエントリーを書いておられた気がします。探したけど探せなかったです。それに似てるものだと思います。AmazonのKindleも似ている戦略です。

現在、楽天、Amazonと大手EC三社に含まれるYahoo!Japanが、これから大手2社に追いつきつつ、他の追随を許さない戦略としては、この無料化がベストだったんだろうと。ってかこれが資本主義の本来のあるべき姿だと思いますが。いるかいらんかようわからん新機能つけて差別化!ではなくシンプルに価格で差別化を図った訳ですね。

この先どうなるのか

ヤフオク!とYahoo!ショッピングが無料になると将来どうなるのかと。Android版ヤフオク!アプリダウンロードしたら、出品料無料!かなんか特典があった気がするから、こうなることの予兆だったのかなと思います。こっからは僕のただの妄想なので信用しないで下さいw

ECサイト制作の人はピンチ!

ECサイト制作は結構ページ数も多いし、会員情報のセキュリティだったり、買い物カゴ、ポイントシステムなど、いくら開発費が下がったとは言え、一般的なホームページなんかよりよっぽど制作はややこしい。未だに、ご注文は問い合わせフォームからなんてサイトもごろごろあるし。それらのサイトを制作していた会社はかなーりピンチだと思います。たとえば、御社HP+ECサイト+SEOのセットで◯◯万円!みたいな、作りっぱなし売りっぱなしのWeb会社はやばいと思う。僕の通勤路に、でっかい暖簾にWebデザイン承ります!みたいな会社ありますが、コワイwこれらに頼んでた人は、すっとYahoo!で出店しちゃうと思います。なんせただだしね。Yahoo!はどこまでその敷居を下げれるか、無料でも訳分からないので自主サイトって人はたくさんいると思います。

コンサル系Web制作の人はチャンス?

Web制作自体は外注で、その後の運営がうちの商売ですぜ!って人には、長期的に見てチャンスだと思います。もちろん実績含め結果出てる所限定ですが。まず間違いなくYahoo!ショッピングは、SHOPの乱立が起きます。僕も繁殖した魚売ろうかなと企んでますwそうなると、楽天の検索よりは使いやすいヤフオク!でもあんだけ探すの大変ですから、今後はほんとカオスになると思われます。そうなると自社のドメインで地道にしっかりやってるサイト、ちゃんと横にプロが付き添って運営されてるECサイトは、強くなるんじゃないでしょうか。結果的に、残念なECサイトは淘汰されていくと思われます。

Yahoo!Japanは数の強さを持つ

もともと持ってるんですが、ますます強くなるでしょう。SoftBankは売上世界第3位の馬鹿でかい会社ですし、数のメリットを活かして今後ぶんぶんと市場を牽引していくと思います。SoftBankに関しても、「Google様はいいました「日本はスマホの超後進国」。このままでは世界に取り残されると思う政治家に読んで欲しい」、で指摘されているスマホ契約時のパケ代の高さなど、がががっと改革してくるんじゃないかなと僕は思っています。今の月賦販売もSoftBankが始めた気がするけど。珍しくiPhone発売時だんまりだったので、今年はいろいろ仕掛けてくるか、引退か。

考察系の記事はまとめるの難しいですね。勉強勉強。。