ブロガー必須サービス?!fladdict さんもおすすめ!ソーシャルへの投稿を制御してくれるWebサービスbuffer。

すでに知ってる方も多いと思いますが、bufferを改めて紹介。SNSへの投稿を制御するwebサービスです。bufferはさまざまなアプリとも連携しているので、使い勝手は最高ですが、日本語対応してないという難点が。。しかし簡単な時間指定投稿などは、英語が分からなくても出来るようになってますので使い方を紹介していきます。去年の話ですが、アルファブロガーのfladdictさんがおすすめされていて、その時からちょいちょい使っていました。そしてブログを始めてからはフル活用しています。fladdictさんがブログ書くと、bufferの中の人からお礼コメントが付くとは。恐るべき影響力w

参考リンク

ソーシャルネットワークへの投稿をスケジューリングするBuffer、β段階から好調のBuffer for Businessを正式リリース

仕事でtwitter使う人には、Bufferというサービスは必須かもしれない fladdictさん

スポンサードリンク



bufferのサービスはいったいどういうものなのか

NewImage

最近スタートしたビジネスプランは有料で、複数人での管理、分析機能の強化などがされているらしいのですが、基本的な機能は無料で使うことができます。大きな特徴としては、SNSへの投稿を制御する機能と、投稿のリツイート数、リンクのクリック数などを分析する機能を持っています。これはtwitterだけ、これはGoogle+だけなど、どのSNSへ投稿するかの制御なども簡単にできます。そしてその投稿が何度リツイートされたか、何人にお気に入り登録されたかなどを管理することもできます。一つ一つ説明して行きます。

いつ、どのSNSへ投稿するか決める制御する

とりあえずいかに簡単に制御できるか、その方法をお見せします。こういう時にサクッと動画とれればいいんだけどな〜。

スクリーンショット 2013 12 13 19 15 07 3

PCのブラウザから投稿する場合、Chromeなら拡張機能でbufferボタン(chromeウェブストアへのリンク)が用意されていますのでこれをクリック。こういうアプリや各種ツールの充実具合も、おすすめポイントです。

スクリーンショット 2013 12 13 19 15 51 36

スクショに書き込みすぎた感がありますが、こんだけの機能をこのシンプルなページに、わかりやすく配置されている所が、bufferのおすすめポイントだったりもします。一個づづ解説して行きましょう!

ワンクリックで投稿先を指定

僕の場合、Twitterの飛べない豚FaceBookページの飛べない豚Google+の飛べない豚と可愛い3匹の大豚が並んでおります。アイコン揃えるとなかなか気持ち悪い可愛いですが、これをポチポチすると、投稿するかしないかがオン・オフで切り替えられます。僕の場合はまずTwitter,Facebook,Google+と、記事を書いてすぐに投稿します。そしてなんとかフォローしてくれる人がいるTwitterはその日の夜と、次の朝に投稿するようにしてます。寝る前と通勤タイム狙いですね。

レビュー、記事名、リンク短縮、一言コメントなど

記事名とサイト名は自動で抽出してくれます。そして、それだけだとそっけないので一言コメントもつけてます。リンク短縮は、僕はbuff.lyという風に、bufferの短縮機能を使っていますが、設定からbitなどの定番短縮サービスも使えます。詳しい設定はまた今度にしましょう。。そして、Google+やFacebookページでリンクを共有すると、リンク先のプレビュー写真がみれるようになっていると思いますが、それのプレビューもあります。プレビューのプレビューです。はい。。twitterの文字数制限などもしっかり確認できますよ。

bufferの目玉、スケジューリング機能

WordPressのプラグイン等でもあると思いますが、この投稿を何時にするかというのが、時計マークの所から選択できます。Bufferボタンを押せば、設定しておいた時間に自動で投稿してくれる機能もありますが、僕があまり使いこなせてないので、使いこなしてからまた解説したいと思います。この使い方だけでも便利じゃないですか?

右下からbufferの管理画面へ

スクリーンショット 2013 12 13 18 49 22 2

こんな管理画面へ行けます。真ん中にタブがあり、Buffer,Analytics,schedule,settingと選べます。Bufferには投稿待ちの投稿がスタンバイしています。

bufferについてのまとめ

今回は、Chromeの拡張からの投稿方法を書きました。便利だぜ!と言いたいだけです。はい。ほんとに良いサービスだと思います。ボランティアで日本語化したいレベル。いろいろ記事書くために調べてたら、Wordpress用のプラグインもあり、これだと自動更新してくれるみたいです。僕は、”一手間省いてくれるサービス”が好きなんですが、bufferは、シェアするという最近になって必要になってきた”手間”を省く素晴らしいサービスだと思います。また詳しい使い方も上げていこうと思います。

3日で10万ダウンロードを突破した格安通話アプリ「楽天でんわ」利用料金の確認方法を試してみます。

前回の記事ではまだ確認できなかったのですがフュージョン・コミュニケーションズから、郵送でご利用開始案内が届いたので、実際に確認しました。ちょっと面倒くさいですが。。楽天IDですっと確認できたらいいのに。。確認しながら使うと節約しながらになってしまうので、それを回避してがんがん電話してもらう為かな?と勘ぐってしまいますw 参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク



楽天でんわの登録方法はコチラの記事へどうぞ

[楽天でんわ]携帯電話会社に激震走る?!通話料半額の楽天でんわを早速登録&使用してみた

分かりにくい料金確認の方法

簡単にまとめると以下の流れになります。

  1. 楽天でんわのWebサイトにアクセス
  2. マイページにアクセス
  3. ログイン

では順をおって画像付きで解説して行きます。まずは楽天でんわのページへ行きましょう。

楽天でんわ

NewImage

そして、右上のマイページの所をクリック。

NewImage

左の利用料金の確認の所をクリック。

スクリーンショット 2013 12 12 18 26 08

ログイン画面が出てくると思いますので、ここで郵送で送られてきた書類に記載されている、楽天でんわIDと楽天でんわパスワードを入力します。パスワードは大文字小文字入り乱れているので、間違わないように慎重に入力しましょう。あとからマイページでパスワードの変更も行えます。

楽天からではなく、フュージョンコミュニケーションズから

DSC 0486

この封筒がフュージョンコミュニケーションズからの封筒です。他の人は違う可能性もわずかにありますが。。楽天の赤いロゴがある訳でもないので、なんじゃこれ?と捨ててしまいそうですが、捨てないで下さい!!超重要書類がはいってます。なぜ郵送という一手間かけたのかな?っていうか

DSC 0484 12

見難いですがこんな書類。モザイクの所に、IDとパスワードが記載されています。これをこの画像の消してある所に入力して行きます。この書類なくすと再申請しなくてはならず、面倒くさいので写真とってEvernoteに放り込んでおきましょう。

NewImage

そして利用料金を確認するをぽちっとします。

スクリーンショット 2013 12 12 18 27 22

出てきました!通話相手番号、通話時間、通話料金などが出てきます。浮気など悪いコトはすぐバレそうな明細ですwちょっとした電話でこんなお金かかってると思うと恐ろしい。。経費などで使う場合は、このページを印刷すればなんとかなるのかな?フュージョンコミュニケーションズから直接の請求書や領収書の発行はしてないらしいです。カードの引き落としの明細かな?

楽天でんわ実際に安いのか?

普通にみると「安いかな〜?」と、なかなか実感が湧きづらいですが、今までの携帯キャリアのそのままのプランだと20円/30秒払っていた事になります。合計金額の50円が、本来100円だったと思うと、まだ全然でんわしてないにも関わらずスマートフォンの通話料金がいかに高かったか分かります。各キャリアはダブルホワイトなどで、他社携帯への半額になるプランもあります。しかしあちらは定額980円/月かかります。ほんのすこし通話品質、というかダイヤルからの接続時間が遅いのですが、それを解消できるとは言え、月額980円はアホらしくなっちゃいますね。僕は通話料金が2000円ぐらいと微妙な所なので、楽天でんわをつかって丁度半額になればと思います。ちなみに3秒でも10円とられちゃうので、留守番サービスにつながると取られますね。。細かいことはいいかw

スマホをどう活用してますか?ニュース読みまくりの僕の情報整理術 Feedly,Pocket,Evernoteを使う。

昨日の記事がNaverまとめにまとめられて、すごいアクセスがあり焦っています。まあ長続きしないと思いますが。。Naverすごいなー。僕はあまり使わないのですが。本題は、昨日みたいな新鮮でブログに使えそうなネタを拾う際に、僕がどうやって情報収集しているかを整理します。有名なブロガーさんとかも紹介されてると思いますが、十人十色ということで参考になれば。

スポンサードリンク



情報を求める理由を明確に

これがないと意味がありません。とりあえずスマホやし。。というので始めても間違いなく続きません。どうして情報がいるのかを整理して目的をはっきりさせましょう。僕の場合は以下。

  1. Webデザインの勉強
  2. 趣味の情報収集
  3. ブログのネタ探し

Webデザインの勉強

これについては、その業界で就職する訳でもなく現在独学でほそぼそと勉強しているので、誰かが「これとこれをやるべき」と教えてくれる訳ではないので、いろいろな情報を取捨選択して必要なものを実践してみるといった感じです。

趣味の情報収集

趣味ブログを追っかけてます。他にはアクアリウムショップの入荷情報なども追っかけてます。カメラのブログとかは面白いのがたくさんありますね。アクアリウムブログでは面白いのがないのは、安定してしまうと何もすることがないからでしょう。。このへんは息抜きですね。

ブログのネタ探し

上記2つもネタにするのですが、ネタ探しようにNewsサイト的なものも追っかけてます。カメラの新商品とか、新しいのはとりあえず更新するのではなく、「これは欲しい!!」と思うものは調べて記事にするようにしてます。

実際に収集している方法

これらの情報が常に欲しいわけです。次に肝心の方法を紹介します。使うアプリは大きく3つに分けます。

  1. 情報収集用アプリ
  2. 一時情報ストックアプリ
  3. 永久保存版アプリ

この3つに分けてます。2と3は混ぜると貯まるばかりで整理しにくくなってしまいますので分けてます。人によっては一緒でもいいかもしれません。

1.情報収集用のアプリ

僕は4つ使っています。しかし4つを毎日チェックしている訳ではなく優先順位をつけています。上から重要な順に。

  1. Feedly
  2. Twitter
  3. Gunosy
  4. Smartnews

Feedly

NewImage

GoogleReaderがサービス終了した後にこちらに乗り換えました。RSSリーダーです。上の目的の3つほとんどはこれで済ませています。Feedlyのいい所はとりこぼしがない所です。未読のものは残り続けるので、見逃さずに情報が追うことができます。しかしたくさん登録し続けていると、一日にチェックできるキャパを超えてしまいます。なので登録サイトは日々厳選しながら、これいらないなーと思ったサイトは登録解除します。解除したりが簡単なのもFeedlyのいい所です。今度また設定を詳しく書こうかと思っております。

Feedly

Twitter

NewImage

こちらはFeedlyとは真逆でどんどん流れていきます。こいつの使い方は、ニュースをたくさんつぶやいてくれる人をフォローしたり、興味深いネタをつぶやいてくれる人をフォローします。その中で面白いブログや、ニュースサイトを発見したらFeedlyに登録します。言うなればFeedlyの新鮮さを保つ為です。まあTwitterは他にもいろいろと用途はありますが。。

Twitter

Gunosy,SmartNews

NewImage

NewImage

最近はやりのキュレーションサービスたちですが、取りこぼしたくない情報もある僕的にはサブの位置づけです。この2つもほとんどtwitterと使い方は一緒で、Feedlyの鮮度を保つ為。あと僕のGunosyはPhotoshopのチュートリアルとかをよく拾ってくるのでこれも読んでます。Gunosyは人気ブログもよく拾ってくるので、自分のブログの参考がてら読みます。GunosyとSmartNewsについては2日に1回ぐらいチェックしてます。3段目となると、Gunosyで送られてくるブログの3/4ぐらい読んだことある状態になることもw Gunosyのデメリットとしては、配信が遅いことですね。一日遅れとかが多いのでネタにしたい時は鮮度が大事なので。といいつつもあまりnews記事は書かないのですがw

Gunosy

SmartNews

一時情報ストックアプリ

NewImage

Pocket

一時はInstapaperを愛用していたのですが、現在はPocketです。Instapaperは何故か文字化けが多かったので。とりあえず気になった記事や、後で読む記事、webデザインの教材になりそうな記事などひたすら突っ込みます。Androidから共有で保存がし易いので、ガンガン保存していってます。そして時間があるときにPCでじっくり読んだり、勉強記事に目を通したり。ブログの参考になるサイトをたくさん貯めておき、あとでまとめて記事にするときにも役立ってくれます。このうち、これはず〜っと残しておきたいものについては、下に行きます。

永久保存版アプリ

NewImage

evernote

有名なやつです。これはPocketからと、GunosyのアプリがPocketに対応していないので、Androidで見ている時はこちらにメールで転送してます。検索機能が優れているのでこちらにガンガンつっこんでもいいんですが、整理したくなってしまって気になるのでPocketをかましています。Docomoで1年間プレミアム無料ですので、今プレミアムメンバーなのですが余り活かせてません。。

3段階式情報収集まとめ

僕は今この形で安定しています。Feedly→Pocket→Evernote。こんな便利なサービス作ってくれて感謝感謝です。ちなみにこれから情報収集したい人は、とりあえずGunosy,SmartNewsあたりを入手して、その中で面白かったものをFeedlyに登録するというのがいいと思います。まああんまり古い情報を残しておくメリットはないので、毎日キュレーションサービスを読み流すだけでも十分だと思われますが。

とりあえずこんな僕をフォローしてみてくださいw

follow us in feedly

プロの業を学びたい方はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、プロの本を読みましょう!

[楽天でんわ]実際どれくらい安いのかまめにちぇっくしましょう!料金確認の方法を書こうとおもったら落とし穴が。。

せっかく安くなってるらしいので、マメに料金確認したいですよね?その方法を調べようとおもってたら、思わぬ所で躓いた。。焦って登録したので恐ろしいことに、登録のメールアドレスを間違えてしまったと思われます。全然メール来ない。。急に申し込み来すぎてフュージョンが対応できてない?そんなことないと思われるのですが。

まだ出来てないので参考程度にお願いします。

スポンサードリンク



料金確認方法

  1. 楽天電話ページへアクセス
  2. マイページへ
  3. 利用料金の確認

楽天でんわへアクセスします。リンクになってます。

スクリーンショット 2013 12 05 18 50 00 3

このわかりにくい所をクリック。

スクリーンショット 2013 12 05 18 50 21

このページをブックマークしたら良いと思います。そして丸く囲んだ利用料金の確認をクリック。

スクリーンショット 2013 12 05 19 18 48 2

赤線部分に以下の項目を入力します。

  • 楽天でんわID
  • 楽天でんわパスワード
  • 電話番号
  • 照会期間

で見れるはず。。。

登録した住所に開通通知が郵送されるそうです。そこにIDとパスワードが記載してあるらしい。僕は早とちりして登録したメールアドレスの方に記載してあると思い、再発行してしまいました。2回くるのかな?まあ備忘録として置いときます。楽天さん、アプリから確認できるようにするといいと思います。はい。

[楽天でんわ]携帯電話会社に激震走る?!通話料半額の楽天でんわを早速登録&使用してみた

つい先程発表らしいのですが、早速試してみました。スマートフォンになって各社、電話料金は21円/30秒で割高になっていました。そこで、050plusなどのIP電話やラインなどの無料通話アプリが台頭していました。しかし050から始まる番号は、また登録しなおしてもらわねばならず、相手に手間をかけますし、無料通話は電波が不安定。。その欠点を補うべくして誕生したのが「楽天でんわ」です。

  1. 通話料金が半額
  2. 電話回線を使うので電波も安心
  3. 楽天ポイントが貯まる!

大きな特徴はこの3点。なかなか良さそうなので試してみます。
スポンサードリンク



通話料金半額、電話回線、楽天ポイント

通話料は、10.5円/30秒と普通のスマホ通話料の半額。003768というのを発信番号の頭につけることにより、楽天傘下のフュージョン・コミュニケーションズを使っての電話となります。電話回線なので無料通話アプリほど不安定ではありません。支払いはクレジットカードのみで、フュージョンから請求が来るみたいです。さらに、100ごとに1ポイント楽天スーパーポイントが貯まります。

ここが他とは違う

050の方が安いですが、着信者に対して通知される番号が今までと変わらずに使用できるので、相手に手間をかけさせません。これは、営業などで自分の携帯を使っている方はかなり助かるのではないのでしょうか。僕もそうでした。。

早速レビュー

Screenshot 2013 12 05 16 19 10

こちら起動画面。ちょっと起動に時間がかかります。

アプリを落として登録!

Playstoreで検索。またはコチラ
Screenshot 2013 12 05 16 05 59

まだぜんぜんダウンロードされてます。1件レビューあり。

Screenshot 2013 12 05 16 18 57 2

ここに出てきました。早速起動!

Screenshot 2013 12 05 16 07 29

まずは登録しないと行けません。電話番号、住所、生年月日、名前、カード情報、楽天スーパーポイント口座などなど。。メンドクセw

Screenshot 2013 12 05 16 13 13

登録完了!!

Screenshot 2013 12 05 16 19 03 3

メール確認せずとも、こちらの画面から電話かけれました。嫁に電話してみると、特に変わった様子もなく普通に気づかず通話成功!

まとめ

一度登録してしまえば、簡単に使えそうです。アプリの役割は自動で電話番号の頭に003768をつけるのが役割みたいですね。なお、キャリア同士や家族回線などへの無料通話対象の人へ通話はこのアプリでそのまま通話すると、逆に有料になってしまいます。そういう方への連絡先は、無料通話リストというのに登録しておけば、回避できます。着信、発信履歴は、楽天でんわアプリと標準の通話アプリでも確認できます。こんなもんですかね。嫁がSB、僕Docomoなので、これ使ってみようと思います。通話料そんなに高く無いのですが、これで節約してその分でPhotoshop&Lightroomの契約しますw

楽天といえば楽天イーグルスと言う事で関連書籍をご紹介

星5つ評価が5名となかなか高評価でした。球団の歴史が浅い分、創設時のドタバタなども詳しく書いてあるそうです。

参照 Gizmodo:090/080番号を使えて通話料が半額になる「楽天でんわ」発表。第3にして最強の選択肢かも。