ソーシャル運用の必需品だと思われるサービス。今回はbufferの登録方法とsnsの追加方法

前回の記事で、ざっくり使い方を説明したbuffer。ちょっと使ってみたい方が多数おられる事を願ってw続編を書きます。英語なので少しわかりづらいですが、へなへなぽんに簡単な登録方法を今回は書いていきます。

前回の記事:ブロガー必須サービス?!fladdict さんもおすすめ!ソーシャルへの投稿を制御してくれるWebサービスbuffer。

スポンサードリンク



twitter連携すれば簡単、bufferの登録方法

登録自体は至って簡単です。ブラウザで、twitterにログインしている状態でぽちっとやればできます。やってみましょう。

手順

  1. bufferにアクセス
  2. twitterでログイン認証

早速登録してみましょう!

まずはbufferにアクセスしましょう。

https://bufferapp.com/

こんな画面が出てくるはずです。なにやら楽しそうですなw
「ソーシャルメディアにシェアするもっといい方法あるよ」って書かれてます。

スクリーンショット 2013 12 17 19 13 56 2

ちょっと下にスクロールします。
twitter,Facebook,LinkedinとE-mailと4種類のログイン方法があります。今回はtwitterで登録しましょう!
Sign in with twitterをクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 14 01 2

よく見る画面だと思いますが、こちらにtwitterアカウントとパスワードを入力。ログイン状態だと勝手に入力されるはずです。

スクリーンショット 2013 12 17 19 16 41 3

僕の場合、もうすでにbufferアカウント持っていたので、突っ込まれました。
「あんたすでにbufferアカ持ってるよね?新しく作るの?追加するの?」って感じです。新規の方には出ないとは思いますが一応載せときます。create new account「新しくアカウントを作る」を選択して下さい。

スクリーンショット 2013 12 17 19 16 56

新しくサインインすると、いの一番にブラウザ拡張追加しちゃいなよ?と言われます。サクッとインストールしたい方は、緑のボタンの「install in seconds」(秒速でインストール)をクリック。あとでいいやというめんどくさがりのあなたはその下の、緑の文字で書かれた「skip this step」(あとでいいや)をクリック。僕はもう入ってるので飛ばしました。

スクリーンショット 2013 12 17 19 17 23 2

まだなんか言ってきます。「プロフィールを完成させるためには、私達と常に連絡が取れるようにあなたの一番のe-mailアドレスを入力してくだせい」と言ってます。結構頻繁にe-mailは来ますが、実際bufferのダッシュボードに行って作業するのはそんなに多くないので、e-mailだけである程度状態が分かります。投稿待ちがなくなれば、「からですよ!兄さん!」とメールくれます。

スクリーンショット 2013 12 17 19 17 33

完成です。ぽちぽちと適当にクリックしてても登録できるので、わざわざこの記事見なくてもいいかもですねw この画面がbufferのダッシュボードです。現在はログイン時に使ったtwitterのみ連携している状態です。次は、他のsnsへの投稿も制御できるようにして行きましょう。

スクリーンショット 2013 12 17 19 19 56 2

bufferで制御するSNSを追加する方法

twitterだけにガンガン記事を上げていってもいいのですが、FBページや、Google+ページなどもあげれるようにしておかないと利便性半減です。追加しときましょう!!

Google+ページをリンク

Google+ページをリンクさせましょう。他のSNSも同様の方法で行けます。Google+は、個人のプロフィールにはまだ対応していないようです。SNSのアカウントリストがあると思うので、そこの一番上の+ボタンをクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 19 56 5

こんだけのサービスはすぐに連携出来ます。app.netってなんですか?w 上には、有料版にすると12のsnsが連携できるよ!と書いてあります。有料版は10ドル/月。ちょっと高いなぁ。右の方の、赤いところ[connect a page]をクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 03 3

Googleからこのアプリこんな情報ほしがってるよ?と言われます。承認するをクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 31

あなたが運用しているGoogle+ページの一覧が出てきます。僕の場合はこのブログのGoogle+ページが出てきます。これで連携させたいページをクリック。ういうい。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 45 2

右上にGoogle+ページのアイコンが出てきました。2となっているのは僕の本来のバファーアカウントで投稿予約しているぶんが、ここからも見れます。なぜでしょう?2つアカウント持つとややこしそうですので注意。。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 50

bufferとsnsの連携を解除する方法

至って簡単で、一番右のタブのsettingsのプルダウンバーから、Removeを選択。再度、ポップアップで確認が出てきますので、赤い方のボタンをクリック。サブ垢で試しに解除したサービスが本アカのほうも解除されてた。。アカウント2個持ちは厳しそうです。。

スクリーンショット 2013 12 17 20 17 06 2

bufferの登録方法のまとめ

webサービスの第一関門の登録。面倒臭ければ面倒くさいほど、ユーザーは増えないでしょう。それがこいつは簡単です。わざわざ記事にする必要があったのかどうかさえわからないレベルで連携できてしまいます。bufferの記事をまたあげます。buffer推しまくってる意味は特にありません。ヨドバシカメラの福袋欲しい。。

ブロガー必須サービス?!fladdict さんもおすすめ!ソーシャルへの投稿を制御してくれるWebサービスbuffer。

すでに知ってる方も多いと思いますが、bufferを改めて紹介。SNSへの投稿を制御するwebサービスです。bufferはさまざまなアプリとも連携しているので、使い勝手は最高ですが、日本語対応してないという難点が。。しかし簡単な時間指定投稿などは、英語が分からなくても出来るようになってますので使い方を紹介していきます。去年の話ですが、アルファブロガーのfladdictさんがおすすめされていて、その時からちょいちょい使っていました。そしてブログを始めてからはフル活用しています。fladdictさんがブログ書くと、bufferの中の人からお礼コメントが付くとは。恐るべき影響力w

参考リンク

ソーシャルネットワークへの投稿をスケジューリングするBuffer、β段階から好調のBuffer for Businessを正式リリース

仕事でtwitter使う人には、Bufferというサービスは必須かもしれない fladdictさん

スポンサードリンク



bufferのサービスはいったいどういうものなのか

NewImage

最近スタートしたビジネスプランは有料で、複数人での管理、分析機能の強化などがされているらしいのですが、基本的な機能は無料で使うことができます。大きな特徴としては、SNSへの投稿を制御する機能と、投稿のリツイート数、リンクのクリック数などを分析する機能を持っています。これはtwitterだけ、これはGoogle+だけなど、どのSNSへ投稿するかの制御なども簡単にできます。そしてその投稿が何度リツイートされたか、何人にお気に入り登録されたかなどを管理することもできます。一つ一つ説明して行きます。

いつ、どのSNSへ投稿するか決める制御する

とりあえずいかに簡単に制御できるか、その方法をお見せします。こういう時にサクッと動画とれればいいんだけどな〜。

スクリーンショット 2013 12 13 19 15 07 3

PCのブラウザから投稿する場合、Chromeなら拡張機能でbufferボタン(chromeウェブストアへのリンク)が用意されていますのでこれをクリック。こういうアプリや各種ツールの充実具合も、おすすめポイントです。

スクリーンショット 2013 12 13 19 15 51 36

スクショに書き込みすぎた感がありますが、こんだけの機能をこのシンプルなページに、わかりやすく配置されている所が、bufferのおすすめポイントだったりもします。一個づづ解説して行きましょう!

ワンクリックで投稿先を指定

僕の場合、Twitterの飛べない豚FaceBookページの飛べない豚Google+の飛べない豚と可愛い3匹の大豚が並んでおります。アイコン揃えるとなかなか気持ち悪い可愛いですが、これをポチポチすると、投稿するかしないかがオン・オフで切り替えられます。僕の場合はまずTwitter,Facebook,Google+と、記事を書いてすぐに投稿します。そしてなんとかフォローしてくれる人がいるTwitterはその日の夜と、次の朝に投稿するようにしてます。寝る前と通勤タイム狙いですね。

レビュー、記事名、リンク短縮、一言コメントなど

記事名とサイト名は自動で抽出してくれます。そして、それだけだとそっけないので一言コメントもつけてます。リンク短縮は、僕はbuff.lyという風に、bufferの短縮機能を使っていますが、設定からbitなどの定番短縮サービスも使えます。詳しい設定はまた今度にしましょう。。そして、Google+やFacebookページでリンクを共有すると、リンク先のプレビュー写真がみれるようになっていると思いますが、それのプレビューもあります。プレビューのプレビューです。はい。。twitterの文字数制限などもしっかり確認できますよ。

bufferの目玉、スケジューリング機能

WordPressのプラグイン等でもあると思いますが、この投稿を何時にするかというのが、時計マークの所から選択できます。Bufferボタンを押せば、設定しておいた時間に自動で投稿してくれる機能もありますが、僕があまり使いこなせてないので、使いこなしてからまた解説したいと思います。この使い方だけでも便利じゃないですか?

右下からbufferの管理画面へ

スクリーンショット 2013 12 13 18 49 22 2

こんな管理画面へ行けます。真ん中にタブがあり、Buffer,Analytics,schedule,settingと選べます。Bufferには投稿待ちの投稿がスタンバイしています。

bufferについてのまとめ

今回は、Chromeの拡張からの投稿方法を書きました。便利だぜ!と言いたいだけです。はい。ほんとに良いサービスだと思います。ボランティアで日本語化したいレベル。いろいろ記事書くために調べてたら、Wordpress用のプラグインもあり、これだと自動更新してくれるみたいです。僕は、”一手間省いてくれるサービス”が好きなんですが、bufferは、シェアするという最近になって必要になってきた”手間”を省く素晴らしいサービスだと思います。また詳しい使い方も上げていこうと思います。