MacBookProRetinaに余計なもの入れたくないから外付けHDDでNAS的環境構築する構想

DVDドライブついてないから、adobeのCS5.5たちのダウンロードでその先何も進まなかったです。めんどくさすぎて、CreativeCloudに加入しそうになったけど、お小遣いなくなるので我慢。。

DSC_0340

ザ・ポリプテルスはかなりいいです。それは置いといて、友人のPC自作erに、iMacと新しいMacBookProだとどれ位スペック違うか聞いてみると、赤い彗星並に早くなるということでした。そんなに早いなら、iMacでの作業のメリットはほぼないということになります。web製作(まだ勉強中だが)などなどの作業も全部MacBookProで行い、iMacはいろんなデータを管理したり、家族との共用パソコンにしてリビングに設置。ガッツリ作業する時には、MacBookProと外部モニタを使い、気軽にブログ更新などは、ソファに座ってのんびりやろうかなと。
スポンサードリンク



まだ実際にやってないので参考にする程度でお願いします!!注意!!

同期するデータの内容

僕の場合は、写真と音楽が大半を占めてるのでそれらを外付けHDDにぶち込みます。人によっては動画などもあるかもしれません。それらをWifiルータで接続しローカルネットワーク上で、iMacとMacBooProで共有しようという構想です。iMacも軽くなるし、MacBookProは重くならないし一石二鳥!!あとはWifi接続の外付けHDDがどれぐらい接続速度を確保できるかどうかが問題です。やってみないとわからない。

音楽データ

iTunesで管理している音楽データはiTunesライブラリに保存されています。Appleサポートコミュニティで参考になりそうなのがあったので抜粋。

3-2.iTunesフォルダーまるごと移動させる方法
iTunesフォルダを丸ごと移動し、Macなら”option”キー、Winなら”shift”キーを押しながらiTunesを起動してライブラリ選択画面を出し、移動したiTunesフォルダ(の中のiTunes Libraryファイル)を指定します。(デフォルトライブラリの切り換え。)この方法では楽曲等の実体ファイルもライブラリ管理ファイルも移動したiTunesフォルダにある、つまり、iTunesフォルダの中にライブラリ関連のファイルが全て入っている状態を保つことができます。(2012/06/26追記:iTunesフォルダ丸ごと移動は「iTunes:iTunes ライブラリを外付けハードドライブにコピーしてバックアップする」等を参考にしてください。)

そして共有の方法も説明してくださってます。

3-3.ライブラリの共有
上記の方法を応用することで、異なるアカウントや異なるマシンでiTunesのライブラリを共有することができます。iTunes Media(iTunes Music)フォルダあるいはiTunesフォルダ丸ごとを、HDDの共有領域や外付けHDD、NAS等にコピー・移動し、それぞれのアカウントやコンピュータのiTunesからライブラリの場所を指定すれば、ライブラリを共有することができます。
外付けHDDやNASの場合はあまり問題にはなりませんが、一つのマシンで異なるアカウントから共有領域に置いたライブラリを共有する場合は、ファイルやフォルダのアクセス権に注意してください

掲載元:アップルサポートコミュニティ iTunesのライブラリの移動・バックアップ

この方法で行くとライブラリの編集、追加などが、どのパソコンからも行えて便利そうです。

画像

画像も音楽データと同様の方法で行きます。こちらもAppleのサポートから良さげな方法を発見。

iPhoto:複数のユーザでライブラリを共有する

やっている事は上とほとんど同じでしょう。これで必要な画像はその時使っているパソコンから取り出して、Blogに上げるなり共有したりできます。出先からアクセスできるとなお便利なのですがこの辺についてはもっとしらべておきます。。

課題

課題は、速さです。iTunesライブラリ、iPhotoライブラリともにかなり重くなっています。これらを外付けHDDにした場合、iTunesの挙動がかなり遅くなりそうです。。とりあえず時間が取れそうなときにやってみます!

MacBookProRetina Retinaサクッとレビュー

DSC_0317

 

まだ時間がとれずにがっつりは触れてないのですが、さくっとレビュー。
スポンサードリンク



iMac中心の今までの環境

今までのメインはiMac late 2009。そしてたまにMacbookAir2010でブログアップしたりしていました。

iMac late2009

「このMacについて」でしらべると、モニタ21.5インチと出るのですが、どう見ても24インチなんですが何なんでしょう?このMacBookPro発表時に、iMacの方もMavericksをいれたんですが、気持ちさくさくになりまだまだ現役で使えます。メモリは購入後自作で16GBまで拡張しており、もたつくことはありましたが、フォトショ、イラレなども動いてます。更に、BenQ 24型LCDワイドモニター GL2460HMをサブモニタとしてつけているので、家での作業はこれで大満足でした。デュアルモニタの捗り具合は異常。実はPS3でFPSをするために買ったのですが、思わぬ高効率化でした。Call of Duty Ghostsでますね。欲しい。。

MacBookAir2010

MacBookAirの方は職場に置いてあって、空いた時間にブログ更新などしていました。親父のものなので僕の入れたいアプリ勝手に入れられないのでまず不便でした。そしてスペックにも不安ありで、Chromeなどのブラウザでもっさりでした。なんせ11インチは液晶が狭すぎる。。しかし起動は早かった。

MacBookPro with Retinaを使ってみて

早い。そしてこの絶妙な携帯性。まだまだ3日間しか使ってないですが。。iMacから設定などを受け継ぐ、移行アシスタントは使わず、再選択も兼ねて一個づつインストールしています。

早速インストールしたアプリたち

とりあえずChrome。XperiaZ持ちなので、Safariという選択肢はないwそして拡張機能もろもろを設定。ちなみにMacBookAirでは、Chromeのみでブログ更新していたので、こいつあればなんとかなるレベルの必需品。そしてAppStoreでおすすめされたiWorksを言われるがままにインストールwそしてEvernote,DropBox,Google日本語入力。いまのとここんだけです。そんでさっきSkitchを入れました。スクショ編集用です。このままだと、Airでええやろ!と突っ込まれそうなので、Adobeの思いのとかも入れていきます。またその時にレビューします。

Wifiが早い

自宅は木造2階建てなのですが、奥行きのある細長い形の家?(分かりにくいですね)で、奥にWifiのルーターがあり寝室は手前にあります。結構離れているので、スマホでは接続が切れたり、全然スピードが出なかったりするのですが、MacBookProだとめちゃ早いです。これは受信部がぜんぜん違うのかな。。

起動の速さ、アプリの速さ

初MySSDなのですが、起動はめちゃめちゃ早いですね。スリープからもそうですが、iMacの電源ボタン押してからおしっこいけるぐらいのタイムラグを考えるとびっくりします。その他のアプリもiMacのもっさり感からは考えられないくらいすぐ立ち上がりますし、さくさく動きます。体感ですが、素晴らしい。これはFusionDrive搭載したiMacも気になります。。もう少し思いアプリを入れた時の挙動も楽しみです。

機動性

購入の動機に、iMacに近い環境を外出先でもと思ってたので、これはかなり重要。薄くなり軽くなったので期待していました。先日、HalloweenPatryがありいつもは身軽にカメラだけ持っていくのですが、今回はMacBookだけもっていきましたw友人が持っていたミラーレス一眼が魚眼レンズをつけていて、その写真をその場で確認できたりできますし、かなり便利かなと。パーティもどき?なので定位置がないのでなかなかどっしり構えるわけには行かないですが、さっと開いて写真頂けて、さくっとFBにアップ。よかったです。PhotoBoothのエフェクトとかも定番ですが盛り上がると思います。あれ初めて買った2005くらいのiMacにもついてた気がする。

まとめ

まだまだ本気で触れていないですが、かなりいいです。動きを考えるとiMacの出番が減ってしますかも。。正直重くて起動するのが嫌だったフォトショなどが、さくっと動いてくれると嬉しいですね。MacBookAirの機動性と起動の速さと、iMacの処理力がまざった感じです。でも現行のMacBookAirやiMacを知らんのでなんとも言えません。2009やからね。まだまだ詳しくレビュー書いていきます!!よろしくです!

MacBookProRetina late2013 箱開けますぜー

早速届いたMacBookPro Retinaモデルで更新中。快適です。ベッドの上でブログが書けるとは。。ではでは慣れない開封の儀をしていきましょう。

MacBook Pro Retina Model late2013

Apple storeから買いました。なんとなく直接買いました。理由はない。しいて言うなら間違って旧モデル買ったりしたら悲惨だからw 13inchのメモリが8GBで、SSDが256GBのモデル
にしました。少しだけスペックアップ。

スポンサードリンク



外箱開封

DSC_0292

ちらっと見えるMacBook Proの文字。中箱は本当に捨てれないレベルで綺麗ですが、外のダンボールの緩衝材とのバランスも素敵に見えてしまいます。

製品登場

DSC_0294

さっきのは配送用ですもんね。こっちが外箱。ほんとに綺麗ですよね。最近では他社製のスマートフォンなどでも同じような箱に入っていますが、さすが元祖Appleです。

DSC_0299

バランスですね。すごいのは。裏には製品のスペックなど書かれています。

DSC_0296

他社メーカーのパソコン買うと外箱にでかでかとこういうの書いてありますよね。最悪、本体にシールはってあったり。信じられなーい!

ぱかっ!

DSC_0300

早く開けろよと愛犬も急かします。最初によだれつくのは勘弁したいところです。

DSC_0303

ななめってるーwまあ気にしない。この瞬間にやにやしますよね。

DSC_0304

本体をずらすとこんな感じで付属品が出てきます。

MacBook Pro Retina 13inchの外観

DSC_0313

ほんとにうすくなりました。良かった。左からMacSafe2,Thunderbolt2×2,USB3,オーディオジャックとあります。2とか3とかありますけど対応する外部機器もってないw 外付けHDDも新しいのほしくなります。

DSC_0312

テレビの映り込みは気にせずにw USBもういっちょとHDMI,SDです。シンプル。あー素晴らしい。

付属品たち

定番だろう付属品たちです。さくっと。

DSC_0308

 

世界1薄い説明書とシールと液晶を拭くクロス。クロスの折り方が手紙みたい。Jobsからの手紙かとおもたわw

DSC_0309

 

MagSafe2と延長コード的なやつ。延長コードついててびっくり。僕何も知らなさ過ぎw 写真忘れるしw

DSC_0305

 

Designed by Apple in California

起動!!

DSC_0316

お酒飲めない僕が飲んでます。

DSC_0317

あー楽しかった。これ完璧に自己満足w

お付き合い頂きまして誠にありがとうございます。!!

WordPressの写真はFlickrで管理してしまえい!

Ricoh GRを買ってからのこのブログの運用を考えると、写真をWordPress純正のメディアアップローダーで管理するのはどうかなと思ってます。妄想です。

2年前に上げた写真がFlickrに残ってた。

ブログに使う写真だけでなく、その他に撮った写真もFlickrに上げとけば写真だけ見たい方にはいいかなーと。ちょっと使って見た感じでは、この記事みたいにキャプチャとるだけなら、わざわざFlickr使う必要はないです。でも、せっかく買った一眼レフや高級コンデジ、最新スマホの写真を載せるなら、クリックしてオリジナル表示されるこのプラグインは優秀だと思います。

結構手間かかりますが以下行ってみましょう!

 FlickrでWordPressの写真を管理する方法

  1. WordPressのプラグインwp-flickr-press】をインストール
  2. Flickr.comでAPIを入手
  3. APIKeyをWordPressプラグインに入力
  4. CallbackURLをFlickrに登録して完了

WordPressのプラグインwp-flickr-press】をインストール

早速行きましょう!ちなみにプラグインインストールは、WordPressカスタマイズの超基本です。完成車ロードバイクを買ってから、ペダル買って、サイコン買って、ライト買って、ホイール換えてみたいな感じで、ブログをどんどん自分好みにカスタマイズできます。ロードバイクで言うと。わかりにくくてすいません。ロードと違うのは、パーツ(プラグイン)やコンポ(テーマ)まで自作出来てしまう所でしょう。なんて奥が深いんだ。テクノロジーが進んで個人でついて行けなくなる前に、楽しんでおきましょう!

WP-toolbar-pluginサイドバーのプラグインをクリック。

WP-plugin-newそして新規追加をクリック

WP-plugin-searchwp-flickr-pressとここに入力

WP-Flickr一番上に出てくるはずなので、インストールをクリック(僕の場合既にインストールしてるのでインストール済みとでます。。)すぐに有効化もクリックしてください。

WP-Flickrインストール完了です!サイドバーの設定の所に出てきているはずです。

ひとまず一服しましょう。風立ちぬの喫煙が物議をかもしてますね。僕は茂木さんの意見に賛成。

Flickr.comでAPIを入手

WordPressの方は設定を開いてとりあえず置いときます。

Flickr.comにアクセスします。Flickrはアカウント持ってる方はサインインして、持ってない方は新しく作りましょう!

注:Yahoo!アカウントは、アメリカのYahooなので、日本のアカウントは使えません。GoogleかFacebookのアカウントを使って、アカウントを作りましょう。

めっちゃ英語ですね〜。Flickrの使い方はnanapiさんに聞いて下さい。社長のブログが面白いです。

nanapi Flickrの使い方ガイド

それでは早速APIをとりにかかりましょう。新しいアプリを作って、それで連携させる形となる為、アプリを作ります。

WP-Flickr

メニューバーのExploreにカーソルを合わせ、App Gardenをクリック。

WP-Flickr

そしてCreate New Appをクリック

WP-Flickr

するとAPIとで出来ましたので、そいつが怪しいのでRequest an API Keyをクリック。

WP-Flickr

そのアプリで金を稼ぐのか?と聞かれます。アプリを売ったりしないので左の方を選択。

WP-Flickr

いろいろ入力していきます。

  1. アプリの名前を入力します。なんでもいいですが、分かりやすいWPBlogとかでいいと思います。
  2. 説明です。「ブログの写真を管理するため」とか書いといて下さい。
  3. 4.なんか規約に同意しろ的なやつです。チェックしときましょう!

Submitをクリックして完了!

WP-Flickr

出てきたよーAPI!赤枠で囲ってる所が重要です。写真はテストで作ったkeyですので、みなさんの作ったものを使用して下さい。とりあえずこれもタブ開いたままにして、放置。心配性の方はEvernoteにでも保存しときましょう。

はあ。英語久しぶりなので疲れる。androidアプリもないし、Flickrやる気ないな。。

APIKeyをWordPressプラグインに入力

WP-Flickr

 

上の赤枠がKey。下がSecretの値をコピペして入力。良い感じだ。ここまで来れば後は楽勝!と思いきや、CallbackURLとやらをFlickr.comの方に登録しなくてはなりません。次行きましょう!

CallbackURLをFlickrに登録して完了

WP-Flickr

さっきAPIを入力したページの、シークレットの下にコールバックURLとかいて何かリンクがあります。これをコピーします。

そしてFlickr.comに戻ります。

WP-Flickr

APIの画面はもういーらないので、一旦ホームへもどり、最初のトップメニューからApp Gardenにアクセス!

WP-Flickr

そして、右にあるYour AppsからApps By Youをクリック

WP-Flickr

上でいうtestという所に、先ほどあなたが入力したAppの名前が書いてあると思います。そこをクリック

WP-Flickr

右のAdminという所にEditがあるのでクリック

WP-Flickr

CallbackURLを入力する所があります!ここにさっきプラグインの設定画面でコピーしたものを貼り付けます。

WP-Flickr

入力できたら、SAVE CHANGEしましょう!これで英語のFlickrとはお別れです。Uploadとかは簡単に出来るので、ややこしい設定とはおさらば。ふー。

OAuthトークンとやらを更新しましょう。

WP-Flickr

赤丸の所をクリック!処理が終わるとFlickrのUserIDとUsernameとTokenが表示されると思います。完成です!プラグインも下の方まで行ってしっかり更新しときましょう!

WP-Flickr

記事の投稿画面に、青丸赤丸マークができています!!成功!!この確認の瞬間は、ギターのエフェクターを、図面見ながら右往左往しながら組み上げて、最初に音出しテストする瞬間に似てますね。わかりにくくてすいません。

WP-FlickrクリックするとFlickrにUpした写真が選べます!

Macだと画像ファイルを選択して、右クリックでFlickrに共有できるので、超絶便利です。2年前に作ったFlickrアカウントをやっと活用して行こうと思います。このプラグインの設定方法や、詳しい使い方は使い込んでからまた記事にします。GR欲しい。

Eye-Fi使って更に便利になりそうですな。

WordPressサイト設置したらGoogle大先生にご挨拶にいきましょう

wordpressは最近はやりの拡張性の高いCMSです。このブログももちろんそうです。見たら分かる人には一瞬でわかる。SEOっというまでもなく、とりあえずGoogle大先生にご挨拶ですね。

wordpress
Googleアカウントは無いと仲間に入れてくれません。

ウェブマスタールーツです。

Google ウェブマスターツール 使い方・登録方法

こちら参考にしました。
ついでにサイトマップとやらも登録しておきましょう。

これ超簡単![WordPress対応]XMLサイトマップ登録法

アナリティクスです。発音しにくい。

自分のブログ(WordPress)に、Google Analyticsのトラッキングコードを追加する方法

うむうむ。便利な世の中ですな。こんなブログかけるように成りたいですわ。これらのツールを入れとけば、アクセスが増えたらニマニマできるはずです。