ハルロック 女子大生×電子工作のギャグ漫画 第1巻発売なので登場人物をまとめます。 

ハルロック面白いですね。安定。強烈な主人公と、強烈な周りの人物によって構成されるギャグマンガです。僕のお気に入りは真下六祐。こいつのフェチ具合がなかなかのカオスです。
本日、第一巻がついに発売と言うことですので、登場人物を僕なりにまとめて紹介します。

僕の最初のレビュー
「ハルロック」新連載レビュー「犬神もっこす」の作者、西餅氏の新連載!モーニングに帰ってきた!

モアイで、読み切りとしてモーニングに掲載された時のハルロックが読めます。
ハルロック

好評に発売中と思われるハルロック
ハルロック第一巻

スポンサードリンク



ハルロックのアクの強い登場人物の紹介

NewImage

主人公はハル(向坂晴・サキサカハル)。女子大学生。おしゃれなサングラスかとおもいきや、目を保護するためのゴーグルです。服はお母さんに買ってもらっており、アキバと学校と自宅を行ったり来たりする生活だそうです。彼女の周りにはそれはそれはアクの強いキャラたちがてんこ盛り。普通の人が変に見えてくるという錯覚に陥ってしまいます。

ハルに恋して頭がおかしくなってしまった真下六祐

真下六祐。見た目は今風の男前。ハルと出会うまでは「神童」と称されるほどの頭のいい少年でした。
ハルとは幼馴染みで、自宅での分解を禁止されていたハルは、六の家に来てはいろいろなものを分解していました。

それを眺めていた彼は、いつしか「僕も彼女に分解されたい」という訳の分からない衝動に目覚めてしまいました。

分解されたい青年の六の登場は衝撃的。第7Ωで登場するので是非読んでみてください。

ハルの電子工作の先輩、うに先輩

NewImage
画像は「NASAハッカソンの子供向けワークショップで体験したこと #‎spaceappstokyo #‎SpaceApps」より

うに先輩は、小学生なのにハルより電子工作の知識が多いので先輩と呼ばれている。二人の会話は電子工作訳わからん私からすると意味不明ですが、なんとなく読んでみると、ほんのすこ〜し電子工作が面白そうですw
「改造グセがある小学生」という、どう考えてもおかしい特性をもつ割には、その冷静な対応などから、普通の人に見えてきます。

六君が登場する第7Ωでは、自らの命に危険を感じつつつも、異常なハルと六君に冷静にツッコミをいれています。

ハルの地元関係の登場人物

この物語は、ハル、六君、うに先輩が、いろんな人のところで、電子工作の布教活動を行うみたいな感じです。最新Ωでは、海水浴にいってました。
そんなハルが育った地元の人物紹介もさくっと。

ハルのご両親

ハルのお母さんは、お父さんと出会った時に前歯がなかったそうです。そしてその理由をきいて、何故か惚れてしまったお父さん。
ハルの分解、発明になんだかんだ困らされており、ハルが「久しぶりに団欒でも」なんて言っても、疑ってかかられてしまいます。

ご近所のお姉さん

11Ωのつぶやき猫に出てくる高砂さん。電子工作の不況活動をする二人にちょっと助けられたりします。

野球親父とその家族

12Ωで、出てくる八広一家。お父さんのTシャツがその野球好きさを物語ります。

ハルを電子工作へと誘った男、そして現在の六の先生

河原崎数一は、高校時代ハルを電子工作の世界に連れ込み、さらには現在は六君の先生をしています。
8Ωでも出てきます。なかなかくせのある親父です。

ハルの学校関連の登場人物

ハルは一応大学生。友達を探すために飲み会に出たりもするみたいです。

小松さんと佃君

小松さんは、ハルとぼっち同士で仲良くなった女の子。メガネとそばかすがポイント。ハルのストレートな性格に翻弄されながらも、少しづつ仲良くなってきます。そして、小松さんが密かに思いをよせるのが佃君。メガネの普通の青年。小松さんに電子工作の面白さをしってもらおうとするも、佃君の思わぬ個性に歯がゆい思いが続きます。詳しくは10Ω参照。

だいたいこの辺のキャラを抑えときゃハルロックは楽しく読めそうです。

基本的にはギャグ漫画なので、知らなくても面白いのですが、前作の犬神もっこすを考えると、まあまあキャラクターの個性がストーリーに絡んでくるので、知っといて損はないと思います。

西餅氏の前作「犬神もっこす」

ハルロックは、メーカー界隈からも注目されている漫画

話題の電子工作マンガ「ハルロック」作者に聞く――「女子とメカの組み合わせに萌え」
ITproという日経コンピュータが運営するメディアにて作者さんのインタビューが乗ってます。

最近では、KICKSTARTERを初めとしたクラウドファウンディングや、安価な3Dプリンタなどの出現により、「ものづくり」の敷居がどんどん低くなっています。
そしてみんなスマホを持っているこの時代です。電子工作で、なんかすごい発明が、ハルロックを読んだ少年、少女から生まれる日も近いかもしれません。

この作者サンは目の付け所が鋭いですな。

ハルロック第1巻好評発売中!!!!