僕が読んでいるおすすめの趣味ブログをご紹介します。

ネット系のニュースブログなども良く読みますが、ほっこり続けておられる趣味ブログも、読んでいて癒されますし、ためになります。こんな暮らししたいな〜と思いながら読むのもいいものです。一つ一つがオリジナリティに溢れているので、なんども読み返したくなる記事も多数。そんなブログを紹介します。

NewImage
garage-1 / mnemonic

スポンサードリンク



自作アンプ制作、カメラなどについてのブログ

Casa Mille 標高1000mの暮らしから

雪山に住んでおられる方で、自作アンプの記事を漁ってたらたどり着きました。読みだしたのは最近。

6N6P全段差動PPアンプを平衡化・・・出来ました

冬、雪が積もると、することが少なくなるので、アンプを作って音楽を聞いておられるようです。なんて優雅な暮らしだ。ブログのデザインもとても素敵で、お気に入りのカメラで撮られた写真がいい感じです。更新頻度は少なめですが、時間があれば過去記事もよんでます。

ちょっと変わったカメラの機材屋さんのブログ

使える機材 Blog!

永江一石さんが紹介されていて、その時からファンになっているカメラ機材屋さん。カメラにそんなお金がかけれる訳じゃないので、お世話になったコトはないのですが、ブログを愛読中。

【GoProプロ的活用法】iClip!が大活躍かも!

GoProを買われて、普通なら「こんな動画とったぜ!!」がメインになる所ですが、「こういう機材でマウントしました!」っていうアプローチを取られます。もちろん動画も紹介されてます。

【3630万画素+ライカ・ハッセル・ニッコールレンズ、50mmレンズ撮り比べ!(比較用フルデータDL有)】晩秋の紅葉をD800Eで撮って比べる。

にわかカメラ小僧の僕は、「ライカ」と言われてもただ高いことしか知らなかったのですが、このブログのお陰で少しづつ勉強出来ています。メインに使っておられるカメラはD800E。それにマウントを改造したライカレンズをつけてパシャパシャされています。カメラ、レンズ以外の機材のことも詳しくなれるブログです。品揃えもマニアックなのかな?その辺は僕にはわかりません。。

irukaという自転車の開発をされている方のブログ

日本の自転車は、ママチャリが進化しすぎてスポーツバイクは瀕死状態。その為、日本の政治的な自転車へのアプローチは先進国中でも底辺レベル。まあ電車の発達がすごいから、ママチャリが便利なのもわかりますが。「そんな日本に新しい自転車を!」と開発されている方のブログです。

irukaの絵日記 折りたたみ自転車ブランド”iruka”を起業した小林正樹のブログ。創業の記録と旅先や日々の写真。

いっつも冒頭にはられる写真が、「世界ふらふらしたいな〜」と思わしてくれる、いい写真ばかりです。

サイクルモードデビュー

いつから読んでるかわからないですが、2013のサイクルモードにてちょっと見えてきてワクワクします。行政っぽいことにもぐいぐい動かれており、東京新都知事への自転車政策のアプローチもしておられるみたいです。チャーハンについて語り出したりするのでびっくりします。更新頻度は低めですが、内容が濃いので見逃さないようにしています。

新都知事とつくろう、TOKYO自転車シティ

良ければ署名しちゃって下さい!

僕みたいなにわかマカーがリンクはると怒られそうなブログ

MacでPS3のプレイ動画をキャプチャするのに、どうすればいいのかな〜とググってて行き着いて、それからずっと読んでます。結果お金がかかると言うことで、PS4で敷居が下がるのでその時まで待つことにしました。

Sunday Gamerのブログ

古参マカーさんで、すこぶる詳しいです。自作PCのことや、Macの事。ほんで僕が最近のオーディオブームに嫌気がさして、自作してやろうとおもって、Casamilleさんとかに行き着いた時、丁度同じタイミングで自作オーディオの記事を上げられたりと、勝手にびっくりしてます。自作オーディオはだいぶ前からされてるようですが。こんな親父になりたいな〜というかなるんじゃないかな〜と思いながら読んでいます。これからも勉強させてもらいます!

まとめ

僕はこういう読んでいて、その人がどんな人なのか染み出してくるようなブログが好きです。なので僕もそんなブログをかけたらな〜と思っております。まだまだ人生経験がたらなさそうです。僕の一番の趣味のアクアリウムのブログがないのは、水槽が安定すると書くことがないからです。

おすすめ書籍

「これだけやれば!」という事で、僕には出来そうにありませんでした。

多趣味のごちゃごちゃブログを始めて約半年の僕のブログアクセス解析

今年もよろしくお願いします。ざ・喪中なのでめでたくはない年明けです。新年早々昨年を振り返りたいと思います。僕がブログを始めたのが7月後半です。最初の記事を読み返すと恥ずかしいです。約5ヶ月で64記事書いてますので、月12記事ぐらいです。週3記事ぐらい。一時期は毎日かくぞ!!と意気込んでましたが、その重圧のせいでしょうもない記事を量産してもいけないので、このままのペースで記事の質を高めていくのが今年の目標とします。「カテゴリは絞る」という王道からはぐいぐい外れている当ブログが今後どうなっていけば良いのか可能な限り冷静に判断して行きます。

一番最初の記事
ヨドバシさんのRICOH GRのフォトレビューが面白い

スポンサードリンク



7月からの微増していく軌跡と多カテゴリブログとしての方向性

他のブロガーさんは「3ヶ月で◯万PV」とおっしゃってますが、人は人で僕は僕です。地道に頑張って参ります。

スクリーンショット 2014 01 02 14 44 28

丁度12月の後半に累計で1万PVを超えている模様です。PVはあまり意識していないですが、一人当たりPVは気になる所です。
、一人当たりPVが多く滞在時間が長いサイトの方がGoogleの評価が高いらしいです。ここでこのブログの問題点とぶち当たります。多趣味で調べるのが好きな僕が、調べたことを記事にしていると、一貫性がない多カテゴリブログになります。現在でもカテゴリ16個!!どうしても”広く浅く”では、一人当たりPVを上げるのは難しいです。そこを、ブログのカスタマイズでなんとかしていきたいと思っております。まだ全然触れていませんが。そして+αで豚臭い感じも出せたらなと思っております。

スクリーンショット 2014 01 02 15 08 56

2013年は一人当たりPVが1.53。平均滞在時間が1:02。PVがコールオブデューティのキルレと一緒なのが気になる所ですが。少しづつじわじわ平均が上がっていくと嬉しいなと思います。それぞれのカテゴリの記事をためて、整理して、見やすくして行きます。

参考記事:アドセンスのスマホ対応で収益が205.8%UPした要因と3つの対策

検索からの流入が多いと安心感がある今日このごろ

スクリーンショット 2014 01 02 14 58 30

検索からの流入が多いということは、Google的には「価値ある」と言ってくれてる気がします。急に機嫌が悪くなると大変困りますが。
一番上の年間のアクセス数の波を見てると2つ波があります。一つは「NikonDF」の波。僕がまあまあ早く記事にしたのと、「Nikon」と「Df」の間にスペースがあるかないかで、検索結果が違っていた超最初の方に、僕の記事が検索2位となっておりまあまあ流入がありました。僕はスペース抜きでした。ただの間違い。この混乱に乗じた騒ぎでは対しいて伸びず、時が経てばアクセスは元に戻って行きました。そして次は、「楽天でんわ」の波。これは今月なので下の写真の12月の頭らへんの挙動がそれです。まとめサービスにまとめられてそこからの流入。ぐいぐい伸びました。自己最多訪問者数も更新。その後、まとめからの流入は今でもありますが、何故か検索からのアクセスが増えて、「思い当たるフシが無いのにアクセス好調!」という嬉しい状況が続いております。検索から来てくれて、読んでくれている。年末年始はだいたい1日100人前後で落ち着いてます。趣味ブログなので、みんな正月暇なので読んで頂けてるのかもしれませんね。

スクリーンショット 2014 01 02 14 39 04

今年もじっくり書いていくのでよろしくお願いします

そんなこんなでいろんなカテゴリの事を記事にしていきますが、もし面白かったらまたよんでやって下さい。
Feedlyで購読とかしてくれると助かります。

follow us in feedly

コチラはFeedlyの設定方法を書いたFeedlyの記事です。

[おまけ]2013年1番頑張って勉強した本

鬼初心者の僕でも、こつこつやってほんの〜りWordPressの面白みが分かってきました。次はもっとかりかりコード書くような参考書をゲットしてカキカキします。書籍版持ってたらKindle版安くなるシステムないのかな?

ソーシャル運用の必需品だと思われるサービス。今回はbufferの登録方法とsnsの追加方法

前回の記事で、ざっくり使い方を説明したbuffer。ちょっと使ってみたい方が多数おられる事を願ってw続編を書きます。英語なので少しわかりづらいですが、へなへなぽんに簡単な登録方法を今回は書いていきます。

前回の記事:ブロガー必須サービス?!fladdict さんもおすすめ!ソーシャルへの投稿を制御してくれるWebサービスbuffer。

スポンサードリンク



twitter連携すれば簡単、bufferの登録方法

登録自体は至って簡単です。ブラウザで、twitterにログインしている状態でぽちっとやればできます。やってみましょう。

手順

  1. bufferにアクセス
  2. twitterでログイン認証

早速登録してみましょう!

まずはbufferにアクセスしましょう。

https://bufferapp.com/

こんな画面が出てくるはずです。なにやら楽しそうですなw
「ソーシャルメディアにシェアするもっといい方法あるよ」って書かれてます。

スクリーンショット 2013 12 17 19 13 56 2

ちょっと下にスクロールします。
twitter,Facebook,LinkedinとE-mailと4種類のログイン方法があります。今回はtwitterで登録しましょう!
Sign in with twitterをクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 14 01 2

よく見る画面だと思いますが、こちらにtwitterアカウントとパスワードを入力。ログイン状態だと勝手に入力されるはずです。

スクリーンショット 2013 12 17 19 16 41 3

僕の場合、もうすでにbufferアカウント持っていたので、突っ込まれました。
「あんたすでにbufferアカ持ってるよね?新しく作るの?追加するの?」って感じです。新規の方には出ないとは思いますが一応載せときます。create new account「新しくアカウントを作る」を選択して下さい。

スクリーンショット 2013 12 17 19 16 56

新しくサインインすると、いの一番にブラウザ拡張追加しちゃいなよ?と言われます。サクッとインストールしたい方は、緑のボタンの「install in seconds」(秒速でインストール)をクリック。あとでいいやというめんどくさがりのあなたはその下の、緑の文字で書かれた「skip this step」(あとでいいや)をクリック。僕はもう入ってるので飛ばしました。

スクリーンショット 2013 12 17 19 17 23 2

まだなんか言ってきます。「プロフィールを完成させるためには、私達と常に連絡が取れるようにあなたの一番のe-mailアドレスを入力してくだせい」と言ってます。結構頻繁にe-mailは来ますが、実際bufferのダッシュボードに行って作業するのはそんなに多くないので、e-mailだけである程度状態が分かります。投稿待ちがなくなれば、「からですよ!兄さん!」とメールくれます。

スクリーンショット 2013 12 17 19 17 33

完成です。ぽちぽちと適当にクリックしてても登録できるので、わざわざこの記事見なくてもいいかもですねw この画面がbufferのダッシュボードです。現在はログイン時に使ったtwitterのみ連携している状態です。次は、他のsnsへの投稿も制御できるようにして行きましょう。

スクリーンショット 2013 12 17 19 19 56 2

bufferで制御するSNSを追加する方法

twitterだけにガンガン記事を上げていってもいいのですが、FBページや、Google+ページなどもあげれるようにしておかないと利便性半減です。追加しときましょう!!

Google+ページをリンク

Google+ページをリンクさせましょう。他のSNSも同様の方法で行けます。Google+は、個人のプロフィールにはまだ対応していないようです。SNSのアカウントリストがあると思うので、そこの一番上の+ボタンをクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 19 56 5

こんだけのサービスはすぐに連携出来ます。app.netってなんですか?w 上には、有料版にすると12のsnsが連携できるよ!と書いてあります。有料版は10ドル/月。ちょっと高いなぁ。右の方の、赤いところ[connect a page]をクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 03 3

Googleからこのアプリこんな情報ほしがってるよ?と言われます。承認するをクリック。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 31

あなたが運用しているGoogle+ページの一覧が出てきます。僕の場合はこのブログのGoogle+ページが出てきます。これで連携させたいページをクリック。ういうい。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 45 2

右上にGoogle+ページのアイコンが出てきました。2となっているのは僕の本来のバファーアカウントで投稿予約しているぶんが、ここからも見れます。なぜでしょう?2つアカウント持つとややこしそうですので注意。。

スクリーンショット 2013 12 17 19 20 50

bufferとsnsの連携を解除する方法

至って簡単で、一番右のタブのsettingsのプルダウンバーから、Removeを選択。再度、ポップアップで確認が出てきますので、赤い方のボタンをクリック。サブ垢で試しに解除したサービスが本アカのほうも解除されてた。。アカウント2個持ちは厳しそうです。。

スクリーンショット 2013 12 17 20 17 06 2

bufferの登録方法のまとめ

webサービスの第一関門の登録。面倒臭ければ面倒くさいほど、ユーザーは増えないでしょう。それがこいつは簡単です。わざわざ記事にする必要があったのかどうかさえわからないレベルで連携できてしまいます。bufferの記事をまたあげます。buffer推しまくってる意味は特にありません。ヨドバシカメラの福袋欲しい。。

ブロガー必須サービス?!fladdict さんもおすすめ!ソーシャルへの投稿を制御してくれるWebサービスbuffer。

すでに知ってる方も多いと思いますが、bufferを改めて紹介。SNSへの投稿を制御するwebサービスです。bufferはさまざまなアプリとも連携しているので、使い勝手は最高ですが、日本語対応してないという難点が。。しかし簡単な時間指定投稿などは、英語が分からなくても出来るようになってますので使い方を紹介していきます。去年の話ですが、アルファブロガーのfladdictさんがおすすめされていて、その時からちょいちょい使っていました。そしてブログを始めてからはフル活用しています。fladdictさんがブログ書くと、bufferの中の人からお礼コメントが付くとは。恐るべき影響力w

参考リンク

ソーシャルネットワークへの投稿をスケジューリングするBuffer、β段階から好調のBuffer for Businessを正式リリース

仕事でtwitter使う人には、Bufferというサービスは必須かもしれない fladdictさん

スポンサードリンク



bufferのサービスはいったいどういうものなのか

NewImage

最近スタートしたビジネスプランは有料で、複数人での管理、分析機能の強化などがされているらしいのですが、基本的な機能は無料で使うことができます。大きな特徴としては、SNSへの投稿を制御する機能と、投稿のリツイート数、リンクのクリック数などを分析する機能を持っています。これはtwitterだけ、これはGoogle+だけなど、どのSNSへ投稿するかの制御なども簡単にできます。そしてその投稿が何度リツイートされたか、何人にお気に入り登録されたかなどを管理することもできます。一つ一つ説明して行きます。

いつ、どのSNSへ投稿するか決める制御する

とりあえずいかに簡単に制御できるか、その方法をお見せします。こういう時にサクッと動画とれればいいんだけどな〜。

スクリーンショット 2013 12 13 19 15 07 3

PCのブラウザから投稿する場合、Chromeなら拡張機能でbufferボタン(chromeウェブストアへのリンク)が用意されていますのでこれをクリック。こういうアプリや各種ツールの充実具合も、おすすめポイントです。

スクリーンショット 2013 12 13 19 15 51 36

スクショに書き込みすぎた感がありますが、こんだけの機能をこのシンプルなページに、わかりやすく配置されている所が、bufferのおすすめポイントだったりもします。一個づづ解説して行きましょう!

ワンクリックで投稿先を指定

僕の場合、Twitterの飛べない豚FaceBookページの飛べない豚Google+の飛べない豚と可愛い3匹の大豚が並んでおります。アイコン揃えるとなかなか気持ち悪い可愛いですが、これをポチポチすると、投稿するかしないかがオン・オフで切り替えられます。僕の場合はまずTwitter,Facebook,Google+と、記事を書いてすぐに投稿します。そしてなんとかフォローしてくれる人がいるTwitterはその日の夜と、次の朝に投稿するようにしてます。寝る前と通勤タイム狙いですね。

レビュー、記事名、リンク短縮、一言コメントなど

記事名とサイト名は自動で抽出してくれます。そして、それだけだとそっけないので一言コメントもつけてます。リンク短縮は、僕はbuff.lyという風に、bufferの短縮機能を使っていますが、設定からbitなどの定番短縮サービスも使えます。詳しい設定はまた今度にしましょう。。そして、Google+やFacebookページでリンクを共有すると、リンク先のプレビュー写真がみれるようになっていると思いますが、それのプレビューもあります。プレビューのプレビューです。はい。。twitterの文字数制限などもしっかり確認できますよ。

bufferの目玉、スケジューリング機能

WordPressのプラグイン等でもあると思いますが、この投稿を何時にするかというのが、時計マークの所から選択できます。Bufferボタンを押せば、設定しておいた時間に自動で投稿してくれる機能もありますが、僕があまり使いこなせてないので、使いこなしてからまた解説したいと思います。この使い方だけでも便利じゃないですか?

右下からbufferの管理画面へ

スクリーンショット 2013 12 13 18 49 22 2

こんな管理画面へ行けます。真ん中にタブがあり、Buffer,Analytics,schedule,settingと選べます。Bufferには投稿待ちの投稿がスタンバイしています。

bufferについてのまとめ

今回は、Chromeの拡張からの投稿方法を書きました。便利だぜ!と言いたいだけです。はい。ほんとに良いサービスだと思います。ボランティアで日本語化したいレベル。いろいろ記事書くために調べてたら、Wordpress用のプラグインもあり、これだと自動更新してくれるみたいです。僕は、”一手間省いてくれるサービス”が好きなんですが、bufferは、シェアするという最近になって必要になってきた”手間”を省く素晴らしいサービスだと思います。また詳しい使い方も上げていこうと思います。

スマホをどう活用してますか?ニュース読みまくりの僕の情報整理術 Feedly,Pocket,Evernoteを使う。

昨日の記事がNaverまとめにまとめられて、すごいアクセスがあり焦っています。まあ長続きしないと思いますが。。Naverすごいなー。僕はあまり使わないのですが。本題は、昨日みたいな新鮮でブログに使えそうなネタを拾う際に、僕がどうやって情報収集しているかを整理します。有名なブロガーさんとかも紹介されてると思いますが、十人十色ということで参考になれば。

スポンサードリンク



情報を求める理由を明確に

これがないと意味がありません。とりあえずスマホやし。。というので始めても間違いなく続きません。どうして情報がいるのかを整理して目的をはっきりさせましょう。僕の場合は以下。

  1. Webデザインの勉強
  2. 趣味の情報収集
  3. ブログのネタ探し

Webデザインの勉強

これについては、その業界で就職する訳でもなく現在独学でほそぼそと勉強しているので、誰かが「これとこれをやるべき」と教えてくれる訳ではないので、いろいろな情報を取捨選択して必要なものを実践してみるといった感じです。

趣味の情報収集

趣味ブログを追っかけてます。他にはアクアリウムショップの入荷情報なども追っかけてます。カメラのブログとかは面白いのがたくさんありますね。アクアリウムブログでは面白いのがないのは、安定してしまうと何もすることがないからでしょう。。このへんは息抜きですね。

ブログのネタ探し

上記2つもネタにするのですが、ネタ探しようにNewsサイト的なものも追っかけてます。カメラの新商品とか、新しいのはとりあえず更新するのではなく、「これは欲しい!!」と思うものは調べて記事にするようにしてます。

実際に収集している方法

これらの情報が常に欲しいわけです。次に肝心の方法を紹介します。使うアプリは大きく3つに分けます。

  1. 情報収集用アプリ
  2. 一時情報ストックアプリ
  3. 永久保存版アプリ

この3つに分けてます。2と3は混ぜると貯まるばかりで整理しにくくなってしまいますので分けてます。人によっては一緒でもいいかもしれません。

1.情報収集用のアプリ

僕は4つ使っています。しかし4つを毎日チェックしている訳ではなく優先順位をつけています。上から重要な順に。

  1. Feedly
  2. Twitter
  3. Gunosy
  4. Smartnews

Feedly

NewImage

GoogleReaderがサービス終了した後にこちらに乗り換えました。RSSリーダーです。上の目的の3つほとんどはこれで済ませています。Feedlyのいい所はとりこぼしがない所です。未読のものは残り続けるので、見逃さずに情報が追うことができます。しかしたくさん登録し続けていると、一日にチェックできるキャパを超えてしまいます。なので登録サイトは日々厳選しながら、これいらないなーと思ったサイトは登録解除します。解除したりが簡単なのもFeedlyのいい所です。今度また設定を詳しく書こうかと思っております。

Feedly

Twitter

NewImage

こちらはFeedlyとは真逆でどんどん流れていきます。こいつの使い方は、ニュースをたくさんつぶやいてくれる人をフォローしたり、興味深いネタをつぶやいてくれる人をフォローします。その中で面白いブログや、ニュースサイトを発見したらFeedlyに登録します。言うなればFeedlyの新鮮さを保つ為です。まあTwitterは他にもいろいろと用途はありますが。。

Twitter

Gunosy,SmartNews

NewImage

NewImage

最近はやりのキュレーションサービスたちですが、取りこぼしたくない情報もある僕的にはサブの位置づけです。この2つもほとんどtwitterと使い方は一緒で、Feedlyの鮮度を保つ為。あと僕のGunosyはPhotoshopのチュートリアルとかをよく拾ってくるのでこれも読んでます。Gunosyは人気ブログもよく拾ってくるので、自分のブログの参考がてら読みます。GunosyとSmartNewsについては2日に1回ぐらいチェックしてます。3段目となると、Gunosyで送られてくるブログの3/4ぐらい読んだことある状態になることもw Gunosyのデメリットとしては、配信が遅いことですね。一日遅れとかが多いのでネタにしたい時は鮮度が大事なので。といいつつもあまりnews記事は書かないのですがw

Gunosy

SmartNews

一時情報ストックアプリ

NewImage

Pocket

一時はInstapaperを愛用していたのですが、現在はPocketです。Instapaperは何故か文字化けが多かったので。とりあえず気になった記事や、後で読む記事、webデザインの教材になりそうな記事などひたすら突っ込みます。Androidから共有で保存がし易いので、ガンガン保存していってます。そして時間があるときにPCでじっくり読んだり、勉強記事に目を通したり。ブログの参考になるサイトをたくさん貯めておき、あとでまとめて記事にするときにも役立ってくれます。このうち、これはず〜っと残しておきたいものについては、下に行きます。

永久保存版アプリ

NewImage

evernote

有名なやつです。これはPocketからと、GunosyのアプリがPocketに対応していないので、Androidで見ている時はこちらにメールで転送してます。検索機能が優れているのでこちらにガンガンつっこんでもいいんですが、整理したくなってしまって気になるのでPocketをかましています。Docomoで1年間プレミアム無料ですので、今プレミアムメンバーなのですが余り活かせてません。。

3段階式情報収集まとめ

僕は今この形で安定しています。Feedly→Pocket→Evernote。こんな便利なサービス作ってくれて感謝感謝です。ちなみにこれから情報収集したい人は、とりあえずGunosy,SmartNewsあたりを入手して、その中で面白かったものをFeedlyに登録するというのがいいと思います。まああんまり古い情報を残しておくメリットはないので、毎日キュレーションサービスを読み流すだけでも十分だと思われますが。

とりあえずこんな僕をフォローしてみてくださいw

follow us in feedly

プロの業を学びたい方はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、プロの本を読みましょう!