週刊BCスピリッツ新連載6連弾!まとめ2013

スピリッツの連続新連載が終わったのでまとめます。

spirit43

週刊誌を隅々まで読むとなかなか面白いですね。6個も新連載始まって勢いづいてます。サスペンス系多くて疲れてしまいそうです。。

ちなみにコンビニ店長情報ですが、43号は、8月に表紙とポスター付属した山岸舞彩が大反響だったらしく、いつもより割増で納品されてきました。いつも2部なのに今回は3部。わずかですが、日本全体でみれば大幅アップなはずです。面白い漫画がいっぱい始まっているのに、結局はグラビアかいと突っ込みたくなりますw山岸さんは綺麗ですが、右目と左目の形が違いすぎて気になりますw年末に写真集出るみたいです。

せきやてつじ 『火線上のハテルマ』

僕のブログでも紹介しています。ハテルマがしっかり話に絡んできて面白くなって来ました。国籍、民族不問の傭兵集団の一員みたいですね。さっそく現地の事件に巻き込まれている梶。スピーディな展開と、アクションの描写がいいですね。何も考えずにバババっと読めちゃいます。No.43号ではおやすみで、No.44からまた始まるそうです。

間瀬元朗 『デモクラティア』

こちらも紹介しています。デモクラティア参加者の意志により舞と名付けられたヒトガタロボットが、瀬野とうい派遣でキモオタの青年と出会いデートまで発展します。それまでの過程でいくつかの単一案が多数決により選択され、その単一案を出した人の中で、葛藤が起こります。

ヒデ丸というIDの男性は、舞が瀬野に迫られた時に、「お前キモいよ」という発言が単一案にも関わらず選択されます。現実社会において、部下との人間関係に問題が起きているヒデ丸は、デモクラティアの中で舞を通して出会う人と、自らの現実での出来事の間で、似たような感覚を味わいます。現実社会では決して口には出来ないであろう「お前きもいよ」という発言が、デモクラティアでは通ってしまう。これが事件に発展するのか否か。

参加者はPCの画面を通して、舞というニンゲンになり、その中で多数決をして行きます。舞が経験する事、参加者が現実社会で経験する事、そしてそれを漫画で読む僕。すごく考えさせられる漫画です。こいうの大好きです。ドラマとかになりやすそうな題材ですが、ならずにほそぼそとしっかり続いて欲しいですw

 ゆうきまさみ 『白暮のクロニクル』

こちらは紹介していません。これもなかなか面白いので話がまとまってきたらレビューしようかと思います。

この人のレビューが面白い。白暮のクロニクル | これは伝奇ロマン? 分析がすごすぎて、ファンになりました。かなり深く掘り下げてかなりネタバレなので注意。でも面白いですよ。

白瀬透 『ピカロ』

こちらは紹介しました。現在第4話。1984年の大阪に来た安住は、謎のテープを届けに京都、百万遍へ。不自然に強調されている百万遍コピーセンターは伏線なのか、絵が雑なだけなのか。。京ちゃんと呼ばれるオープンカーにのるイケメンが登場。キャバ嬢っぽい女性の舌が、安住をこっちの世界に連れてきた半分妖怪の女性に見えます。。全く全貌が見えないこの物語どうなっていくんでしょうか。

長尾謙一郎 『クリームソーダシティ』

ワケワカメすぎて紹介してませんwセンパイ握りこまれてるし。新連載って言うてるので、短編ではないと思うのですが。ちょっと頭おかしい2人組が、政治テロを起こして気づくとクリームソーダシティという楽園に来てしまっているという物語。こっから面白くなるのかな?

武富健治 『ルームメイト』

こちらもサスペンス系です。多重人格の女性をめぐる事件。絵が怖いのでさらっとしか読んでないです。あとサスペンス系多すぎて訳わからなくなって来ました。。

山岸効果+新連載6連弾で面白くなっていいってほしいですね。ギャル男と宇宙人の漫画は今号で終わりです。アマゾンでも人気となっています。