火線上のハテルマ せきやてつじ作 フランス編突入 女性ジャーナリストを警護せよ!週間BCスピリッツ

新章第3回まで来ました。相変わらずのスピード感。登場人物が多いのと、カタカナの名前だとどうも覚えられませんw登場人物のまとめとあらすじを追っていきます。デモクラティアとのスピード感の差が大きすぎて困ります。ちなみにコミック第1巻12/27発売決定です!コミックでまとめて読んだ方がスピード感もあって面白いかもしれません。

今までの記事はコチラ。以下ネタバレです。

スポンサードリンク



火線上のハテルマ 登場人物の表

[table id=2 /]

下二人はフランス編での登場人物。今後も追加して行きまーす。
表はもちろん転載してもいいですが、リンクを下さい。

第12話までのあらすじ

アメリカでの事件が解決し、エンパイヤ・スクワッドに参加することになった梶。新たに世界的な女性ジャーナリスト、ナターシャの護衛という任務に参加することに。舞台はフランス・パリ。初めてのフランスを満喫する余裕もなく、梶は初任務なのに、ナターシャに気に入られ、メイン護衛として指名される!

人身売買の闇を暴くナターシャ

ナターシャは、欧州での人身売買などを主に取材しており、たびたびその背後にいるマフィアなどから狙われていた。取材力も高いらしく、彼女を支援する声も多いが、敵も多い。今回新たに脅迫が届き、エンパイア・スクワッドに護衛の依頼がきた。「護衛なんて頼んだ覚えはない」と強気な女性で、勤勉で誠実だという日本人を自分の一番近くにおいて欲しいと梶を抜擢。リーダーのモーガンも付きそうという形で、今回のミッションをすすめることに。

初の護衛任務で早速敵襲!

実際に人身売買され、売春させられているという女性の取材が行われることになり、カフェへと向かう一行。しかし、この取引を仕込んだコーディネーター「ジャン」にも敵の魔の手は伸びており、はめられてしまう。、カフェのギャルソン(給仕の意味)が銃を取り出し、ナターシャに銃口を向ける。モーガンとレオノフによりその場はうまく逃れられたが、梶はただ見ているだけだった。梶に対し、日本に帰ったほうがいいんじゃないか?と迫るモーガン。しかし「この人を護る」と強く再認識し、梶は今後の任務に当たる。「なぜ梶をチームに入れたのか?」そうロイに聞かれたハテルマは、「あいつには才能がある。正しい素質と言ってもいい」と答える。

第12話までのレビュー

銃を構えた3人の敵を、一瞬で倒してしまうレオノフや、ギャルソンを一瞬でのしてしまうモーガン。そして前の戦いでも、スニーキングの達人という役割のくせに、敵をごりごり倒すハテルマなどなど、かなり最強のメンバーですね。その中で銃の構え方も教科書どおりしかできなかった梶。ハテルマが言う梶の持つ正しい素質がどういうものなのか。おそらくは、誠実さだと思います。梶が日本を追われる原因となった事件でも、梶は犯人を殺すことが出来なかったんですが、日本という平和で厳しい法律がある国では、あの場面で殺すと言うことができなかったのは、彼の誠実さ故だとハテルマは思ったのかもしれません。そして、見ず知らずの子どもの為に命を張った、アメリカでの事件もあります。ナターシャもその誠実さに惹かれて彼をそばに置いて欲しいといったのかもしれません。

何かしら特技がないと、その一員にはなれないエンパイア・スクワッド。梶がどんな役回りになっていくのか、楽しみです。

バンビーノ全巻セットAmazonポイント5%つくんですね。

あと1ヶ月で発売。どこまで収録されるんでしょうか。

画像:コミックナタリー せきやてつじ新連載がスピで、「かもめ☆チャンス」は完結より