NikonDf Nikon静止画の撮影に特化したカメラを発表。初心者目線で分析します

発表来てるー!!

個人的に、ローン組んでも買いたいカメラがNikonから正式に発表されました。価格は30万弱かなと。。ぐはっきついw
NewImage

Nikon Dfその特徴は

流失していた噂通りのカメラになりそうです。写真を撮るためだけに作られたカメラ。いかにも頑固な技術屋のNikonらしいカメラなのかなと、初心者の私も思いますがどうなんでしょうか。Nikonのホームページからスペックを頑張って読み解いていきますw
スポンサードリンク



fの意味

NewImage

Nikonのデジタル一眼シリーズのD。そしていつもなら数字が続くはずのニコン製品群、その中でも異例のf。このカメラの特異な位置づけを名前だけでも感じます。そして’f’は「fusion」の’f’で、「融合」とういう意味。NikonのフラッグシップモデルD4の画質と、カメラ本来の精密機械の感触をもったコンパクトなボディとの「融合」だそうです。イメージセンサーはD4のものを贅沢に積みつつ、その他の機能を削りコンパクトに抑えました。FXフォーマットのフルサイズ。

アナログなダイアルによる操作

NewImage

絞り、シャッタースピード、ISO感度というのは、一枚の写真を撮るときにとても大事な要素です。僕も一眼レフカメラを購入してからは、できるだけマニュアルモードで撮影し、その3つをいじりながら、撮っては失敗してを繰り返してました。それをNikonDfではすべて上面のダイヤルにて操作できるようになります。撮影中にも、電源が入ってない状態でも、上面のダイヤルにより直接視認して、今の設定を確認できます。またデジタルが故の高度な設定も背面液晶でスムーズに行えるようように隅々まで設計されているそうです。操作性という点でも、直感的なアナログと高度なデジタルを融合しているそうです。

静音シャッターなど基本性能も高機能に

NewImage

マグネシウム合金採用で、D800シリーズと同等の防塵・防滴性能も装備。写真とるのはほとんど屋外なので、この辺基本性能は助かります。起動も0.14秒と大変早くなってます。他のカメラとの差はいまいちわかりませんが、もはや体感できない速さですよね。静音シャッターも付いております。大きな音を立てたくない場面は、僕みたいな初心者には多いので助かります。あまりこっち見ないで欲しいのでw その他の基本性能もしっかりついててピクチャーエフェクトなどもいろいろ備えております。しかし、GPS、Wifiなどはオプションでの対応。無駄な機能は省いてます。とってその場でSNSとかは然視野に入ってません。連射性能は5.5枚/秒でこの辺は少しおそめ。このカメラに連射性能を期待する人はいないでしょう。。

Df欲しい

まとめると欲しいです。でも買えない。。50mmfi.8/Gとのレンズキットで269,800円となってます。
嫁に内緒で買えないだろうか。。。動画はきっと、ポップなハンディカメラを買うと思うんですね。嫁でも操作できそうなポップなやつです。写真は、スマホがあるのでほとんどそちらで撮影してるのでほっといてくれと。超高画質でこの外観。ほんでNIKKORレンズがほとんど付けれる。中古レンズ屋さんうろうろするのとかめっちゃ楽しそうですしねー。欲しい。

誰向けの製品か

僕みたいなミーハーカメラ男子は眼中に無く、銀塩カメラを愛好していた団塊世代のカメラ大好き親父がターゲットだと思います。価格も。でもD4みたくほんとのフラグシップはごついのはもう腕が持たないwそしてD600、D800はシュッとし過ぎだよ。と思われる方には向いてるのかなと。写真を趣味にするには、製品自体のデザイン、性能は十分ですし、撮影するその体験までもプレミアムにしてしまうであろうその操作系。これで山登って単焦点マイクロレンズ もって花とったり、孫、ひ孫撮ったら楽しいと思います。

ニコンが発売前に体験イベントを開催するそうです。

Nikon Df 体験イベント Nikon Digital Live 2013

行ける方はどうぞ。こんなイベントに簡単に参加できる首都圏の方が羨ましい。。店頭に並ぶのを気長に待ちたいと思います。。

詳細は、コチラのNikonのホームページへどうぞ